格好良くなってた同級生のをペロペロしてみた

この体験談は約 4 分で読めます。

私が高校の時の話。
大学受験も終わって気も抜けきった頃、小学校の同窓会の連絡が入った。
地元で仲良くしてる子もいたけど、私は女子高に進んだため、同級生に会う機会なんてなかった。
その日は特に用事もなかったし、行ってみることにした。
久しぶりに会えることも楽しみではあったけど、それよりもありがちだけど、(誰か格好良くなってて新たな出会いが・・・)なんて期待をしたりして。

だから同窓会当日まではあっと言う間だった。
集合場所に行ってみると、久しく会ってなかったせいなのか、随分男子が変わったように感じた。
(不思議と女子はすぐに分かった)
誰が誰だかもイマイチ把握出来ないまま居酒屋に向かう。
最初は男女が別々に座っていたけど、お酒も軽く入り席替えをすることに。
すでに合コン状態みたいな中、私の隣りに座った彼は結構格好良かった。

同窓会なのに、(で、キミは誰だ?)とか思いつつ、自己紹介を済ませる。
名前を聞くと意外にも、昔は小さくてぽちゃっとしてて、いつも誰かの後にくっつい歩いてるイメージしかない人だった。
他愛もない会話が続いた。
どこの大学だとか理系とか文系とか・・・。
その時から私は意識しはじめていたと思う。

居酒屋を出ることになり、二次会ってことで懐かしの小学校へ向かうことに。
男子は焼酎とかを買い込んでいてテンションもかなり上がってきていた。
移動中は彼のことが気になりつつも他の子と話してた。
校庭で遊びつつ彼が座っていたので隣りに腰を下ろした。
なんだかだいぶ酔っていたようで、「大丈夫?」とか「お水いる?」とか声を掛けてた。

何気なく彼の手の近くに自分の手を置くと、彼から手を繋いできた。
その後もみんながいることも忘れてずっと手を繋いでた。
たまに顔が近付いてキスしそうになりながらも、躊躇ってしまって出来ないまま解散を迎えた。

すっかり暗くなってしまったのと、なんだか離れたくなくて、家まで送ってもらうことになった。
その時の会話はなぜかお互いに、「格好良くなったね」とか「綺麗になったよ」みたいな話ばっかりで、素面だったら恥ずかしくて言えなかったと思う。
そしてその時は、私の家が学校から遠かったことに初めて感謝した。

人通りも少ない夜道、腰に手をまわして歩けるほどの至近距離・・・。
キスまでに時間はかからなかった。
キスを繰り返して、どちらからともなく舌を絡ませていた。
2人ともぎこちなくて、たまに歯が当たったりしてたけど、そんなこと気にもならくて、完全に彼を好きになってる自分がそこにいた。

軽くキスをしながら小さな公園を見つけてベンチに座る。
彼は外見とは逆に経験がないらしく、恐る恐る服の上から胸に手を置いてきた。
実は私の方も軽く触られた程度(しかも胸だけ)くらいしかなくて、未経験同然。
緊張もピークになってたかもしれない。
すると彼は糸が切れたかのように、広めの襟に手を滑り込ませて胸を揉みだした。
無我夢中とはこのことかと言わんばかりだったけど、時折乳首に当たる彼の指が気持ち良くて・・・。

「んっ・・・」

つい、声が出ちゃってた。
さらにセーターの襟に手をかけてグイっと引っ張られるとブラも捲れて、ピンと立った乳首が見えてしまう。

「やだ・・・だめ・・・」

私の抵抗も虚しく、「ダメじゃないんでしょ?」なんて言われて呆気なく撃沈。
もはや無防備な乳首は舐められたり吸われたりして、どんどん敏感になっていく。
その日は、この時とばかりに普段は穿かないスカートだった。
乳首を舐められる度にアソコが湿ってくるようで、自然と足がモジモジと動いていた。
それに気付いた彼がスカートの下の冷えきった太股に手を伸ばす。
思わず、「そんなとこ汚いから・・・」って手を止めようとしたけど・・・。

「汚くないよ。触りたい」

彼の一言で力が抜けてしまう・・・本当は触って欲しくてたまらなかったから。
焦らすとかもなくて、すぐに湿った部分に指が触れる・・・。
下着の隙間から入ってくる指は冷たかったけど、ヌルヌルになってしまったところは彼の指で撫でられるたびに熱くなっていく気がした。
気付くと、「はぁ・・・ん・・・あっ・・・」なんて声がいっぱい出てた。

撫でていた指が中に入ってくると、さらに快感が増していった。
テクニックなんてないんだろうけど、初めて他人に触られるだけで興奮してた。

「あきちゃんの中、あったかいね」

とか言われながら指が動かされて、何がなんだか分からないうちに身体に力が入ったと思ったら脱力しちゃってた。
一呼吸置いて冷静になると、自分ばっかりしてもらってること気付く。
何気なく彼の股間に手を置く。

(硬いの?ジーンズだからか?)

彼のがどうなってるのか分からなかった。
思い切って、「おっきくなってるの?」と聞いてみた。
なんだか恥ずかしそうにしながら、「そりゃなるよ・・・」と彼。
ちょっと抵抗がありながらも、「見せて欲しいな・・・」とおねだりをしてみた。
ちょっと間があって、彼はベルトを緩めてファスナーを下ろした。
父親のいない自分は、初めて見るモノに目が釘付けになった。

「触ってみてもいい・・・?」

とか言いながらすでに大きくなったおちんちんに触れてみる。
最初は、擦ってみたり、ニギニギしたり・・・。

「あんまり触ると我慢出来なくなるよ・・・」

その彼の一言で、私もお返しにと顔を近付けていった。

「いや・・・ダメだって・・・」

頭を押さえる彼に、「イヤなの・・・?」と聞き返すと、もごもごと黙ってしまった。
やり方なんて全然分からないけど、気持ち良くしてあげたいって一心だった。
最初は先っぽをペロペロしてみる。
彼の反応は何かに耐えているみたい。
それならと思って、思い切って口に含んでみる。
なんかの雑誌で見ただけの知識だけど、必死に歯だけは立てないようにして頭を動かした。
たまにジュルとか音も出ちゃってたけど、今さら恥ずかしがっても仕方はないから、頑張って続けた。
いくらも経たないうちだったと思う。

「で・・・出ちゃうから・・・ダメ・・・」

彼から言葉が出てきた。
私も引っ込みがつかない気がして、「いいよ・・・」って言いながら続けた。
よほど耐えてたのか、1分もしないうちに彼が小さく声をあげた。
私は口に含んだままだったけど、突然ドロドロしたような苦い液体が口の中に広がった。
彼に、「出していいから」と言われた時にはもう、私は飲み込んでしまっていた。

その後も何度かキスしたり抱き合ったりしていたけど、まだまだ寒い季節。
あまり外に長くいるのも辛くなってきて、家までの道のりをお互いに照れたりしながらも手を繋いで帰った。