結婚間近の女友達と、友人の披露宴帰りに・第3話

この体験談は約 8 分で読めます。

「綺麗だな、すごく艶っぽいよ」

「んもお・・・」

Y子は恥ずかしそうに顔を背ける。
中指をそっと差し入れると、またY子の体が大きく揺れる。
中は熱くて柔らかかった。
動かすと、クチュクチュと音を立てる。
しばらく続けた後、俺は内股の間に顔を埋めていった。
舌を差し入れ、中を探った。

「・・・」

Y子は目を閉じ、両手で口を押さえてじっとしている。
声を出すまいとしてるのか。
じゃあ出させてやろう。
舌先でクリトリスをつつくように刺激した。

「ぁん!」

Y子の体が跳ねた。
十分に濡れていたが、さらに唾液で湿らせ、舌先を尖らせて小刻みに動かす。

「あっ!あん!ああん!」

Y子は手で俺の頭を押さえつけ、仰け反っていた。
舌でクリを刺激しつつ指を出し入れする。
愛液の量が急激に増え始めた。

「あっ!やだあ・・・ああっ!あっ!あっ!あん!あっ、ん!」

Y子の太股が俺の頭を挟みつけて、時折震えが走る。
ジュルジュルっと、わざと音を立てて吸ってやった。

「ああん!だめえ、もう・・・!うぁ・・・!あっ!」

数分後、侵入させていた指を締め付け、膣内がぶるぶるっと痙攣した。
震えが止まるのを待って指を抜くと、ねっとりと糸を引いた。

「またイッちゃった?」

「もう・・・!」

Y子は恥ずかしいのか、快感に上気させているのか、紅い顔で照れ笑いしながら俺を睨みつけた。
Y子の隣で横になると、頭を抱えるようにしてキスをした。
Y子も肩に手を回してくる。
再び勃起したペニスがY子の下腹に触れる。

「当たってる・・・」

「何が?」

Y子は、そっとペニスを握ってきた。

「またおっきくなってる・・・」

「Y子が可愛いから」

「もう・・・」

「ほんとだってば」

「そんなことばっか言ってると、逆に信用されなくなるよ」

「マジで?悲しいなあ」

くすくすとY子は笑う。
キスをすると、Y子は舌で応えながら手を動かし始める。
指先で先端をくすぐるようにしたり、カリをなぞったり・・・もう巧すぎ!

「ヌルヌルしてるよ・・・」

溢れ出てきた先走り液を、亀頭や竿全体に塗りつけ、Y子はペニスの感触を楽しんでいる。

「Y子・・・」

「ん?」

「口で・・・してよ」

俺が仰向けになるとY子は上体を起こし、体を下へとずらせていく。
手を上下させながら顔を近づけると、舌でくすぐるように舐め始めた。
舌先を尿道口につつくようにしたり、裏側の縫い目に這わせたり。

「う・・・」

知らず知らずのうちに声が出て、ペニスが震える。

「気持ちいい?」

「うん・・・」

Y子はゆっくりと咥え込み、頭を上下させ始める。
手でしごきながら舌も動きを止めなかった。

「いいよ・・・すげえ気持ちいい・・・!」

しばらく頭を上下させていたかと思うと口を離し、カリ周りを舐めたり、甘噛みしたり、袋の方に舌を這わせたり、首を傾げて竿全体を舐め回したり・・・。
ほんと巧いな、こいつw
しばらくY子のフェラを楽しんでいたが、こう攻められていたんじゃ、またイッちまう。

「なあ」

咥え込んだままY子は、『なあに?』という表情をする。

「シックスナインしようよ」

Y子は一瞬躊躇った後、ペニスから口を離すと体を入れ替え、そっと俺の顔に跨がった。
目の前にさらけ出されたY子の女の部分を見つめた。
指で柔肉を割り開いた。
まだピンク色だ。
呼吸するように蠢いている。
やっぱすげー。
艶っぽくていやらしい。
尻を抱えて引き寄せると、そっと舌先で触れた。
Y子は小さく声を漏らした。
何度も舌を往復させる。

「あ・・・んん・・・」

Y子はしばらく身を震わせていた。
再びペニスが温かな口に包まれたのを感じながら、俺はY子の体内を舌で探るのに専念した。
愛液と俺の唾液で十分潤うと口を離して、ゆっくりと指を差し入れる。
最初は人差し指、次に中指。
2本の指で抜き挿しし、中を掻き回すように刺激する。

「んっ!んっ!んん!」

Y子は快感から逃れようとするかのようにペニスを咥え込み、激しく頭を上下させている。
もう片方の指でクリトリスを円を描くように刺激する。
舌で周囲やクリを舐め回した。
どのくらい続けただろうか、気づくとY子は俺の体の上に完全に体重を預け、喘ぎ声を上げ続けていた。
ペニスを咥え込む余裕もないようで、しっかりと握り締めているものの手は動かしていなかった。
・・・そろそろ、かな?

「Y子・・・」

ポンポンと尻を優しく叩いて、俺はY子の下から抜け出した。
息を弾ませながらY子が仰向けに転がった。

「いい?」

「うん・・・」

枕元のコンドームを手に取るとY子の足の間に体を入れた。
んで、付けようとしたら・・・Y子の入り口が愛液と俺の唾液で濡れて光っていた。

(なんか・・・このまま入れたくなってきた)

よし、ダメ元だ!

「Y子・・・」

「・・・ん?」

「付けずに入れていい?」

Y子は一瞬ポカンとしたが、「ええっ?だ、ダメだよー!」と慌てて脚を閉じようとする。
が、俺の体が脚の間にあるので閉じれない。

「ダメ?付けずにY子に入れたいんだよ」

「でも・・・」

やっぱダメか。
もう少し粘ってみよう。
俺はペニスに手を添えるとY子の入り口にあてがった。

「あ!ダメ・・・」

「さっきイカせてもらってるから暴発もしないからさ」

先端でクリを潰すように押し付ける。
Y子が声を上げる。

「あ・・・ん・・・だ、だけど・・・」

「絶対に外で出すから」

先で入り口を擦ると、そこが湿った音を立てた。

「だ・・・、ダメ・・・あ・・・!」

もう一押ししてみるか。
それでダメなら諦めよう。
って、もう半分以上、頭が埋まり込んでたけどw

「絶対に中で出さないから」

「・・・」

Y子は視線を宙に向け、両手の指を組み合わせ、口元に指の関節を当てた。

(お、いけるか?)

これはY子が考える時の癖だ。
マジな話をしたり相談事をしたりされたりした時、答えを探したり、どう話すべきか思案している時、Y子はこの仕草をする。
俺はY子の入り口に先端を半分埋めたまま、動かさずに待った。
ほんとに嫌がるなら、無理に生でやるつもりはなかった。
Y子は視線を戻すと俺の目を真っ直ぐ見て言った。

「絶対に・・・絶対に中で出しちゃやだよ?」

おお!言ってみるもんだな!

「うん、約束する」

Y子がコクリと小さく頷くのを見届けると、俺はゆっくりと腰を進めた。
ぬるりと俺のペニスがY子の体内に飲み込まれていく。

「あっ・・・ん!」

Y子の体が小さく仰け反る。
熱い柔らかな肉を掻き分けて進み、根元までしっかり入り込む。
俺がY子に覆い被さって互いの頬を押し付けると、同時に深いため息が漏れた。
動かさないでじっとしていると、ペニスを咥え込もうとするかのように肉壁が蠢いているのがわかった。
一度軽くキスをして、Y子の肩をしっかり抱き締めながら、ゆっくりと腰を動かした。

「はっ!ん・・・んっ!はっ!はぁ・・・」

「すごい・・・気持ちいいよ、Y子」

俺は上体を起こして、乳房を揉みながら、徐々に動きを速めた。

「はっ!はっ!」

Y子は荒い呼吸をして、俺の腕を握り締めてきた。
腰を引き、時折強く突くと、喉を見せて仰け反った。

「あん!」

「ああ、すげえ気持ちいいよ」

しばらく抜き挿しを繰り返し、Y子の上体を抱き起こして対面座位の形にした。
抱き合ってキスをしながらY子の体を揺すり上げる。

「はっ!あっ!はんっ!」

唇を重ね、舌を絡めながらもY子の口から喘ぎが漏れる。
顎から首筋、胸へと唇を移動させ、乳首を口に含んで舌で転がした。
Y子は自らも少しずつ腰を動かし始めていた。

(もっと動きやすくさせてやろう・・・)

Y子を抱き締めたまま、抜けてしまわないように気を付けながら、俺は仰向けになった。
腰に手を回して突き上げる。

「あっ!あん!」

突き上げるたびに声を上げる。
尻を抱えるようにして前後左右に揺さぶった。

「ああ・・・んっ・・・!」

Y子は自分からも尻を揺すり始めている。
繋がった部分から愛液が溢れ、俺の袋の方まで滴り落ちてるのがわかった。
すげー濡れまくってる!
下のシーツはえらいことになってんな、きっとw
手のひらを合わせるように手を握り合うと、腕を伸ばし、Y子の上体を起こす。

「はぁ・・・はぁ・・・」

繋がったまま俺に跨がったY子は荒い息をついた。
俺は腰に手を添えて動かしてやった。

「あっ・・・あん!あっ!」

Y子は俺の胸に両手をついた。
しばらく動かしていると、Y子が腰を動かし始めたのがわかった。
しばらく俺は手だけを添えていたが、そっと離し、「好きに動いていいよ」と言ってやる。
Y子は恥ずかしそうに、でも熱っぽい目をしながら・・・。

「まだ大丈夫?我慢できる?」

俺が中でイッてしまわないか気になるらしい。
さっき出しているせいか、まだまだ持ちそうだ。

「まだ余裕」

俺が笑いながら言うと、Y子はゆっくりと腰を動かし始めた。

「はっ・・・はっ!あ、あん!ああ・・・」

快感を自分から貪り始めているY子を、俺は下から見上げていた。
乳房が動きに合わせて揺れ、腰がくねる。
目が合うと恥ずかしそうに笑う。

「やだ、あまり見ないで」

「なんで?感じてるY子はすごく綺麗で可愛いよ」

「もう・・・可愛いとか綺麗って・・・勘違いしそうだよ」

「勘違いじゃないって」

俺は一度グイッと腰を突き上げた。

「ぁあん!」

ビクッと体を震わせる。

「もっと感じて、もっとよく見せて」

俺の視線から逃れるように目を閉じて腰を動かした。

「あっ!あん!ああっ!あ!あんっ!ああ!あっ!」

リミッターが外れたように声を出し始めた。
腰を激しく上下させ、打ち付けてくる。
ペニスが色んな角度から体内を突く。
正直、ちょっと痛かったw
重そうに揺れる乳房を持ち上げるように揉みしだき、乳首を指で摘む。
Y子は俺の腕に手を添え、仰け反った。
俺も腰を突き上げた。
Y子が腰を下ろしてくるのと同時に突き上げ、引くとこっちも引く。
なんだか今まで何回もエッチしてるカップルみたいに息がピッタリだ。
セックスの相性がいいって、こういうことか?

まとめ上げていた髪はもう解けてしまって、Y子の額や頬に汗で張り付いている。
顔が紅潮し、胸元まで紅く染まっていた。
膣内がピクピクと激しく動く。
俺は揉んでいた乳房を強く握り締めた。

「イッてよ、Y子」

しばらくして膣内がキツく締まり、一度仰け反ったY子は力が抜けたように俺に覆い被さってきた。
Y子の呼吸が整うまで俺は待ち、乱れた髪の毛を撫でてやった。

「ごめんね、私ばっかり・・・」

「いいよ、イクときの顔、すごく可愛いかった」

「もう・・・恥ずかしいよ」

呼吸が落ち着いたところで・・・。

「ちょっと・・・いいかな」

Y子の背中を軽く叩く。
Y子は俺の隣に仰向けになろうとした。

「あ、待って」

怪訝な顔で俺を見る。

「四つん這いになってくれる?」

「・・・」

Y子が四つん這いになる。

「お尻、こっちに向けてよ」

恥ずかしいのか、躊躇いながら俺の方へ尻を向ける。

「もうちょっとだけお尻を上げて・・・」

俺は膝立ちになって尻に手を添え、引き寄せる。
柔肉の間からは愛液が滲み出していて、陰毛を伝って流れ落ちた。
女の子がこの格好になると肛門が丸見えになり、逆さになった入り口がすげーいやらしくて、なんだか、『早く入れてください』って言ってるような気がする。
男だったらわかるでしょw
ペニスに手を添え、入り口に当てる。

「入れるよ」

ゆっくりと入っていく。

「ん・・・!」

Y子の背中がピクンと反応する。
根元まで埋め込み、出し入れを開始する。

「あっ!ああんっ!んっ!」

捻りを加え、今まで刺激してなかった角度で強く抉る。
Y子の声が一段と高くなった。
俺は尻の肉を握り締め、腰を強く打ち付けた。
パンパンとお約束の音を立て、Y子の尻の肉が波打った。

「やあ・・・!あんっ!あ!あっ!あっ!あっ!あっ!やっ!やぁ!」

Y子は俺が突くのに合わせて声を上げ、手の甲に骨が浮き立ち、関節が白っぽくなるほどシーツを握り締めていた。

「痛くない?」

「うん・・・!うん・・・いい!気持ちいいよおー!」

Y子が苦しげに答える。
腰を動かしながら上体を反らし、Y子の尻の肉を割り開くように左右に広げた。
つつましやかな肛門が見える。
人差し指でそっとくすぐってみた。

「あっ!」

キュッと肛門がすぼまる。
同時にペニスを飲み込んだ双璧がキュッと締まる。

「あっ!やあぁ!」

尻を振って逃れようとするのを押さえつけ、指を小刻みに動かし、肛門をくすぐり続けた。
くすぐるたびに肛門はすぼまり、膣内も締まる。
うー、たまんねー。
Y子の抵抗が収まったところで俺は上体を倒して、Y子の背中に密着して覆い被さった。
体重がかからないように左腕で支え、右腕で乳房を抱え込んだ。
そして耳元へ口を寄せる。

「Y子はお尻の穴も可愛いね」

「もぉ・・・やめてよぉ・・・」

「ほんとに可愛いよ、綺麗」

「あまり・・・んっ・・・!嬉しく・・・ないよ・・・あっ・・・!」

俺が背後から胸を揉みしだきながら腰の動きも止めないので、Y子はしゃべり辛そうだ。

「なんで?彼氏は言ってくれない?お尻の穴も可愛いって」

「言わない・・・よ・・・あっ!」

「なんだ、照れ屋な奴なんだな」

Y子は乱れた息の中で笑い声を立てる。
余談だけど、セックスの最中の会話って俺は結構好きだ。

<続く>