特急列車のトイレで同僚と中出しセックス

この体験談は約 3 分で読めます。

仕事の同僚と一緒に、取引先にJRの特急で向かいました。
同僚とは普段からお酒を飲みながらエッチな話題で盛り上がるような遠慮のない仲でしたが、肉体関係とかはなかったです。

列車の座席に座ってる時に彼が、「次の駅を出たらトイレに行こうよ。その次の駅で停車するまで割と長いんだよ」と言います。
よく意味が分からずに、それでも「うん、いいよ」と返事をしました。
私は、彼がトイレをしてる間にドアの付近で待てばいいものだと思ってました。

一緒にトイレの前まで行くと彼が周囲をキョロキョロして、「今だ!入ろう!」と言って私の腕を握って一緒に中に入らせられました。

「ねえ、マジ?あなたが用を足すとこなんて見たくないわよ」

私がそう言うと彼はいきなりキスをしてきて、同時にスーツの上からおっぱいを揉まれて・・・。
私っておっぱいを揉まれるとすごく感じる体質なので、ヘナヘナになってしまったんです。
ディープキスをされたまま、片手でおっぱいを今度は直接揉まれ、もう一方の片手はスカートを捲り上げて股間をいやらしく攻撃されました。
立ってるのも辛くなった私は、「はぁはぁ・・・、感じちゃうからもうやめて~」と言いますが、彼がおまんこを直接攻撃してきたので、完全に座り込んで抵抗を止めてしまいました。

座り込んだ私の顔の前に彼は肉棒を取り出してもってきました。
口を開けずに迷ってると彼は強引に肉棒を口に入れてきました。
しょっぱいのと少し臭いのが妙にいやらしくて、フェラが嫌いじゃない私は素直に受け入れて舐め始めました。

「ねえ、いつも飲みながらエッチな話してるような感じのフェラやってよ」

彼がそう言うので、普段の飲み会で話すようなフェラをしてあげました。
カリの部分を強く吸いながら舌の先でレロレロしたり、玉袋を口いっぱいに頬張って舌でレロレロしたり。
肉棒の先からは我慢汁がどんどん出てきます。

トイレに入って10分くらい経ったでしょうか。
彼が、「あまり時間ないから、もうしちゃうよ」と言って私のスカートを脱がせてTバックショーツをずらすと、上半身は着たまま胸を揉まれながら立ちバックで肉棒を挿入されました。

(大きい!キツい!おまんこが張り裂けそう!)

って思ったけど、グジュグジュに洪水状態のおまんこは彼の巨根を受け入れてしまいました。
本当に硬くて太くて、しかも長いのが分かりました。
彼のが奥にツンツン強く当たるので、「ねえ、もう少し優しく突いて!」って言うと、彼が「え?まだ根元まで入ってないのに我慢できないよ」と言って、どんどん突いてくるんです。
私が、「長いから、そんなに突いたら痛いよ~」と言うと、彼は洗面台に座って私を抱えるようにして座位で挿入してきました。
座位だと肉棒がもっと深く入ってしまうんです。
太くて硬くて長くて・・・しかもズンズン突いてくる彼の精力は、私をすぐにメロメロにしました。
もしかしたら列車のトイレなのも忘れて大声を出していたかもしれません。
でも狂っちゃうほど気持ちよかったんです。

そして・・・無用心にも生挿入を拒まなかった私は、予告もなく彼が奥で射精する瞬間を味わうことになったんです。
温かい液が奥で広がる感じ。
肉棒がぐっと大きくなる感じ。
彼が思いっきり腰を突き上げる感じ。
人生発の中出しは、特急列車のトイレで、彼氏でもない同僚からの予告なしの出来事でした。

あまりトイレに長くは居れないので、精子を膣内に残したままショーツを穿いて、さっさと服を着て座席に戻りました。
2人の膝に彼のスーツの上着をかけて周囲から見えないようにして、彼の片手は精子が入ったままの膣内を触ってきます。
彼の指に2人のねっとりした液が付いてきて、彼はそれを私に舐めさせようと、その指を口に持ってくるんです。
迷ってる暇はないので、すぐに舐めて彼の指を綺麗にしてあげました。

幸いにも妊娠しなかったので、今も彼と中出しセックスを楽しんでいます。
もちろん非常識な場所ばかりを好んで!
同僚から彼氏に昇格した彼だけど、もしも妊娠しちゃったら奥さんにしてくれるって約束をしたので、中出し三昧の日々にも不安なしです!

タイトルとURLをコピーしました