ドSなすりこぎ棒

この体験談は約 4 分で読めます。

私:関西、♀、21歳、158cm/53kg、パヒュームののっち似。
相手:関西、♂、30歳、175cmくらい、森山未來似。

毎日忙しくて癒やされたかったんです。
肉体的に。
やっとのことで仕事が一段落したらアソコがヒクヒク。
ああ、最近ずっとオナニーしてなかったもんね。
かまってあげなくてごめんね。

ということで、募集した中で文の雰囲気がよかった彼に打診する。
するするとセックスの日取りが決まりました。
土曜日のやたら人の混み合う時間に待ち合わせ。
事前に服装を教えてるけど、出会う気あるのか?

ピキピキしてると声がかかる。

「どうも」

声の発する方を見ると、なんかやたらピチピチした兄ちゃんが立ってる。
メールじゃあんなに殺伐としていたのに、なんというか、格好がすごく・・・リア充です。
なんかオシャレな異性の隣を歩くのを躊躇するのは私だけだろうか。

お顔の印象は森山未來っぽい。
なので、以下『森山』。

森山は身長175センチくらいで体がむちっとしてる。
後ほど野球部のキャッチャーと聞いて、なんとなく納得した。
可食確認、お互いOK。

事前にメールで森山から『甘いもん好き?』と聞かれていたので大好き宣言した私。
てっきりオシャレ男子御用達のオシャレカフェに連れて行かれるかと思ったら自宅に招かれる。
森山のおうちは大変落ち着く仕様となっていて、ソファーで待ってたら商品みたいなタルトが出てきた。
照れながら、「俺が作ってん・・・」という森山に大変萌える!
洋なしのタルト、めちゃうまー!
自然とにっこにっこ。

「おいしいおいしい!」を連呼すると、「いや、けどバター濃くない?ほんまはうんたらかんたら」とか言ってきたけどマジうまー。

食後のジュースも、手作りだと!
素直に尊敬。
私はカレーしか作れない・・・。

お腹も膨れたところで森山の熱帯魚を愛でつつ談笑。

(なかなか手ぇ出してこねえな・・・)

そう思っていたら森山が、「乳首が感じる」と言ってくる。
よしキタ。
攻められたいんですね。
よーし、がんばっちゃうぞとロンTを捲ると乳首ピンクw
森山に跨がって、お望み通り乳首を弄る。
両手の薬指で乳首を優しく引っ掻くと、「うっ・・・ん(ハート)」とリアクションが良いので俄然やる気が出る!
本来Mだけど、こういうのって楽しいので頑張ります!

「すぐ立っちゃったねw」と言うと、顔もピンクにw

色素の薄い人が照れるとエロいことを発見。

左手で軽めにクリクリして口でちゅうちゅう吸ったり舐めたり、口ん中でコネコネする。
鼻から抜ける声が犬っぽくて可愛らしい。
もっと鳴けw

森山の筋肉おっぱいをぐいっと寄せて強めに口でにゅるにゅるしてると、下からグリグリとちんこを押しつけてくる。
森山の両手は私の腰を持ってるので逃げれない。
お互い服をほぼ着てるので着衣エア騎乗位。
こちらはワンピだったので押しつけてくる布越しのちんこがクリに当たってすごい興奮する。
濡れてるのが自分で分かる。
腰がドクドクして気持ちいい。

よいしょっと森山に一気にまんぐり返しの体勢にされ、パンツをお尻のところまで捲られて穴を舐められる。

(ちょwアナルは処女なのw痛いw)

けど、満更でもないので身を委ねる。
ヒダをねっちょり舐められて「やだやだ><」言ってると、「なにケツで感じてんの?」とふふっと笑われる。
そういえばずっと目が合ってるのがエロい。
けど、出来たらおまんこで気持ちよくなりたいんです。
パンツ越しの指クリは気持ちいいけど、直でされたいの!

「中、触って、指入れて?」
「ケツ?」

「違う、前の方に入れて」
「なに?ちゃんと言って」

「・・・まんこ・・・」(ぼそっ)
「全然聞こえねー」

「まんこぉ・・・!」

言っちゃう私。
まんぐり返しのまんま、指をずぶずぶ入れられる。
森山の指は太い。
こんなぐちゅぐちゅ聞くの久しぶり。
AVっぽく、ぐぐぐぐっと手マンされてアンアンん言ってると、あっさりイッちゃう。
ぐてーっとなってると、森山にケツをパシーンと叩かれる。

「お尻上げて、自分でまんこ開いて」

素直に従って四つん這いで手でくぱぁってすると、森山に「ばか女!」って挿れられるw
Mなんでまんこがキュンってなったwww

ちんこがぐーっと奥まで入ってくる。
これ以上入らないのに、ぐっぐっと押しつけてくる。
お尻にもじゃもじゃを感じます。

なかなか動いてくれなくて勝手に腰動かしてると、「エロぶた」とか言われる。
また、まんこがキュンってなるw

なんとなく挿入から違和感があって、体位を変える時にちんこ見るとカリがあんまりない。
棒っぽい。
けど、太さはある。
あれだ、すりこぎ棒だ。

コロコロと体位を変えつつ最後はゴム発射。
お掃除フェラする時にちんこを観察。
やっぱりすりこぎ棒だった。

夜までいちゃこらちゅーちゅーして解散。
森山のキスは舌が肉厚で長くて気持ちよかった。