汗フェチの変態女子大生

この体験談は約 3 分で読めます。

この前の日曜日の出来事。
俺は27歳ながら大工をやっていて、この前、家を建てたお客さんからの紹介で、とある家のリフォーム工事を受注することが出来た。
工事は簡単で、リビングに高さ1メートル程の木を貼り付ける工事だったので、月曜日一日で工事を終わらす予定で、日曜日に材料を降ろしに行った。

家には施主である40代後半のお客さん夫婦は留守で、女子大生の娘が一人いた。
材料を降ろし終わる頃にその娘がお茶を出してくれた。
一服していたら・・・。

「大工さん、私の部屋の扉の開閉がしづらいので見てもらえませんか?」

「いいですよ」

娘の部屋に入るなり、勝負パンツと見られるパンツが干してあった。
娘は焦り、「すみません」と言ってきたが、こんな光景はリフォーム現場では日常茶飯事。

「どこのお宅も下着を干してありますから気にしないで下さい」

そう言って、扉を調整していました。
調整していると娘が、「大工さんって独身ですか?」と質問してきた。
実際は既婚だが、「独身ですよ」と答えてしまった・・・。

娘「彼女とかは?」

俺「右手が彼女です」

娘「本当ですか?」

俺「本当ですよ」

娘「私、実は汗フェチで、汗かいて仕事してる人をみると興奮するんです」

俺「すでにマンコ濡れてる?」

娘は恥ずかしそうに、「はい」と答えた。

俺「俺とエッチしたい?」

娘「うん、したい」

俺「それなら脱いでオナって」

娘「え?」

俺「これから材料を降ろしてくるから、その間オナニーして待ってて」

娘「はい、いっぱい汗かいて来てね」

俺「ああ」

こんなやりとりのあと、材料を全部降ろして、掃除までして来た。
時間的に10分強。
娘の部屋に近づくと、「あんあん」という可愛い声が聞こえてくる。
その声を聞いただけで息子はギンギンに勃起してしまった。

部屋に入る。

俺「まずは駆けつけ一発、中出しで行こうか?」

娘「お願いします。安全日だからいいですよ」

この娘はまじめにオナっていた様で、前戯なしでもすんなり入ってピストン開始!!
締まり方はいい感じで俺も気持ちよくなってきたが、『男たるもの、挿入したら必ずイカすのが男の美学』と思っている俺は我慢しつつピストン。
大体10分くらいで娘が、「イキそう」と言ってきたんで、俺もラストスパートをかけて、娘がイクのとほぼ同時に発射!
当然、中に出した。

余韻に浸りながら、「今度は俺の作業場で続きをしない?」って言うと、「はい」と答えてきたので、作業場の場所を教えて帰社した。

帰社後、まずは入浴して娘を待つ。
程なく娘が到着して下着だけにして作業服を着せようとしたら、先ほど部屋にあった勝負パンツだった。
興奮しつつも作業服を着せて、現場で働く男の憧れの作業服での中出しセックスを楽しんだ。
他にも、見積もりをパソコン打ちしている時にしゃぶってもらったり、オナニーさせたりと変態行為もした。
作業場が山奥にあってよかったと思ったのは今回が初めて。

ちなみにその娘は、昨日から我が社で事務をしている。

駄文ですみません。
続きがあればまた投稿します。