覗き常習者の私が感動を覚えた、ある女優の放尿

この体験談は約 7 分で読めます。

今では完全に卒業しましたが、私は学生時代から数年間、覗きの常習者でした。
自分で言うのもなんですが、決して女性からモテないわけではなく、それなりに彼女もいました。
ただ、高校時代にひょんな事から同級生の着替えを覗いてしまい、その高揚感が忘れられずに覗きが癖になってしまったのです。

もう20年くらい前でしょうか。
とある首都圏近郊の有名観光地付近に有料トンネルがあり、その手前には休憩エリアがありました。
そこには売店などはなく、数台の自販機のみの淋しい所でしたが、比較的多人数が入れる綺麗なトイレと広い駐車スペースがありました。
高速道路を降りて観光地に向かうためにトンネルを通過する観光バスや、一般の観光客の休憩ポイントになっていました。
とは言っても売店もないため、多くの人で混み合うことはほとんどなかったと記憶しています。

私はそこのトイレを覗きポイントとしていました。
トイレと自販機との距離は約50メートル程で、休息する人達は自販機付近に車を停車させることが多かったと記憶しています。
そして私はトイレの前に車を停めて待機するのです。
車には黒のフィルムを張ってあり、根気よく獲物を待つのです。

その休息エリアにカップルが入って来ると、大抵の男性は自販機でコーヒーを買ってタバコ休憩し、そして大抵の女子はトイレに寄りました。
そのトイレは表の入口は男女同じで、中でそれぞれ分かれる造りになっていました。
トイレ棟の入口には透明なドアがあり、5メートル進むと突き当たり、そこから男女それぞれに分岐します。

女子用の便器は、手すりの付いた洋式が1個と和式が4個で全部で5個ありました。
和式トイレは全て横向きに設置してあり、前の個室の仕切りの隙間から覗くとマンコが、後ろの個室に入ればお尻の穴が丸見えです。

当時は当然防犯カメラなんてなく、この趣味を持つ私には最高のポイントだったのです。
また、時代的に誰が使ったかわからない洋式便器を敬遠する風潮があり、ほとんどの女性が和式トイレを利用していました。

車から若い女性が降りて歩いて来るのが見えると、先にトイレに侵入し、一番手前の個室に入って待ち伏せし、入って来た女性の放尿を覗きまくりました。
また、観光バスに若い女性の姿が見えれば同様に侵入しました。
この方法で数多くの女性の放尿を覗きました。
土日や祭日はもちろん、行楽シーズンなどは平日も待ち伏せしました。
また、春や夏の平日は大学生が多く、それはもう女子のマンコが大漁の状況でした。
若い女性なら無差別に覗きまくり、数百人、いや数千人のマンコや尻の穴を見ました。
その中には2人ほど、知人の女性もいました。

マンコ、マンコ、マンコ。
放尿、放尿、放尿。
たまに脱糞。

これを繰り返していると、不思議なことに、そこら辺の普通の女性のマンコを見ても全く意味はないと思うようになり、全く興奮しなくなってしまいました。
特にある日、女性の尻側から覗いている時、尻の穴からいきなり凄い勢いで下痢便が噴き出してからは、一気にやる気をなくしました。

ただの女たちに幻滅した私は、やがてじっくりと構えて上玉だけを待ち伏せし、その放尿のみを覗くようになりました。
フィルム貼りの車内から降りて来た女性を双眼鏡で確認し、これだっ!と思う女性を見つけると、私が先に入って一番手前の個室に入って待ち伏せ。
微妙な感じの場合は前を通りすぎる時に姿を確認して判断しました。
合格ならば彼氏に注意しつつ後を追ってトイレに侵入しました。
日によっては何十人、いや何百人の中から選んだ結果、まる1日粘って僅か1人だけということもありました。
しかし、罠にかかれば百発百中。
当時はネットも普及してない時代だったので、覗きに関するニュースなど皆無の時代でした。
ですから、どんなにいい女でも警戒心は非常に薄く、パターンにハマって罠にかかってしまえば、完璧に私に放尿を覗かれてしまっていたのです。

そのようなパターンで覗きを数年間も続けていると、滅多にお目にかかれない超美人に遭遇することもありました。
そして、その中の一人に、美しい芸能人がいました。

そろそろカミングアウトしてもいいでしょう。
それは5月のある日だったと思います。
5月でしたが、かなり暑い日だったと記憶しています。
午前10時くらいにポイントに到着し、いつものようにトイレの前でスタンバイ。
しばらく待ち構えていると、“一発合格”の女がやって来たので、いつものようにトイレに先に入って放尿を覗きました。
そして、そそくさと早めに切りあげて車に戻ろうとしたとき、トイレの外でワイワイガヤガヤ。
なんと若い女性の集団が来てしまったのです。
若い女性とは言っても、顔もわからないのにマンコだけ見ても意味はありません。
その集団はバス数台で来ていたようで、なんと30分以上も集団でのトイレが続きました。
私が入っている個室は何度もトントンと叩かれるし、生きた心地はしませんでした。

ようやく集団が去り、(もう今日は懲り懲りだ。陽気がいいから人が多すぎて大変だよ)と思い、撤退しようとしたのです。
そして、トイレ棟から出て一息ついていたその時です!
突然、ボボボボーと爆音が響いたと思ったら、真っ赤なフェラーリが入って来ました。
それも大改造を施して派手な外装をした凄いフェラーリでした。
もちろんカップルで乗っています。
そして他の車と同じように少し離れた所でこちら向きに停車。

(こっ!これはっ!)

慌てて車内に戻り双眼鏡で女性を確認すると、物凄くいい女が右側の助手席に!
その女はしばらく車に乗っていたのですが、停車して5分後くらいでしょうか、低い車体からやっと姿を現しました。
薄い紫色の上着にスカーフを肩にかけてスカートは白のフレアー、髪はやや茶色く長くスレンダー。
細い脚にハイヒールを履き、顔も小さい超美人でした!
他の女たちとは全く異なるオーラを放っていました。
最初は、(銀座辺りの高級ホステス?)と思っていました。
男の方は白のスラックスに白のジャケットというキザな格好で、いかにも不動産王って感じの男でした。

(来るのか?入るのか?)

もう心臓はドキドキ。
こんな高揚感は久しぶりでした。
そわそわしながら待ち構えていると、突然、超美人がクルッと振り向き、シャナリシャナリとこちらへ歩いて来るではないですか!
普段ならこのタイミングで先にトイレ入るのですが、その時は緊張のあまりなかなか足が動きませんでした。
私の車の前を通りすぎる超美人。

凄いよ!凄い美人だよ!
まるで女優さんかモデルさんみたいだ!
・・・いや、どこかで見たような感じがするぞ?
とにかく超美人だ。
早くいかなければチャンスを失う。
どうする?行くか?
なぜか脚が動かない!

成金風の彼氏が気になり、車の方に目をやりました。
超美人の彼女が1人でトイレに入ろうとしているというのに、全く気にもせずフェラーリを眺めています。
なんという警戒心のなさ。

(今だ!)

私は、カチカチとヒールを鳴らしながらトイレ棟に入って行く超美人の後を追って侵入。
超美人は女子トイレへ。
私は一旦男子トイレに行く振りをして再び共用部へ。
後から誰も来ないことを確認すると、チャッチャッ、ガタンカチャッと、個室に入って鍵を掛ける音。

(今だ!)

女子トイレに侵入しました。
すると、前から2番目の個室のドアが閉まっていたのです。
滅多に遭遇しない超美人の放尿を覗けるのか、だんだん疑心暗鬼になりました。
心臓をバクバクさせながら、勇気を出して個室の仕切りと床の間に顔を付けて中を覗きました。
すると、和式便器を跨ぐ、ピカピカした艶のある高価そうなハイヒールが見えたのです!

カサカサカサ・・・。

服を脱ぐ音。
そして数秒後、何も身に付けてない下半身が上から下りて来たのです!
便器を跨ぎ、M字に開脚された裸の下半身の中心には黒々とした陰毛が茂っており、さらにその中心にはアワビのように割れてビラビラを纏った綺麗なマンコがありました。
そして、そのマンコの中心から、シャーッと飛沫をあげながら勢いよく尿が飛び出してきました。
その尿が飛び出しているマンコのマン毛の量は普通なのですが、土手の両側は無毛で比較的綺麗な生え具合。
マンコの色は、アワビのようなビラビラなどはやや茶色でしたが、おおむね綺麗な色でした。

超美人はオシッコが溜まっていたのか、かなり長い間放尿を続け、無毛の大陰唇と、その上の恥骨に生える長い陰毛を伝って、チョロチョロとオシッコが滴り落ちていました。
フェラーリの助手席に乗る超美人の、あられもない姿をバッチリ覗くことができたのです。

やっと放尿の勢いが落ちてきたので、慌てて私も前の個室に入り、鍵を掛けました。
そして再び隙間から覗くと、カラカラッとトイレットペーパーを巻き取り、マンコへグイグイっと押し付けると、ポイッと便器へ落として超美人は立ち上がり、水を流して個室から出て行きました。

(ああ・・・!凄い女のマンコを見てしまった・・・)

余韻に浸っていると、人の気配。
まだ女子トイレ内に超美人はいるようです。
個室の仕切りの下から洗面所の方を見ると、なんと美しい後ろ姿、細い脚。
対面の鏡に顔が写っている!
超美人はファンデーションを直したり口紅を塗ったりしていました。
そして、その顔をよく見ると・・・。

あれ?
この超美人は女優のあの人じゃないのか!
似ている似すぎだ!
再び心臓は心拍数を高め、私は信じられない気持ちになりました。
そうこうしていると超美人は出ていったので、私は速攻でオナニーしました。

全身の力が抜け、余韻に浸ってトイレ棟を出ると、先程の場所にまだフェラーリが!
そして超美人もフェラーリを眺めて成金風の彼氏と話をしていました。
私は自販機に行く振りをして、勇気を出して接近してみました。

「凄い車ですね」と話し掛けると、成金風の彼氏が「ありがとう」と返事。

その時、超美人の彼女を見ると、こっちらを見てにこっと微笑み、目が合いました。

間違いない!この人は・・・。
女優の◯◯◯◯さんでした。

美人女優さんは凄いオーラを撒き散らしていましたが、こんな超美人にもマンコがあり、放尿をするのですね。
当時はネットも普及しておらず、まともな防犯設備もなく、トイレは和式が多く、警戒心も薄い時代でした。
そのような時代でしたから、どんなにいい女でもパターンにハマってしまえば恥ずかしい部分を見ることが可能だったのです。

その女優さんは当時、つまり若い時はドラマで妖艶な女子大生役をやってました。
いまだに通販のコマーシャルやちょっとした番組に出ている美魔女です。
って言えば、わかる人にはわかるかな?