ゼミで一番可愛い子のセックスが覗き放題

この体験談は約 7 分で読めます。

大学時代、ゼミで一番可愛い女の子が近所に住んでて、夜な夜な自転車で通ってた。
彼女は香川出身で、今だと佐々木希をちょっと大人しい感じにしたような子。
身長は160センチくらいでスタイルは良かったけど、脚か股関節に持病があって、疲れると足をほんのすこし引きずるようなところがあった。
卒業後は京都の老舗企業に勤めて、今は二児の母親。
今も付き合いはあるけど、もちろん大学時代のことは内緒。

部屋では毎晩マッサージをしていて、彼氏が泊まりに来ている夜には、彼氏がマッサージしながら、そのまま太ももにキスしだしてエッチになだれ込むこともあった。
成績も良かったし、明るくて友達も多かったし、お酒は弱かったけど酔っても騒いだりしなかった。

部屋は2階だけど、高低差のある場所に建ってるアパートだったんで、裏手に回ると1階の部屋と同じように部屋と地面が同じ高さ。
ベランダとかなかったんで、ワンルームの窓と出窓みたいなところから覗けた。
窓の外は1メートル先は崖みたいな感じで、窓と崖の間は普通に歩ける。
それで、窓の外は崖という安心感からか、結構無防備にレースのカーテンしか閉めてないことがほとんど。
出窓に至ってはブラインド半開き。

見つかると逃げ場はないんだけど、人が入ってくる場所じゃないから、本当に夜な夜な通った。
変なとこ几帳面だから、手帳に下着のローテーションを書き込み、生理の期間や就寝時刻、外泊の日付などを記録した。

風呂上がりの姿や無駄毛処理なども見たけど、一番興奮したのは彼氏との秘め事。
彼女に彼氏ができたのが2年の夏休み明け。
それから別れる1年半くらいは見させてもらった。

彼氏はサークルの先輩で、バイトの関係なのか、彼女の部屋に彼氏が来るのは火曜の夜と金曜日の夜。
そのまま泊まって土曜はデートというパターン。
火曜はやるだけやって帰ることがほとんどで、ある意味で効率は良かった。
確か夏休み明け3回くらいは、部屋に来てもキスして抱き合ったり、彼氏が迫ってもやんわり断る感じだったな。

部屋は角部屋で、窓のすぐ横にベッド、足元の斜め方向に出窓。
ワンルームだから玄関とトイレ以外はほぼ見えて、風呂に入るための脱衣も廊下でするから見えた。
秋や春は網戸にしてると会話も聞こえるし、夏休み前の3回くらいは少し窓が開いたままエッチしてるから、手マンやフェラのクチュクチュ音まで聞こえたこともあった。
一度、何人かで彼女の部屋に行ったことがあって、これは!と思って通い続けた。
先輩と付き合いだしたと聞いてからは、いつ来るかいつ来るかと楽しみで。

初めてエッチを見たのは10月だったと思う。
いつも帰宅する時間より遅く、飲んで帰ってきた2人は、部屋で水を飲んで少し喋ってキス。
彼氏が彼女をベッドに乗せて、さらにキス。
オーソドックスに首筋やら耳やらキスをしながら薄手のセーターを脱がせて、ブラが地味なベージュだった。
窓があるとはいえ2人と僕の距離は1メートルくらい、部屋の明かりは点いたまま。
ブラの模様まで見えたし、彼氏が舐めた乳首が光ってるのもわかった。
いよいよ始まる!と興奮して心臓はドクドクしてんのに、なぜか勃起はしなくて、意外と冷静に観察してた。

やがて、僕から見て彼女が手前、彼氏が向こう側に寝て愛撫が始まる。
ちなみに彼氏は左利き。
色白な彼女の乳首は薄いピンクで、(うわ!ピンクだ!)って感動した。
そこからは布団を被って下半身への愛撫に移ったので、ほとんど彼女の顔を見てた。
彼氏と2人の時の表情も普段とは少し違う感じだったけど、エッチが始まると顔は赤くなって、声を出さないように我慢してる感じだった。

スカートを脱がされ、セーターを脱がされ、ブラを外し、ストッキングと下着が丸まった状態で投げ出され、布団がもぞもぞ。
すると彼氏が布団からガバッと出て、シャツを脱いだ。
慌てて足元の方に移動すると、彼女の下半身が丸見えに!
狭い範囲に黒々と固まったヘア。
両足を閉じようとしても間に彼氏がいるので閉じられず、クネクネしてるうちに彼氏がクンニ。

「ハァッ!あぁっ!」

高い声が窓越しでもしっかり聞こえた。
胸を触ったり、脚を撫でたりしながら、彼女が手で彼氏の頭を押して離すまで、しばらく舐め続けていた。
そして布団を全部捲って、寄り添ってキス。
その後、何回もエッチを見たから、他の時は詳細に覚えてないけど、この時は今でも脳裏に焼き付いてる。
キスして彼氏が何か囁いて、彼女が恥ずかしそうに笑ったときの表情とか、彼女の方から抱きつきにいって、いきなり激しめに指で攻められた様子とか。

彼氏はベッドから下りてカバンからゴムを取り出すと、トランクスを脱いで装着。
かなり細いけど長さはあった。
他人の勃起したモノを近くで見るなんて初めてだったから、妙にドキドキした。
抱き合ってキスをして、正常位で挿入。
彼女は目を閉じて、動き出すと、「あ、あ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ」と小さな喘ぎ声。
時々彼氏がキスで口を塞ぐ。
それで2分か3分で彼氏が激しく腰を振ったかと思うと、「あぁっ!ごめん!」と叫んでフィニッシュ。
僕はエッチの時に声をほとんど出さなかったから、いきなりの叫びにもびっくりした。

しばらく彼氏がかぶさるように抱き合ってから、ゴムを外してゴミ箱に捨て、布団に包まった彼女にキス。
5分くらいキスしたりイチャイチャしたあと、彼女が促して彼氏がシャワーに。
ここで自分が完全に勃起してることに気が付いて、落ち着くために抜いておこうとズボンから取り出した直後に射精・・・。
アパートの壁にべっとり飛ばしてしまった。
若いから勢いがあったね。

彼女を見ると、ベッドの上に座って下着を手に、たぶん濡れ方を見ているところで、その下着を穿いてセーターだけ着て、彼氏と入れ違いでシャワー。
彼氏は服を着て玄関へ。
身を潜めていると煙草の臭いが微かにしてきた。
この夜は、そのまま電気が消えて、2回戦はなく終了。

でも、一線を越える前と後では彼女の表情とか距離感が変わったような気がした。
自分と比較して、(意外と短時間なんだな。最初だから興奮したのかな?彼女がすごい名器だったりして・・・)とか考えたけど、その後、基本的に彼氏が早漏気味だということを知ることになる。

今から思えば、(なぜ盗撮しなかったんだろう?)と思うくらい好条件の場所で、対象はよく知っている友達で、しかも美人。
あれから色々見たけど、あんな興奮したことはない。
ちなみに、帰宅するとノートにその日のプレイ内容や時間を記録するのが日課になった。
もうノートは捨てたけど、50回以上は見てたはず。

寝る前に流れで2回戦とかじゃない場合は、ほとんど電気を点けていたのも恵まれてた。
真冬に待機し続けて、最終的に窓が曇って見えなかったこともあったし、夏休みの帰省から戻った直後の久しぶりのエッチで、生で中に出してしまって、ケンカになったのを見たこともあった。
別れて泣いてるところも見たけど、内心(新しい彼氏ができたら、また見えるかな)とか考えてたなぁ。

2回目に覗いた時の話。
最初のエッチが金曜の夜で、たぶん次の金曜だったと思う。
いつもより遅く10時くらいに行くと、もう彼氏は来ていて、食事をしているところだった。
30分くらい食事をして、さらに小一時間テレビを観て、彼氏が先にシャワー。
トランクスだけで出てきて、次に彼女。
長袖シャツにハーフパンツで出てきて、髪を乾かしたりしているうちに午前1時すぎ。
彼氏が何か声を掛けて、彼女がニコッと笑って、彼氏のいるベッドへ。

「電気消して」みたいなやりとりのあと、結局明かりはそのままエッチスタート。

布団も掛けないまま、抱き合ってキス。
舌を絡ませているところや、彼女が彼氏の鼻をペロッと舐めるところも見えた。
レースのカーテンは大きめの模様の隙間から、かなり透けて見えたし、裾が布団に当たると隙間ができたりしたので、直接見えることもあった。

彼氏が上になって首筋や耳を舐め、シャツを捲りあげて胸にキス。
バストのサイズは小ぶりだけど、とにかくピンクの乳首が印象的で、彼氏が舌先だけでペロペロすると彼女はビクッビクッってしていた。
そのあと腋の下を舐めた時には、彼女が、「だめぇ!いやぁ!もぅっ!」と笑いながら照れて拒否。

彼氏がどのタイミングで脱いだのかは忘れたけど、(クンニの前にフェラさせるんだ!)って思ったのは覚えてるから、このへんのタイミングだったんだと思う。
彼女に「できる?」とか「してくれる?」みたいな感じで声を掛けて、彼女が布団を被って仰向けに寝た彼氏の下半身へ。
モソモソ布団が動くのを見るだけでドキドキした。
彼氏は目を閉じて、聞こえないけど時々声も出ているみたいだった。
たぶんフェラをしていた時間は5分もなかったけど、布団を捲った時に彼女の口元に勃起したのがあって、彼女が照れ笑いしてるのを見て興奮した。
大学では絶対見せない表情だったし、真面目というか、ノリは悪くないけど大人しめの彼女が、当たり前のようにフェラをすることに少なからず衝撃を受けた。

(そりゃ・・・するよな・・・)とわかっていたけど、やっぱりね。

そのあと彼女を寝かせて、ピンクの下着を脱がせてクンニ。
この時は音も聞こえて、彼女は両手で顔を隠しながら「あっ!ひゃっ!」みたいな声が聞こえてきた。
男の声はぼんやり聞こえるだけだけど、高い女性の声は意外と聞こえた。
それでガラスに耳をピタッとつけると、かなり明瞭に聞けた。

彼氏はクリを中心に刺激していて、顔を外した時にあそこがはっきり見えた。
色は濃いピンクで周りは意外と濃い目に毛が生えていて、それが唾液でぐっしょり。
彼氏は指を入れながら足の指先を口に含んでた。
どうも足が好きみたいで、のちのち彼女も彼氏の足の指を舐めたりするようになる。

前と同じように彼氏がゴムを取り出して着けて、抱き合いながら正常位で挿入。

「あぁっ!あぁん!あぁん!」って声が、だんだん「あっ!あっ!あっ!あっ!」ってリズミカルになって、彼女が顔を隠すたび彼氏に手をのけられていた。
この日も体位を変えることなく、あれ?ってくらいの短い時間でフィニッシュ。
ちょうどガラスに耳をつけていたので・・・。

「◯◯!(名前)、イクよ!イクよ!あああっ!・・・ハァッハァッ!ごめん、我慢できんかった」

「んー、いいよぉ(ニコッ)」

ってのが聞けた。
先輩相手にタメ口で、なんとなくお姉さんっぽい口調になっていて、それにも驚いた。

初めから終わりまで30分くらい。
あっさりしてたけど、当時は大興奮だったし、この日も僕はアパートの壁にフィニッシュした。