結婚間近の女友達と、友人の披露宴帰りに・第4話[完]

この体験談は約 7 分で読めます。

Y子が首をねじ曲げて唇を合わせてきた。
舌を絡めて、それに応える。
しばらくそうした後、俺はまた上体を起こした。
くすぐるふりをして、人差し指で溢れた愛液を肛門に塗りつける。
そして唾液で指をたっぷり湿らせた。
指を肛門に当て、ゆっくりと埋め込む。

「あ・・・!ひっ!」

ビクッとY子の尻が震える。
第一関節まで差し込んだ。
きゅうっと肛門が指を締め付け、同時にY子の体内も締まる。

「あぁん!やっ!やだあ!」

Y子は尻を振って逃れようとする。

「すごいよ・・・すごく締まる!気持ちいいよ・・・!」

ほとんど隙間がなくなった膣内をペニスで突きまくる。

「ああん!ああっ!あっ・・・ひ!あああっ!」

穿つように指を動かした。
さらに締め付けが強まる。

「やだ・・・!あん!あぁ!あんっ!き、気持ちいいよお!!」

最初は逃れようとしていたY子も、尻を押し付けるように腰を動かし始めた。
徐々に指を埋め込み、第二関節当たりまで差し込んだ。

「やああああああ!」

どうやらY子の彼氏は、まだ尻の開発はしていないようだ。
AVなんか観せてる暇があったら、そっちをやれよw
けど、やりすぎて痛がらせても可哀想だな・・・。
それ以上深く差し込むのはやめておいた。
それでも指を収めたまま、俺は腰の動きを早めた。

一段とキツくなった肉壁の感触は最高だった。
アナルセックスには興味ないけど、指入れは好きだw
慣れれば快感になるし、何よりこの締め付けがたまらない。

「ああん!あーっ!」

Y子は上体を腕で支えきれなくなり、ベッドに体を預けてシーツに顔を押し当て、肩を震わせた。
Y子から一旦ペニスを抜き取ると仰向けにさせた。
今度は息が整うまで待たなかった。
太股に割って入ると、すぐにY子の体内に突っ込む。
もうドロドロにふやけたようになっているので、あっさり根元まで収まった。
初めから動きを速くする。

「あっ!あぁん!あっ!あっ!あんっ!」

もう十分に熟れて敏感になっているのか、Y子はすぐに駆け上がり始める。
その反応が堪らなくて、いつまでもやっていたかったが、そろそろそうもいかなくなってきた。
出したくなってきた。
もうちょっと耐えろよ、俺。
乳首を指で転がしながらY子の顔を見つめる。

「あん!あん!あっ!あっ!あっ!あぁん・・・!」

ほんと、可愛い声で鳴くよな。
体の隙間を埋めるように密着し、固く抱き合って唇を重ね、激しく舌を吸い合い、唾液を送り込み合う。

「あっ・・・!あん・・・!き、気持ちいいっ!気持ちいいよぉ・・・!」

「ああ、俺も気持ちいいよ・・・!」

気付くとY子は両脚を俺の腰に絡みつけ、締めつけていた。
これはやばいかも。
振り解けないほどではなかったけど、咄嗟の時だとタイミングがずれて中出ししちまうかも。

「Y子・・・」

「あっ!あん!あっ!」

「ねえ、Y子」

「あっ!んっ・・・!な、なに・・・?ぁん!」

「足・・・そんなに絡められると、出す時に抜けないんだけど」

「あ、ご、ごめん・・・!」

Y子は慌てて足を解いた。

「出そうなの?」

「ん、まだもう少しだけど・・・」

「あっ・・・!あん!・・・っ!」

しばらくすると、また脚が絡みついてくる。
無意識なんだな・・・それだけ感じてんだ。

「Y子、ごめん、また・・・」

「あ・・・やだ、ごめ・・・ん」

脚を再び解いたが、しばらく動かしていると、またY子の脚が腰にかかってきた。
おいおいwまずいだろw

(いっそのこと、中で出しちまうか?)

一瞬そう思ったが、それはルール違反だな。
また声を掛けようとしてやめた。
せっかく感じてるのに水を差すのも野暮だし・・・。

俺は上体を起こすとY子の膝に手を当て、脚を押し広げて、M字開脚にした。
繋がっている部分を見下ろす。
Y子の体から出入りする俺のペニスには白濁して泡立った愛液がへばり付き、互いの体毛にも白い愛液が滴っていた。
お互いの臍から下や太股は汗と愛液でベトベトだ。
Y子の尻の下のシーツは失禁したように濡れて色が変わっている。
何度かY子はイッてるようだけど、まだ“大イキ”はしてないはずだ。

(イカせてやりたい。でも・・・俺の方が持つかな?)

Y子の体内への出入りを激しくして、指でクリを刺激してやる。

「ああっ!あん!やっ!やあぁ・・・!」

Y子は首を左右に振り、声を高める。
グチョグチョつーか、グチュグチュつーか、ニチャニチャつーか・・・。
文字にするのが恥ずかしいくらい湿り系の擬音が全て当てはまるほど、俺たちの繋がっている部分が淫猥な音を立てた。
いくらでも溢れてくる。
どこまで濡れるんだろ?
俺ってひょっとしてすげーテクニシャン?
それとも、今まであり得なかった俺とのセックスで、いつもより興奮してるだけ?
まあ俺自身も、いつもより興奮しているし。
禁断の関係って燃えるって言うからな・・・。
たぶん後者だろw

「R君!あっ・・・ぁん!R君・・・き、気持ちいいよぉー・・・!」

「Y子、いいよ、すごく気持ちいい!」

互いの名前をうわ言のように呼び、なんだかいつまでもこれが続くような気分になってきた。
・・・だが。
Y子の膣内が激しく蠢動し、両手のひらを合わせて思いっきり握り締められたような締め付けが来た。

「っ・・・ぁ・・・!」

Y子の声が途切れ、体が弓なりに反り返って硬直し、仰け反って無防備になった喉がヒクヒクと痙攣した。
俺も引き抜かれそうなペニスを激しく4、5回抜き挿しすると、精液が勢いよく上がってくるのを感じた。
Y子の体内から抜き出した一瞬後、暴れるように脈打ち、先端から精液を迸らせた。
まさに間一髪だった!
一弾目はY子の首筋まで飛び、後は胸、腹と次々に汚した。
二度目なのにすげー勢いと量www
手でしごくと間欠泉のように何度か噴き出し、Y子の臍に精液溜まりを作った。
どれだけ出んだよ・・・俺。

収まると、俺は全身の脱力感を感じ、自分の精液で汚れるのも構わず、弛緩したY子の体に覆い被さった。
しばらく体を重ねたままじっとしていた。
Y子は眠ったような呼吸をしている。
俺は一度キスして起きあがると、お湯で湿らせたタオルで力が抜けてグニャグニャになったY子の全身を拭いてやった。
自分の体も軽く拭い、Y子の隣に横になる。
片手枕で頬杖をつきながらY子の髪を掻きあげ、撫でた。

「Y子、良かったよ、最高だった」

「・・・私も、すごく気持ち良かった」

Y子が俺の首に腕を回して抱きついてくる。
長いキスをした。
顔が紅く上気し、全身朱に染まっていた。

(本当に可愛いよ・・・)

前から可愛いとは思ってたけど。
でもなんとかして自分のものにしようなんて思わなかった。
3人で飲みに行こうと言ってて、Fが急に来れなくなって2人で会ったこともあったのに。
チャンスなんていくらでもあったのに。
なんでだろ。
もっと早くやってれば・・・。
いや、もっと早くこの気持ちに気付いてれば、俺は今の彼女と付き合ってなかったかもしれないし、Y子も今の男とは付き合ってなかったかも知れない。
・・・いや、今はセックスして、気持ちが盛り上がってるだけ。
今だけのことだよ・・・。

時計は22時半を回っていた。
これ以上遅くなるとまずいので、気怠い体を引きずってのろのろと起き上がる。
一緒にシャワーを浴びる。
さっきのは一緒に浴びる口実だったが、今は本当に時間を節約するためだったw
互いに汗と体液をざっと洗い流して、慌ただしく身支度をし、部屋を出た。
部屋から出るとき、俺はY子の肩をしっかり抱いていた。
Y子も俺に体を預けている。

ホテルを出ると、涼しい夜の外気が火照った顔を少し冷やした。
大通りに出る前にもう一度だけキスすると、体を離していつものように並んで歩いた。
何かが変わってしまったような気がするし、あれは一時だけのことで、別に何も変わってない気もした。
会話もなく人混みの中を歩く。

なんか・・・まずいな。
やばいよ、こんな気持ち。
いやいや、一時的に気分が高揚してるだけだ。
・・・本当にそうか?

交差点に差しかかる。
Y子の乗る駅は、この交差点を渡ったところ。
俺の乗る電車は、交差点を過ぎてまっすぐ。

「いいよ、ここで」

Y子は立ち止まって言った。

「駅まで送るよ?」

「大丈夫。もう遅いから、R君も早く行かないと電車に間に合わなくなるよ」

「そうだな・・・」

「じゃあね・・・おやすみ」

Y子は笑顔で言う。

「うん、おやすみ」

Y子は交差点を渡った。
人混みに紛れて見えなくなるまでY子の後ろ姿を見送ると、俺はその場を離れた。

Y子の式までの間、Fが「その前に3人で集まらないか」と言ってきたのだが、何となく顔を合わすのが気後れして、仕事の都合がつかないからと適当に誤魔化し続けた。
実際、忙しかったけど。
その気になれば都合はついたけど。
本当は会いたかったけど。
なんか、やばいんだよ。
以前のようにY子と接する自信がない。
きっとFがすぐ様子がおかしいのに気付くだろう。
それは避けないと。

でも、Y子と2人きりなら?
それは別の意味でやばそうだ。

Y子と電話で2度ほど話した。
お互いに一切あの夜のことには触れず、今までと同じように話した。
会いたいよ、すげー会いたい!
だけど会っちゃいけない。

3ヶ月後、Y子は海外で式を挙げた。
俺にはちょっと有難かったかも知れない。
普通に国内で式を挙げたら、たぶん俺とFも出席することになるだろうから。
やがて俺たちは、時々電話で連絡を取り合うだけになっていた。

「結婚すると、そんなもんかな」

Fはそう言って笑っていた。
そうだよ、そんなもんだよ。
いや・・・それだけじゃない。

Y子の結婚から1年後、俺も結婚した。
Fは出席してくれたが、Y子はいなかった。
一応、招待状は出したんだけど・・・。

『その日は旦那側の用事があるので、残念ながら欠席いたします』と。

残念なような、ほっとしたような感じだった。
それから2、3日遅れて、Y子から手紙が来た。

――――――――――――
ごめんね。用事があるのは本当なんだけどね。
旦那さんは、「行って来ていいよ」と言ってくれてるけど。
私、すぐに態度に出ちゃうから。
R君もポーカーフェイスって苦手だったよね。
すぐにF君は気付いちゃうと思うよ。
本当はすごく会いたかったけど、これじゃまずいと思って。
なんだか上手く今の気持ちを言えません。

私は今、旦那さんとは幸せに毎日過ごしています。
R君、ご結婚おめでとうございます。

彼女と末長くお幸せに
――――――――――――

何度も読み返して、破り捨てた。
取っておいて何かの拍子に彼女に見られたりしたらやばいし、Y子にまで迷惑がかかるかもしれない。
それからは年賀状だけの付き合いになった。
それもY子が旦那の転勤で北海道へ行ってしまってからは、住所変更の連絡も有耶無耶になり、それっきりになった。

あれから5年経った。
今、Y子がどうしているかは知らない。
あの日、確かに俺はY子に惚れた。
いや、ずっと前からそうだった。
気付くのが遅かった?
あの日、Y子とああならなければ、今も続いていた?
年賀状だけでも?
友達として?
それが良かったのか、悪かったのか。

俺には今、子どもが1人いる。
子どもは可愛いし、嫁さんのことは愛している。
だけど・・・。
あの日、俺とY子は人生の交差点に差しかかっていたのかも知れない。
一緒には渡らなかった。
ただ、それだけのことだ。

タイトルとURLをコピーしました