涎の多い僕の彼女

この体験談は約 3 分で読めます。

僕には16歳の彼女がいる。
僕は彼女と同じバスケ部で、部活終わりに彼女と帰るのが日常だった。
部活終わりは彼女も汗びっしょりで、汗臭くて興奮して、自分の家まで連れて行った。
彼女には「話をしよう」と言って呼んだのだが、俺の顔色からエッチな雰囲気を察したのか、困惑した表情だった。

いきなりベッドに行くのはなんだと思い、飲み物を用意し軽く話した。

「今日まだ時間ある?」と聞くと、「うん」と答えたので、ついに俺は切り出した。

「俺としない?」

彼女はわかりやすく動揺して、見えていた胸元を隠した。

「だめかな?」と聞くと、興奮したのか彼女の口から涎が垂れた。

「やりたいんじゃないの?」

そう言って僕はフローリングの床に彼女を押し倒した。
彼女の口からまた涎が垂れた。
軽くキスをして、服を脱がせた後、おっぱいを揉み、匂いを嗅ぎ、乳首を舐め回した。

「あぁん・・・」

今まで一言も喋らなかった彼女の口から声が漏れた。

「気持ちいい?」

聞くと首を振った。
彼女のズボンを下ろし、濡れたパンツを触った。
そして匂いを嗅いで、「おしっこ臭いよ?」と虐めると、「臭くないよ・・・」と否定した。
こう書くと、僕だけが責めているように見えるかもしれないが、彼女も俺の背中に手を当てて、『舐めて』と言わんばかりに押してきた。

それからパンツを下ろして舐め回した。
彼女が涎を垂らして喘ぎ始めた。
見ているだけでイキそうになってきたので、無理やりモノをぶち込んだ。

「あぁああぁん!」

口の両端から涎を垂らして彼女は喘いだ。

「涎拭けよ」

「涎なんて・・・出てない!」

そんなのは無視してピストンの速さを加速した。

「あぁあああ、ダメ!」

バックに変えて突きはじめると、さっきよりも涎が出て、床が涎だらけになっていた。
10分くらいやっていると彼女も狂い始めたようで・・・。

「もっと!もっと責めて!まんこグチャグチャにして!!」

唾を飛ばしながら床を爪で引っ掻いていた。

「そろそろ出すぞ」

「いいよ!出して!精子いっぱい出して!」

中には出せないので1回モノを抜いて、自分でシゴいて彼女の背中にぶっかけた。
彼女は、「なんで抜くの!?」と本気で怒った。
頑張ってもう一度入れ直し、再びピストンした。
彼女の口から何本も糸を引いて涎が垂れていた。
汚れていく床を気にせずに喘ぐ彼女の姿は、まさにメスだった。

「もうイク!ダメ!」

彼女がイッた後、俺も2回目を背中に出した。
彼女は涎だらけの床に倒れ、そのまま寝てしまった。

しばらくして彼女は目を覚まして、「いきなり酷いよ・・・」と言ってきた。

「あんなに感じてたじゃん、床見てみ?全部お前の涎だよ?」

「えっ・・・やだ・・・」

彼女は慌てて涎まみれの床をティッシュで拭いた。

「あーあ、臭くなっちゃった」

僕は椅子に座って呑気に彼女を虐めていたが、心の中には罪悪感もあった。

「ごめんね・・・床掃除するから・・・すごい気持ち良くて・・・我慢できなかったから・・・」

「そんなに気持ち良かったんだ。じゃあ良かった」

最後は丁寧にファブリーズまでかけてくれて、僕も謝った。
その後も彼女とは何度かエッチをしたが、その度に床やベッドのシーツを涎で汚した。

タイトルとURLをコピーしました