元スッチーの同僚の寝姿にムラムラして

この体験談は約 4 分で読めます。

社員旅行の宴会でしこたま飲んだ。
後輩だけど年齢は上の同僚(元スッチー。顔は長谷川京子似、以下『京子』)も、いつものように飲んでいる。
自分の部屋に帰ってからも持参のワインを5人で飲んでました。
俺と京子の他に同僚が3人(男A、男B、女C)。
俺と京子は以前にもワインの話で盛り上がり、今回の社員旅行に持参するくらいのワイン好き。
ま、旅行に持っていく程度なので高いワインではないが、そこそこ飲めるワインを持参していた。
他の人は普段はあまりワインは飲まないらしく、珍しがって飲んでました。
宴会から勢いがついてる俺と京子はワインもがぶ飲み。
4、5本あったと思うが、ほとんど俺と京子で飲んでたなw

夜も更けて、いつもならもう一度風呂入ってから寝るんだけど、あまりにも泥酔していた俺と京子。
周りはどうやら風呂に行ったようだが、俺らは置いてけぼりで布団に寝かせられたようだ。
しかも男部屋に京子は置いていかれ、なぜか俺と一緒の布団に寝ている。
人数オーバーだからなんだろうけど、酔っ払いの男女を一緒に寝かせる同僚もどうかしてる。
しかし、泥酔している俺はあまり気にもせずそのまま就寝。
夜中に気持ち悪さに目を覚まし、トイレに直行。
久しぶりに吐きましたよ&泣きましたw

歯磨きして布団に戻ると、そこには京子が。
他にも同僚が寝ているんだが、急にムラムラする俺。
とりあえず黙って布団に入りました。

京子はブラウスにスカート姿で俺の真横で寝息を立てて熟睡中。
ムラムラ来ている俺は(酒飲むと欲情するよな)どうやって悪戯してやろうか思案したが、酔っ払ってるため、あれこれ考えるのが面倒くさい。

いきなり服の上から胸に手を置いてみた。
しかし、特に反応はなし。
大丈夫そうなので、軽くモミモミ。
うーん、服の上からだと感触がいまいちだ。

やはり直接触りたいが、胸は無理そうだし、ここは無防備な下半身(スカートなので)へ方向転換。
スカートを慎重に(といっても酔ってるんで、たぶんそんなに慎重ではなかったと思う)捲り、生パンに手を這わす。
やはり胸とは違い、手に女の柔らかい感触が。

俄然やる気になってきた俺。
ゆっくりとおまんこ辺りを撫でてみる。

「うーん・・・」

多少反応があったが、相変わらず泥酔している模様。

(これはいける!)と、さらに調子に乗る俺w

大胆になってきた俺はパンツを横にずらし、生おまんこを触るべく指を這わしてみる。
指にヘアの感触を感じながら、目的の秘部へ指を進める。

が、当然といえば当然か。
おまんこは固く閉じられ、まったく湿り気さえ感じられない。

ちょっとがっくり来た俺は、なんとか京子を感じさせてやろうと頑張った。
まず自分の指に唾をつけ、京子のクリちゃんであろう箇所にゆっくりと湿り気を与えていった。
パンツを横にずらしただけとはいえ、全開になったおまんこのクリを刺激するには十分だった。
次第に潤いだしたおまんこに興奮した俺。
今度はおまんこを左右に開き、指を挿入することに。
潤ってきたおまんこは俺の指をなんとか受け入れてくれ、軽くならピストン運動もできるくらいになった。
時折、京子から艶かしい声はするが、抵抗は見られない。
しかし泥酔している京子は、やっぱりいまいち反応が悪く、俺は気分が盛り下がってきた。
すぐ隣には同僚も寝てるのでさすがに本番は出来ないまでも、もうちょっと盛り上がりが欲しい。

そこで俺は思い切って京子のおまんこを舐めようと、ちょっとずつ体を下にずらし、下半身方向に移動することに。
周囲に気づかれないように慎重に移動し、とうとう京子の秘部へ到着。
そこにはだらしなく広げられたおまんこがあるはずだが、暗くてよく見えない・・・orz
しかし、ここまできたらミッションを完了しなくては。

俺は薄暗い中、ゆっくりと京子の秘部へ顔を近づける。
泥酔して寝ている京子のおまんこ。
当然汗臭さやおしっこ臭等を覚悟(期待?)していた俺だが、京子は見事に裏切ってみせた。
まったく臭くなくし、エロい匂いもしていない。
うーん、本当に泥酔しているんだなw

エロい匂いを期待していた俺は拍子抜けしたが、しかしここで止めるわけにはいかない。
目の前にあるであろう京子のおまんこに思い切りよく吸い付いた。
普段の姿を妄想しつつ舐める京子のおまんこは俺の征服欲を満たすには十分だった。
しかし、あまり音を立てるわけにもいかず大人しいものだった。
が、このシチュエーションに興奮している俺は痛いほどチンポが勃起していた。

まさか挿入はできないので懸命に京子のおまんこを舐め、その柔らかい感触を十分記憶に収めたのち、俺は風呂に向かった。
その後は自家発電・・・。
すっきりした俺は心地よく京子の横に寝ましたw

翌朝、何事もなかったように話す俺と京子。
たぶん、バレてはないと思う。