悪友が見せてくれた彼女とのアナルセックス動画

この体験談は約 6 分で読めます。

この前、大学のいつもの悪友たちと飲んでいたんですけど、悪友の明彦が、「面白い映像があるから」と、その後、彼のマンションに行くことになったんです。
部屋に入るとさっそく明彦はDVDを1枚持ってきたんです。

「それアダルトだろ?そんなんレンタルビデオ行けば、いっぱいあるだろ」

「ば~か、みんなよ~く目を見開いて見ろよ」

するとテレビの画面に映ったのは、見たことある女性がこの部屋でエッチしてる映像だった。

「え!お前、これ、彼女じゃないのか」

「そうだよ、俺のセックス映像だよ」

数分の間、観入ってしまった。
明彦のするどい腰の振りと、叫び声をあげている明彦の彼女。
つい2日前に会ったばかりで、なかなかの美人であるが、まさかその彼女のハメ撮りを見れるなんて・・・。
しかし複雑だった。
明彦の彼女は、大学に入学した時に俺も気に入っていた女の子だったから。
結局告白したのは明彦で、それにOKを出したのは彼女だから仕方ないけど、1年くらい明彦と行動を共にしているが、こいつはかなりの遊び人である。
大きな声では言えないが、1ヶ月前にも合コンが終わって、明彦の部屋で4Pをしたばかり。
明彦の実家は金持ちで、やはり金持ちのやることは貧乏人とは違い、何をしても豪快だ。
そして明彦は目が飛び出るようなことを言った。

「今度、みんなの彼女のエッチを見せ合おうか?」

「え~、お前バカか(笑)」

するともう1人の悪友の英明は・・・。

「あ、それいいね、面白そうじゃん」

俺は正直、かなり嫌だった。
今の彼女はすごく好きで、誰にも渡したくないと思うし、ましてやエッチを他人に見せるようなことはできない。

「見せたくない奴は無理にとは言わないけど、こそっと撮ればわからないよ」

「いや、しかし、まずいよ」

「でも今、俺の彼女のセックスシーンを見ただろ」

「それはお前が勝手に見せたんじゃないか」

結局、みんなが撮ってきたものを後日持ち寄って、鑑賞会を開こうということになった。
俺としては、彼女とのセックスは見せたくないが、明彦の彼女の巨乳は見たし、もう1人の悪友の彼女の美和ちゃんの裸はどうしても見たいと思っていた。

「わかった、明彦、すごいものを撮ってきてやるから」

1人がそう言いの残し、部屋を出ていった。
俺は最後まで色々と考えていたが、わからないように撮ればいいかと開き直り、アパートに帰った。

しかし、それにしても明彦の彼女の巨乳はすごかった。
おっぱいは大きいと以前から思っていたが、喘ぎ声も俺好みだし。
その日は、その映像を思い出しながらオナニーをしてしまった。

それから2、3日は大学で明彦の彼女と会うたびに胸に視線が行って、授業中も後ろから見てるとブラの線がはっきり見えるし、横乳もすばらしいものがあった。
だから授業中に彼女と一緒になると股間は立ちっぱなしだった。

(あんな可愛い子のエッチが見れるのなら、俺の彼女のエッチシーンを見せてやってもいいか・・・)

次第にそう思うようになっていった。
正直、明彦の彼女のエッチシーンを全部見たくて仕方なかった。

いよいよ週末に彼女を部屋に呼んで、撮影をすることにした。
当日の昼間には明彦もカメラのセッティングに来てくれて、彼女にばれないように3台の小さなカメラをセットした。
明彦からの要望として、「おっぱいとお尻を重点的に撮って欲しい」と言っていた。
どこまで出来るかは分からないが、69になれば、お尻の穴はアップで撮影できるだろう。
少し明彦に洗脳されている気もするが、どうしても悪友たちの彼女のハメ撮りが見たい一心で盗撮することにした。

夕方になり、彼女がアパートに来て夕飯の支度を始めた。
何回もエプロン姿は見ているが、何度見ても彼女のお尻の大きさや形にムラムラきて、必ず1度は後ろから抱きついて胸を揉んで、お尻を触ってと楽しむのだが、今日は違った。
ダメ元で彼女に、裸エプロンはできないか聞いてみた。

「変態~、きも~い」

呆気なく拒絶された。
仕方ないのでビールを飲みながらテレビを観ていたが、カメラが見つからないかどうか、ずっと気になった。
もし見つかったら、たぶん振られるだろう。
気の小さい俺はドキドキしながら夕飯を食べ、他愛もない話が続いた。

お互いだいぶお酒も入り、いい気分になってきた。
俺の股間は暴れっぱなしだった。
彼女も元々エッチ好きなので、スケベな顔に変わってきた。
テレビを観てる途中で抱き寄せ、激しいキス。
彼女はいつものように全身の力を抜き、俺に甘えてくるように寄りかかり、舌を口いっぱいに絡めてきて、舌と舌がねっとりと絡まりあい、興奮も高まっていく。
しかし、その日は俺はカメラを仕掛けているので、彼女の顔が映るように、体勢を変えながら、そして彼女は、それにくっついてくる感じで、俺の上に乗ってくるように抱き合い、片方の手は股間を擦り始めた。

「ずっと好きだよ、ずっと・・・」

彼女のテンションはかなり上がっていき、呼吸も乱れてきた。

「抱いて~、もっと強く抱き締めて~」

俺はいつものようにギュッと抱き締めたが、あくまでもカメラを意識してのことである。
そして彼女は俺のシャツを脱がすと下半身の方へ移動していき、ズボンを脱がして勃起したペニスが顔を出すと俺の方を見てニコッとして嬉しそうにペニスを咥えた。
まずは亀頭の部分から、そして竿の部分、さらに玉袋の方へと舌を這わせていった。
彼女のフェラチオはねっとりとしていて、ペニスを口に含んでのストロークもねっとりと舐めあげるようにする。
そういうスケベな彼女が好きなのであるが、カメラの位置からすると、ばっちりフェラチオしてる表情は映っていると思う。

カメラのセッティングは完璧だった。
彼女とベッドに移動した際にベッドの本棚のところのカメラを見ると、69の体勢になった時に、お尻の穴とおまんこがばっちり写ると思われる高さにあった。
ちょっと低いから見つかるかもと思ったが、彼女の興奮はかなり高まっているため、見つかることもないと思われた。

ベッドに横になるとそのまま69の体位になり、俺の顔の前に彼女のお尻とおまんこがばっちり見えた。
最初は濡らす意味で少し舐めたりしたが、かなり濡れていたため、その必要もそんなになかった。
それよりもおまんこに指を挿入しながら、カメラによく映るように広げたりした。
たっぷり濡れた指を今度はお尻の穴に突っ込むと、彼女は少し嫌だったみたいで、体を反らせたりして抵抗してるみたいだったが、さらに指をヌルヌルにして、何度もお尻の穴に突っ込んでみると、喘ぎ声もさらに大きくなり感じているようであった。
お尻の穴を攻めるのは初めてではないが、本格的にやるには初めてで、指がお尻の穴にヌルヌルと出たり入ったりするのを見てると意外にいやらしいもので、前立腺を刺激するように第一関節でクリクリすると、彼女の体はピクンと反応し始めた。

「ああ~、感じる~、変な感じ」

「もっとしてあげるよ」

「だめよ、あああ~、クリ、クリトリスもして~」

俺はお尻の穴と同時に、もう片方の手でクリトリスを同時に刺激した。

「いや~っ、ああっ、ああっ、イクっ、イッちゃう~っ、あああ~っ」

彼女はいつもよりも早くイッてしまった。
俺は新しいところを開発できて喜びでいっぱいだった。
そして隠してあるカメラにVサインをして、彼女が落ち着く間を与えずに、そのままバックから挿入していった。

「ああ~、か、勘弁して~、気持ちよすぎるの~」

「俺も最高だよ、もっと突くぞ、もっと・・・」

俺もそろそろ出そうになったので・・・。

「中でいい、中で?」

「だめよ、で、でも、出して、全部ちょうだい~」

「ああああ~、イクっ、出る、出る~っ」

彼女の膣の中に数日間溜めた精子を一気に放出した。
すごく満ち足りて、彼女の穴のすべてを征服した気持ちになり、この女は絶対俺のものとだと思った。
それからその日は3回もエッチして、気がつくと朝だった。
彼女は先に起きて、朝食を作ってくれた。

その夜、問題のカメラを取り出して映像を確認してみた。
正直、驚いた。
そこらへんのAVよりもいやらしいと思うような映像で、彼女のお尻の穴もばっちり映っていた。
しかし、どうしても彼女のことが好きで、悪友たちに見せたくなかった。
数日ずっと考えたが、結局見せるのはやめた。

その代わりに出会い系でやれる女を探して、その子とのエッチ映像を明彦に見せた。
結局、自分の彼女の盗撮エッチを見せたのは明彦だけだった。
悪友たちみんなで明彦の彼女のセックスシーンを見た。
すごく衝撃的な映像だった。
AVではなく、身近な友人のアナルセックスを見たのは初めてだった。
大学に入学した頃に好きになった俺としては彼女が可哀想で、半分くらいしか見ていられなかった。
でも今度、彼女にアナルセックスを要求してみようと思う。
おまんこの何倍も締りがいいと明彦は自慢気に話していたから。

タイトルとURLをコピーしました