試着室でバイト君と

この体験談は約 3 分で読めます。

私はその時、洋服屋の店長をしていました。

お店は月末でしめやら何やらで忙しく閉店時間を何時間も過ぎても、仕事が終わりませんでした。
やっと一区切りが付き、充実感と開放感で私は気分がハイになっていたんです。

バイト君(男22歳)が「店長、やっと終わりましたね」と言って来ました。

彼は私に日頃から好意を持っていると思われる行動を取って来ていたのですが、私はさりげなく気付かないフリをしていました。
でもその日は自分自身、ハイになっていたし、仕事も終わりホッとした気持ちが混ざり合って、(彼とエッチしちゃおうかな?)って気分になっていたんです。

バイト君が「この後、飯食いに行きましょうよ」と誘ってきたので、「じゃあ、その前に試着室きれいにしてくれる?そしたら行こう」と私は言いました。

彼は少し不満げな顔をしたものの、素直に指示に従ってくれました。
バイト君が試着室に入り、鏡を拭いている間、そっと後ろから抱きしめました。

「今日はお疲れ様ね」と彼の耳元で言いながら。

彼は完全に固まっていましたが、体の向きを変えて私を抱きしめ、キスをしてきました。

「もう、いきなりだめよ」

そう言いつつ、私は心の中で“計算通り”と思っていました。

試着室のカーテンを閉めて二人でディープキス。
自分達の姿が鏡に映るのが、妙に興奮を高めました。
二人とも息遣い荒く服を脱がせあいました。

彼は我慢しきれないように私の胸を激しく揉んできました。

それに「あんっ」とあえぐ私。

乳首が露わになると、激しく吸って来たり、彼の激しさに鏡が曇りそうでした。

彼の手が私の胸を揉みしだく様子が鏡に映るのが、本当にエロくて、普段よりヌレヌレになっていた私は、彼の固くなっているものをスリスリし出しました。
もう本当にカチカチになっていて爆発しそう。
バックで突かれている自分の姿が鏡に映っているのが、たまらなくて気持ちよさが最高潮になって、自然と腰が動いてしまいました。

彼が「すごいよ、激しいよ・・・」と呟くのが余計に燃えてしまって・・・。

もうおかしくなる程、気持ち良くて「あんっ、あんっ」といっぱいあえいでしまいました。

彼は私の腰を手で持ちながら自分の腰をグラインドさせたり、浅く挿入したり、深くガンガン突いてきたり、もう気がおかしくなりそうでした。

片手で私の胸を揉みながら、ガンガン突いてきます。
鏡で自分の顔を見ると、恍惚とした表情をしていました。
そんな自分が恥ずかしくて、更に燃えてしまいました。

次第に彼の動きが激しくなって「行くよ」と彼の声。

パンパンという音が早くなっていき、遂にフィニッシュ。
彼は試着室の床に白いものをドクドクッと出していました。

私も「あん、あんっ、あー」といっぱいあえいでしまいました。

終わった後、床を拭く前に彼のアソコを丁寧に舐めてあげました。
そして再びキス。
ホントに最高のエッチでした。

それから何年も経ちますが、洋服屋の試着室を見るとエッチな気持ちになってしまう私です。

バイト君とはその後、しばらく付き合って、激しいエッチをたくさんしました。
二人とも体の相性がピッタリでエッチに燃える日々でした。
でも試着室でしたのは、その日だけです。

お昼休みに彼のアパートで、大急ぎでエッチした事があります。
私のストッキングを下着を足首まで下ろしてスカートを捲って、挿入しました。

仕事に戻ってからも、しばらくは顔が火照ってました。