初めてのお尻は魚肉ソーセージで慣らしてから

この体験談は約 3 分で読めます。

食事の後、彼を1DKのリビング兼寝室の床にうつ伏せに寝かせ、ベビーオイルでお尻をヌルヌルにしていく。
お尻を伝ってきたオイルで床も滑っていく。
その滑っている床に勃起を押し付け、クイクイと動かす。
硬い床に押し付けるのも気持ちいい。
浅く喘ぎだす彼。

中指を肛門に当てて、入口をマッサージするように円を描く。
クイクイと動くお尻が手元に近づいたとき、ほんの少し指先が入るが、まだ硬い肛門を指先に感じる。
徐々に肛門に指が当たるように動かしてくる。
目を瞑り快感に酔いしれるように、ハアハアと息遣いが幾度となく繰り返すごとに入口の力も抜け、指先が徐々に深く入っていき、自ら肛門を押し付けてくる。
指の付け根まで入っているのにさらに押し付けてくる。
そのまま指を出し入れする。

クチュクチュクチュ・・・。

自分の肛門に挿入される快感がようやく分かってきたようだ。
喘ぎ始めている。

今日は試してみたいことがあった。
一旦指を抜き、キッチンから魚肉ソーセージを持ってくる。
オレンジ色の外装フィルムを剥がしたソーセージは形こそ崩れないがクネクネになり、ギンギンな勃起よりも弾力がある。
直径2センチ弱、長さは20センチほどだ。
私も最初はこれをよく使った。

彼を横向きに寝させる。
四つん這いもそうだが、この格好も肛門が露わになる。
ソーセージの半分くらいまでオイルを塗る。
左手で先端を握り肛門に当て、右手で押出すようにすると、ズルッと先が入る。

「う!」

彼が呻く。
私は挿入する前の練習だと伝える。
ギンギンの勃起よりも柔らかいので、痛みはさほど感じないだろう。
左手で筒を作り、右手で押し出していく。

「はぅ!」

肛門を割って入ってくる感触と、壁を広げながら入ってくる感触はたまらない。
射精のときとは異なる喘ぎ声が彼の口から漏れている。

3センチほどを残して、入れるのを止める。
その格好のまま後ろから彼を抱き、顔をねじってキスをする。
私の勃起に、彼の肛門から出ているソーセージが当たる。
亀頭の左右にソーセージの先端を擦りつける。
ぎこちないが気持ちいい。

(あああ・・・このまま私を入れてしまいたい)

激しくキスしながら一緒に喘ぐ。
2時間ほど前、私の奥に精子を注ぎ込んだばかりなのに、血管が浮き出たギンギンの滾り、そして尿道からは透明の汁が糸を引いて床まで垂れている。

私はパンパンに硬くなっている亀頭に手を伸ばし、ヌルヌルの亀頭を手で包み込み、グリグリとこねくりまわす。
うめき声を上げ、激しく舌を吸ってくる。
滾りがビクンビクンと動いている。
同時にソーセージもピクピク反応して私の勃起を刺激する。

(ああ!入れたい!)

出ている先を摘んでゆっくり引出し始める。
叫ぶような喘ぎと同時に、ソーセージがズズーと勢いよく押し出された。
もう一度、肛門と私の勃起にもオイルを塗り、横になった格好のまま手を添えて、入口に私の先を当てる。

(気持ちいい!)

当てたままクチクチと回す。
たまらく気持ちがいいい

「入れるよ」と念を押し、先っちょを入れる。

亀頭が入った。

(あぁぁ!いいい!)

後は彼の腰を掴み、私の腰を前に押し出すだけ。

(ああぁぁ・・・入っていく・・・)

他人の中に自分を入れるのは、男女ともに久しぶりだ。
彼は喘ぎっぱなし。
奥まで入ったところで腰を動かし、ピストン運動をする。
ゆっくりとストロークを長く、亀頭が抜けそうなまで引き、そしてまた奥まで入れていく。

(ああ、もうう出そうだ)

肛門に付根を押し付けて、そのままグイグイ突く。
その度に彼の尻が潰れる。
射精することを告げると、「うんうん」と頷いている。
さらにぐいっと押し付ける。
私は包茎ではない。
それでも竿の部分の皮が剥けるような感じだ。

「うおお!」と、野獣のようなうめき声。

眉間にシワが寄り、引き攣った顔。
後頭部に込み上げてくる快感。

「あああ、出るうう」

「あああっ!いいいっ!」

勃起がビクンビクンと波打ち、精子がドクンドクンと流出していく。

「ハアハア」

しばらくの間、繋がったまま動けない。
ちょっとした拍子に肛門から半勃起になった私がズルッと抜けた。
ほんの少し開いたままの肛門から、精液がタラーーとお尻を伝ってくる。
ああ・・・精液独特の匂いが沸き立ってくる。
肛門の辺りに萎えた私を押し付け、後ろから再度彼を抱く。
床も2人もオイルと精液でベチャベチャしている。
しばらくはこのまま余韻を楽しむことにしよう。