放課後の教室で巨乳の先輩にいきなりキスされて

この体験談は約 3 分で読めます。

部活が終わり、いつものように俺は着替えを済ませて帰ろうと思った。
ふと後ろから名前を呼ばれた。

「◯◯くん?」

聞き覚えのある声がして、俺は振り向いた。

「もう部活は終わったの?」

「あ、はい、終わりました」

沙希先輩だった。

沙希「そっか。私も講習が終わったとこ」

俺「沙希先輩も帰るんですか?」

沙希「そうだね?教室でもうちょっとだけ勉強してからね」

俺「そうなんですね」

沙希「◯◯くん、暇だったら教室においでよ」

俺「はい。どうせ家に帰ってもすることないですし」

沙希「たぶん誰も教室にいないと思うからさ」

俺は沙希先輩の後について、3年4組の教室に向かった。
沙希先輩は小柄だけど巨乳、顔は桐谷美玲さんに似ている。

俺「沙希先輩、俺、何してればいいですか?」

沙希「なんでもいいよ。私の横に座っててもいいよ」

その一言で思わずチンコが反応してしまった。
そして、こんな機会を逃すのは勿体無いと思い、沙希先輩の横に座ることにした。

沙希「◯◯くんってさ、彼女とかいないの?」

俺「いないですよ、どうしたんですか、突然」

沙希「なんでもないよ」

俺「沙希先輩はいるんですか?」

沙希「前はいたけどね」

俺「そうなんですね」

隣に沙希先輩がいると思うだけで緊張してしまっていた。
しばらくして沙希先輩が俺に声をかけた。

沙希「終わったよ、◯◯くん、◯◯くん、起きて」

つい俺は寝てしまっていた。

俺「すみません、寝てましたね」

沙希「◯◯くん、こっちに来て」

俺は沙希先輩の方を向いた。

沙希「◯◯くん」

名前を呼ばれると俺は沙希先輩とキスをしていた。

俺「え?沙希先輩?!」

沙希「勉強に付き合ってくれたお礼」

俺「まじですか?!」

沙希「ふふ・・・キスしただけなのに、もうそんなに大きくしちゃったの?」

俺「いや・・・これはちょっと・・・」

沙希「もしかして、私のここ(胸)が当たっちゃった?」

俺「いや・・・」

沙希「いいんだよ、◯◯くん、おっぱい触って」

さすがにそれはダメだと思った。

沙希「ほら、手を貸して」

俺「沙希先輩・・・それは・・・」

沙希「◯◯くんなら許してあげる」

俺は沙希先輩の巨乳を触ってしまった。

沙希「大きいのわかる?◯◯くんのここもだんだん大きくなってきてるよ」

俺「沙希先輩、ここだとさすがに・・・」

沙希「じゃあ公園のトイレに行こうか」

俺は沙希先輩と学校の近くにある公園のトイレに向かった。
このトイレは19時半になると鍵が閉められ、電気が消える。

沙希「ここならいっぱい好きなことしても大丈夫だよ」

俺「触ってもいいですか?」

沙希「おっぱい、触って」

沙希先輩が目の前でブラジャー姿になった。
俺の目の前には憧れの巨乳があった。

俺「大きい・・・沙希先輩の・・・触りたい」

沙希「いっぱい触っていいよ」

俺は沙希先輩の巨乳を揉んだ。

沙希「あっ・・・んん・・・」

俺「大きくて柔らかいですね」

沙希「◯◯くん、直接触って」

ブラを取ると、おっぱいがさらに大きく見えた。

俺「沙希先輩」

沙希「もっともっと触って」

俺「いっぱい触ります」

沙希「あっ・・・あん・・・気持ちいい・・・◯◯くん、乳首も触って」

俺「はい」

俺は知っている知識を思い出しながら、沙希先輩のおっぱいを触った。

沙希「◯◯くんの硬いのが当たってる」

俺は完全にフル勃起してしまい、沙希先輩のお尻に当たっていた。

沙希「舐めさせて」

俺「あっ、はい」

沙希先輩はそう言うとズボンとパンツを脱がせて、俺のチンコをフェラと手コキで気持ちよくしてくれた。

沙希「◯◯くんのおちんちん、大きすぎて口に入らないよ」

俺「沙希先輩、気持ちいい・・・」

沙希「もう私のアソコもぐちょぐちょになっちゃった・・・」

俺「でも・・・入れるのは、さすがにまずいですね?」

沙希「いいの、私のアソコに◯◯くんのおちんちんをちょうだい」

俺「はい!」

沙希先輩は俺が初めてなのを知っていて、優しく誘導してくれた。

沙希「◯◯くんのおちんちん・・・」

俺「沙希先輩・・・すごいあったかくて気持ちいいです」

沙希「動いていいんだよ?」

俺「激しくすると出ちゃいそうです」

沙希「そのままちょうだい、出しても大丈夫だから」

その日から俺と沙希先輩は付き合うことになった。
同じ大学に通いながらバイトをして同棲を始めた。
沙希先輩と付き合ってもう4年。
そろそろ就活が始まる。

タイトルとURLをコピーしました