爆乳女子高生のエロス・前編

この体験談は約 4 分で読めます。

自分が大学生のとき、某掲示板で知り合ったJC3がいた。
知り合った時は彼氏がいて会うのすらNGだったけど、スカイプ相手として結構ノーマルからアダルトまで色んな話をしてくれた。
ただ彼氏とのラブラブ話を聞かされるのがだんだん苦痛になってきて、そのうち連絡もしなくなった。

3年経ち、俺は大学4年で東京に就職も決まり、彼女もいて俺はダラダラ過ごしていたんだが・・・。
その年の11月の頭、突然彼女に振られた。
理由は他に好きな男が出来たから。
もともと浮気性ではあったが別れ話になったのは初めてで、そのまま別れることに。
クリスマスの予定まで立てていた俺は心が壊れて暗い日々を過ごしていた。
ただ、だんだん寂しさが我慢できなくなってきて、毎日知り合いの女性に手当たり次第、メールや電話をして慰めてもらっていた。

その流れで思わず昔のJCにも電話。
もうJK3になっていたが、そこからまた連絡を取るようになった。
向こうは向こうで、前とは別の男と付き合っているようだけど、どうも遠距離で寂しいらしい。
しかもクリスマスはデートもできないとか。

ダメ元で、「じゃあクリスマスに遊ばない?」と誘ったら、「・・・いいよ」とかなり熟考した感じでOK。

ただしエロは絶対だめということと、東京で遊びたいということだった。
彼女は関東で俺は東北、デートの時間を考えると新幹線しかないが、金欠だ・・・。
エロなしの可能性大なのに・・・。
ちょっと悩んだが、さすがにそれで断るのもアホだと思い、OKした。

待ち合わせ場所の新宿で待っていたら、その子がやって来た。
驚いたのはJCの頃に写メ交換したのだが、その頃と比べてかなり可愛くなっていたこと。
しかも、ギャル化とかせず、清楚なお嬢様タイプでいてくれた。
そして何より、乳がとんでもなくデカかった。
(あとでFカップだとわかった)
理性がちょっと飛びそうになったw

プランとしては食事をしてカラオケと考えていた。
あらかじめ調べておいたパスタとケーキセットのランチがある駅ビルで食事をし、カラオケへ・・・。
お互い何曲か歌ったあと、ちょっと間が空いたときに思い切って抱き寄せてみたら、抵抗されたけど非力なのか本気じゃないのか、あっという間に俺の腕の中へ。
顔を真っ赤にして俯いている。
で、顎に手をやって顔を上に向かせて唇を頂いた。
向こうは最初は口を閉じてたけど、諦めたのかOKなのか、舌を入れさせてくれた。
奥に引っ込んでいる舌を何度か突付くようにすると控えめながら絡めてくる感じ。

(これはいける?)

そう感じ、胸をぐっと揉むと、「んっ」と軽く呻いて、こちらに抱きついてくる。
明確な抵抗がないことに内心ニヤリとして、何度も巨乳を揉ませてもらい、下から手を突っ込んで生乳まで。

キスから5分くらいかけて胸を愛撫してるうちに、キスしてるときの彼女の舌が積極的に絡んでくるようにまでなった。
ここは逃せないと思って、カラオケではあったが、彼女のスカートの中に手を入れた。
当然のように抵抗があったが、なんとか下着の上からオマンコを触ると、かなり熱が篭ってて濡れてるのが分かった。

指入れしようかと思ったけど、そこは向こうがかなり嫌な素振りと抵抗を見せたので、自分のジーンズのジッパーを下ろして、「じゃあ舐めて」と言ったら無言で咥えてくれた。
清楚なルックスとは正反対の唾液を大量に使う激しいフェラ。
溜まってた俺はものの数分で出してしまった。
すると、全部飲んでくれた上に、残った汁まで吸い出すように掃除してくれた。

いよいよ・・・と下着を脱がそうとすると、さっきまでの抵抗はもうなくなってて、お尻を上げてくれた。
脱がせるときに明らかに下着から糸を引いていて、マンコを触ると割れ目の外まで汁が漏れている。
手マンすると中はもうトロトロで、掻き回すたびに抱きついて激しく悶えてきた。
そんなJKを見て、一度萎えたちんこはまたそそり立ってきて、もう入れることしか考えなくなっていた。

「俺の上に跨がってみて」

そう言うと一瞬考えたような素振りのあと、意を決したように跨がってきた。
いわゆる対面座位で生挿入。
指ではあまりキツさなんかは感じなかったが、チンコだと思った以上に締まる上に、溢れんばかりのマン汁がちんこ絡まってくる。
奥まで入れると、抜き挿しなしでも気持ちいい。
出したばかりだというのに、動くと出てしまいそうなくらい高ぶってて、動かずにその体勢のままキスしたりしていると彼女が、「ヤバい、ヤバい」と顔を真っ赤にして悶えてる。

「何がヤバいの?」と尋ねると、「気持ちよすぎてヤバい・・・」と言われ、こちらのテンションもさらに上昇。

彼女は頭を振ってみたり、濃厚なキスしたり、こっちにしがみついたりと責め甲斐のある反応を見せてくれた。
結局、挿入してから30分ほど堪能して射精欲もかなり高まってきたんだけど、当然中出しはNGなので、「ホテル行ってもうちょっとゆっくりする?」と尋ねたら頷いたので、とりあえずそこでは出さずラブホへ向かった。

跨がってた彼女が俺から引き抜いてびっくりしたのが、ちんこが彼女の白濁したマン汁でべとべとになってたこと。
凄い女だなと内心思った。

当然、ホテルに行った後の話や、その後何ヶ月もの話もある。
書こうとは思ってるんだけど、覚えてることを全部詰め込んだから長くなりすぎたんで、とりあえずここまでで。

<続く>