気弱そうな若ハゲのご主人を虐めたくて

この体験談は約 5 分で読めます。

隣に住む、気が弱そうな若ハゲのご主人のことが気になってしょうがないんです。
全然タイプじゃないんですが、ハゲで幸薄そうなご主人を見るとムラムラして虐めたくなってくるんです。

私は38歳の主婦で中学生の娘がいます。
私の夫はハゲてもないし、ふさふさでイケメンの部類だと思います。
なのに・・・。

(夫よりも隣のご主人に抱かれたい・・・。いいえ、抱きたい)

そう思ってしまうんです。
もともとサドだった私。
結婚生活も14年を迎えて夜の営みも少なくなり、ちょっと欲求不満でした。
そんな折、若ハゲで見るからに優しそうで、いつもニコニコしてて気弱そうな旦那さんを見ると、性欲の炎にガソリンを撒かれたように物凄くムラムラして寝取りたくなるんです。

(ああ、虐めたい。あの若ハゲのご主人に性的虐待をしたい・・・)

日に日にその思いが強くなっていきました。
マンションで顔を合わせた時など、わざと胸チラさせたりして挑発してみたんですけど、若ハゲのご主人は恥ずかしそうに目を逸らして顔を真っ赤にするんです。

(ああ、なんて可愛くてウブな若ハゲなの!)

その日、娘や夫達が帰って来るまで私は、モジモジと恥ずかしそうにしている若ハゲのご主人を逆レイプしているのを想像しながらオナニーに励んでしまいました。

(こうなったら絶対に犯してやる)

私は日中の夫や娘がいない時、若ハゲご主人を自宅に誘い込むことにしたんです。
ご主人は水曜日がお休みで、共働きなので旦那さん1人なのはリサーチ済みです。

(今から若ハゲご主人を犯すんだ・・・)

興奮でショーツが濡れてくるのを感じました。
私はお洒落してお隣のドアをノックしました。

「はい」

いつもの気弱そうな笑顔で出迎えてくれる若ハゲさん。

「すみません、ちょっと高い棚の物を取ってほしくて、お願いできないかしら?」

「ええ、いいですよ」

若ハゲさんはヨレヨレの白いTシャツに黄色いハーフパンツにサンダルというみすぼらしい格好で我が家にやって来ました。

まるで汚い野良犬みたいじゃない。
そんな格好をされたら無茶苦茶に犯したくなっちゃうじゃない。
それに何よ、ハゲてても寝癖はつくのね。
そのみずぼらしい頭は何?!

私がうっとりとハゲ頭を見つめていると、若ハゲさんは恥ずかしそうに、「すみません・・・こんな頭で・・・」と自分の頭を撫でているんです。

もう何よ、その仕草・・・。
可愛すぎてビンタしたくなっちゃう・・・。

「それで奥さん、どれを下ろすんですか?」

背中を向ける若ハゲさんに我慢出来ず、私は後ろから抱きついてしまいました。

「お、奥さん・・・ちょっと・・・」

「いいから!黙って!」

完全にスイッチが入ってしまった私。
つい強い口調で言うと若ハゲさんは・・・。

「はい!」

と、脊髄反射みたいにすぐに返事をしてきました。
ほんとお馬鹿な若ハゲさんなんだからー。
私は後ろから抱きつきながら若ハゲさんの股間に手を伸ばし、ズボンの中に手を入れておちんちんを握ったんです。
平均よりも若干小さめのおちんちん。

「ちょっと、あっ、奥さん・・・」

パニックになっている若ハゲさんを手コキしながら若ハゲさんの首すじを舐め回し、私の方に向かせるように激しくキスをして、床に押し倒して犯すように馬乗りになったんです。
怯えるように私を見つめる若ハゲさん。

(そうよ・・・今からいっぱい意地悪なことをしてあげるからね)

若ハゲさんを見下ろし、そして睨みつけながら自分でスカートの中に手を入れて下着を脱ぐと、若ハゲさんの頭を掴んでおまんこを擦りつけて顔面騎乗したんです。

「ほら、舐めて、しっかり舐めなさい!!」

「お、奥さん・・・や、やめてください・・・。こ、こんな事は・・・」

「なに?ここまでしてるのにやめろって言うの?女に恥をかかせる気?自分だってほら、勃起させてるじゃない!」

私は手を伸ばして勃起したペニスを掴みました。

「ほら、これは何?『やめて』って言う人がこんなに勃起させてるわけ?どういうことよ、説明しなさいよ!」

私は犯すように激しく手コキしてやりました。

「あっだっ、駄目ですぅ」

「何が駄目なの?ほらほら、どんどん硬くなるわよ」

「あっいっ、イッちゃうますぅ」

亀頭からどろりとザーメンが流れ出て私の手にこびりつきました。

あぁー、もうイッちゃったの~。
すっごい早漏なのね。
可愛い可愛い、私の若ハゲちゃん。

「あらあら射精しちゃって、これはどういうことかしら?」

「そ、それは奥さんが・・・。奥さんがしてくれから・・・」

若ハゲさんは涙目で、目を潤ませながら顔面騎乗している私を見上げてきます。

「自分だけ気持ちよくなってずるいじゃない。今度は私の番よ。ほら、しっかり舐めなさい!」

私は若ハゲさんの頭を掴んでおまんこを擦りつけてやりました。
見下ろすと若ハゲさんの少ない髪の毛に私の愛液がこびりついてキラキラ光っていました。
なんか私、それが無性におかしくて爆笑してしまったんです。

「若ハゲさんの髪の毛、光ってるわよ。凄い凄い、キラキラして綺麗よ」

もう楽しくて、夢中になって若ハゲさんの顔全体におまんこを押し付けていました。
ついはしゃぎすぎたので、若ハゲさんの胸の辺りに腰を下ろして休憩。

「奥さん、もう勘弁してください・・・」

少ない髪の毛を私の愛液でキラキラさせながら懇願してくる若ハゲさん。
ほんと可愛くって、私は自分で割れ目を開いて膣穴を見せつけてあげました。
若ハゲさんは怯えた目で私を見上げていました。
そんな若ハゲさんに私は、思いっきり顔面放尿をしてあげました。
尿道から黄色いオシッコが勢いよく出て、若ハゲさんの顔面に飛び散りました。
口に入るように腰をずらすと若ハゲさん、「ゴホゴボゴボゴ」って、私のオシッコで窒息しそうになっているんです。
私、若ハゲさんが苦しそうにしているのを見ると凄く嬉しくて、興奮しちゃうんです。

(このまま窒息死しちゃえばいいのに・・・)

私、若ハゲさんのせいで超ドSに覚醒させられたみたい。
顔面放尿で苦しそうにしている若ハゲさんのペニスを握ると、騎乗位で無理やり挿入しました。
半勃起のペニスをマンコにねじ込み、恥骨を押し付けるようにグラインドして、無理やり全勃起させて犯しました。

「もうやめて~、僕が何したっていうんだ~」

被害者面の若ハゲさんにイライラした私は、騎乗位で犯しながらおしっこまみれのご主人をビンタしてあげました。

「ほら、嬉しいって言いなさい。私とセックスできて嬉しいって」

「痛い・・・叩くのは・・・やめてくださいぃ」

「何よ、ビンタされても勃起してるじゃない。本当は虐められるのが好きなんでしょ?ハゲで変態なの?最低じゃない!」

「そんな・・・だって奥さんが・・・」

「あら、また人のせいにするの?ほんと駄目な若ハゲね!!」

私は罵倒し、激しい腰使いで若ハゲさんを犯し続けました。
私はこの日のためにピルを飲んでいました。
妊娠する心配もないので、若ハゲさんの胸に手をついて思いっきりグラインドしました。

「あっだっ、だめ、出ちゃいます・・・中に出ちゃいますぅ」

中出しに怯える若ハゲさんの顔を見つめていると、私はさらに恍惚としてきました。
そして私は若ハゲさんが、「あっああ!出るぅ、どいてくださぃ、あぁあああ!」と叫び声をあげるまで腰を振り続けたのです。

(あぁ~ん、凄い。可愛い若ハゲちゃんのザーメンがおまんこの中に入ってくるのがわかる~)

中出しされながら激しく中イキしました。
体が痙攣して思うように動けませんでした。
そんな私を、まるで化物でも見るように若ハゲさんは見て、逃げるように走って出ていきました。
その後ろ姿も小汚い捨て犬みたいで、私の心を疼かせるんです。

その日以来、若ハゲさんとマンションで会うと怯えるように目を伏せて、「どうも・・・」と小さい声で挨拶してきます。
でも私は知ってるんです。
怯えながらもしっかり勃起していることを。
若ハゲさんはまた私に虐められるのを待っているんです。
近いうちにまた自宅に連れ込み、隣りの若ハゲご主人をたっぷり虐めてあげようと思っています。

タイトルとURLをコピーしました