天然で不思議ちゃんな姉の乳首をベロベロ治療

この体験談は約 7 分で読めます。

僕の姉はちょっと天然で、不思議ちゃんのケがあります。
この間はこんなことがありました。

「ちょっと◯◯、来て。手伝ってくれる」

隣の部屋から僕を呼ぶ姉。
ゲームを中断して渋々姉の部屋へ足を運びます。
ドアを開けると・・・。

「えぇっ!姉ちゃんっ!何やってんの?」

姉はなんとスクール水着を着ていたのです。
それも上半身を肌蹴た状態で・・・。

「最近さ、乳首が水着の上からでも分かるようになっちゃったから、ちょっと工夫しようと思ってこうしてみたんだけど・・・」

向こう側を向いていた姉がクルリとこっちを振返ります。
同時に姉のバストがブルンと躍動します。
姉のオッパイを見るなんて久しぶりのことです。
最後に見たのは姉が小学生の頃だから、5年ぶりくらいか。

(随分大っきくなったなぁ・・・)

などと感心しながら姉のバストに見惚れていましたが、どうやら様子がちょっと変です。
目を凝らしてみると、姉のオッパイの中心、つまりは乳首の部分に何やら貼ってあるみたいなんです。

「姉ちゃん。何それ?ガムテープじゃん?何でそんなことしてるの?」

「だから言ったでしょ。乳首が水着に透けちゃうから工夫したって」

「姉ちゃんっ。そういう場合はアレだろ?確かニップレスってのをするんじゃないの?」

「だって勿体無いじゃん。わざわざお金出して買うの」

「そ、そりゃそうかも知れないけどさ。で、何?なんで俺のこと呼んだの?」

「ちゃんとできたかどうかチェックしてもらおうと思って」

そう言うと姉はスクール水着の肩紐をバチンッと嵌めました。

「見てっ。どうかしら?大丈夫?乳首透けてない?」

「・・・うん。大丈夫だとは思うけど。でもなんだかガムテープの角ばった感じが分かって変だよ。それにさ、ガムテープを直にそんなとこに貼ったりしていいの?」

「あ・・・。やっぱしヤバいかな。これ?」

そう言って姉はスクール水着の肩紐を外しました。

「ちょっと取ってみる・・・」

姉は乳首に貼り付けたガムテープを剥がそうとします。

「い、痛ーーぃっ!」

「ほら、言った通りだろ!姉ちゃん、ケチケチしないで、ちゃんとした製品を買った方がいいって」

「わかったよ・・・。んもう。でもコレ、どうしよう」

「ゆっくり剥がすしかないだろ」

「じゃあ◯◯も手伝ってよ」

「ちっ。しょーがねーなー。まったく」

僕はそう言いながらもドキドキしていました。

(姉ちゃんのオッパイに触れる・・・)

「ちゃんと優しくしてよねっ!女の子のデリケートな身体なんだから」

「分かってるよ、うるせえなあ。それが人にものを頼む態度かよ」

僕はそっと姉のバストに手を伸ばします。
緊張で手が震えます。

「あ。何?◯◯。手、震えてるよ。どうしたの?分かった!お姉ちゃんのオッパイ見て興奮してんでしょ?」

「そ、そんなわけないだろっ!誰が、姉貴なんかのオッパイで興奮するっていうんだよ!」

言葉とは裏腹に、もう僕の心臓はバックンバックンでした。
震える手を姉の乳首に伸ばし、ガムテープを剥がします。

「ヒッ、い・・・イタッ・・・」

「姉ちゃん、ちょっとだけ我慢して」

バリバリ・・・バリバリバリ・・・。

ようやく1枚が外れました。

「大丈夫?姉ちゃん・・・」

「ッんん~~。なんとか大丈夫・・・。もう片方も頼んだわ」

ベリ、べりべりべり・・・ぺこっ。

「ふぅー。取れたぜ、姉ちゃん」

「ッッーー。はぁあ~~。アリガト、◯◯。もう懲りたわ。次からはちゃんと買ってくることにするわ」

「うん。そうした方がいいぜ。じゃあ、いいかな?ゲームの途中だからもう行くよ」

もうちょっと姉のオッパイ&スク水姿を堪能したくもありましたが、いつまでも姉の部屋にいるわけにもいきません。

「あ、ちょっと待って。んん・・・。なんだか痛いの・・・。ここがヒリヒリして・・・」

姉はバストを下から抱え込むようにしてオッパイをチェックしています。

「◯◯。ちょっとアタシのここ、どうなってるか見てくれる?」

そう言って姉はバストを僕の目前に差し出すのですっ!
僕は平静を装って姉のバストに近づきます。

(うはぁ。姉ちゃんのオッパイに急接近だあ!)

姉の乳首は赤く腫れあがっているように思えました。
っていうより、姉の普段の乳首がどういう色で、どういう状態なのか知る由もない僕にとっては、なんとも判断を下すことができません。

「ね、姉ちゃん。なんだか赤くなってるみたいだけど痛いの?」

「うん。ヒリヒリする・・・」

「何か薬を塗ったほうがいいんじゃないのかな?僕もわかんないよ」

「そう・・・。でも薬を塗るだなんて、なんだか怖い・・・。だって女の子の大事な部分なのよ」

「よく言うよ。その大事な部分によりにもよってガムテープを直貼りしたのは他でもない姉ちゃんだろう?」

「うん。失敗だった。反省してる・・・。でさ、◯◯・・・。お姉ちゃんからお願いがあるんだけど」

「またかよ。今度は一体なんだよ?」

「お姉ちゃんの乳首、舐めてくれる?」

「ええっ!?何言い出すんだよっっ!姉ちゃんッッ!」

「小さい頃、よくやったよね。◯◯が転んで怪我した時とか、お姉ちゃんが舐めてあげたじゃない?それ、して。薬なんかよりずっと安心だよ」

「で、でも。本当にいいの?お姉ちゃん?」

「うん。◯◯だったらいいわ。だって弟だもん、◯◯は。弟だからお姉ちゃんに対して変な気持ちになったりしないよね?」

「変な気持ちになんかなるわけないだろ」

「じゃ、お願い。はい。優しくだよ・・・」

そう言って姉はまず片方の乳房を持ち上げ、僕の前に差し出しました。
僕はゆっくりと顔を近づけ、姉の乳首に唇を当てます。

「・・・ぁ・・・っっ・・・」

姉の吐息が漏れます。
僕は慌てて口を外して姉に聞きます。

「姉ちゃん?痛かった?」

「うぅん。大丈夫。続き・・・して・・・」

今度は乳首だけでなく、乳輪全体も含むようにします。

かぽ。

そして舌を伸ばします。

ちろ。

姉の反応を見て、ゆっくりと舐めます。

「んんっ・・・、んぁ・・・」

(痛いのかな?姉ちゃん)

僕は姉の乳首を舐めながら上目遣いで姉に確認を取ります。
姉は痛みをこらえている様子でしたが、僕と目が合うと小声で囁きました。

「大丈夫・・・。平気だから続けて・・・」

それまでは舌先だけでチロチロと舐めていましたが、姉の要請を受け、僕は舌全体で姉の乳首を楽しむ、もとい治療することにしました。

ちろちろ。
ぺろっぺろぺろぉ。

僕の唇治療は続きます。
5分くらいしたところで姉が言いました。

「んん。じゃ今度はこっち側、お願い・・・」

もう片方の乳房を抱えて僕に懇願します。
姉の目が、気のせいか潤んでいるように見えます。
もう一方の乳首も丹念に舐め上げます。

ちろっ、ちろちろ。
ぺろっぺろぺろぉ。

姉の乳首をもう10分以上舐めている僕・・・。
なんだか赤ちゃんになっちゃったみたいな気分になりました。
と、その時、僕は姉の乳首の異変に気が付きました。

(か、硬くなってるっ!姉ちゃんの乳首がっ!姉ちゃん、もしかして感じてるの?)

「んんっ・・・、んぁ」

姉の声は、もはや痛さに耐えるものではなく、喘ぎ声に変わっていました。
僕は姉の乳房から口を外し、姉に聞きます。

「どうしたの?お姉ちゃん・・・痛いの?」

「んん?・・・っっはあぁ・・・。え?・・・ぁぁん、だ、大丈夫。痛くないわ・・・。もっと続けて・・・。お願い、・・・◯◯・・・。っっ・・・」

「お姉ちゃん、どうしたの?様子が変だよ?」

「っっ、・・・、ど、どうもしてないわ。いいから続けてっ!◯◯っ!」

「続けてもいいけど・・・お姉ちゃん?実は感じてるんじゃない?違う?」

「ば、バカ言わないでっ。◯◯ッ!どうしてよ?どうしてアタシが感じなきゃいけないの?これは治療なんだからっ!傷ついたオッパイを舐めて治してもらってるだけなのよ?しかもアナタは弟なのよ?弟に乳首舐められて姉であるアタシが感じるわけケないじゃない?何言ってるのよ、◯◯!」

「ふーん。でも姉ちゃん、治療っていうんだったら、もういいんじゃないかな。もう10分以上やってるぜ」

「もうちょっとよ。もうちょっとやれば、イケそ・・・。ち、違うわ、完全に治りそうなの。だから、ね。お願い、◯◯」

「ふーん、なんだか怪しいな。正直なところ、どうなの?感じてんだろ?姉ちゃん?」

「いい加減にしてよ!そんなことどっちでもいいから!お姉ちゃんの言う通りにしなさいっ!早くぅ!早くしてっ!◯◯!」

まったく・・・。
姉は昔からいつも自分が不利になると、無理やり自分を押し通すところがある。
ま、いっか、僕だって十分楽しんでるわけだし。
僕は再度乳首を舐めることに。

ぴちゅ。
ぺろっ。

(うは。さっきより硬くなってるじゃん。姉ちゃん、待ちきれなかったんだな・・・)

僕は口だけでなく、両手を使って姉のバストを愛撫することに。

「あぁぁんんっっ!」

僕は姉の左の乳首を吸い、右手で乳房を捏ねくり回します。
空いた左手では姉の右の乳首をクニクニと弄ります。

「んんんっ!!もうぅっっ!もうぅう!もっとよおぉおっ!」

完全に性感スイッチの入ってしまった姉。
僕もそれに応えてラッシュをかけます。

れろぉおっ!
れろれろれろぉおおっ!

「あぁんんんっ!うぅううんんっっ!イヤァぁあァっっ!!」

姉の感じようは半端ありません。

(姉ちゃん?オッパイだけでイッちまうのかよっ?)

「んんーーーっ!!イイッッ!!イイのおぉおっ!アタシ!アタシぃぃっ!!駄目っ!ダメぇえっ!だめーーーっ!!」

姉の頂点が近づいて来ました。
僕は顔を左右に振って両乳首を連続に舐め回します。
姉の乳首へ、必殺の口唇デンプシー・ロールッ!!

「イヤぁっッッ!!どこ?どこぉおっ?あぁあんんっ!イヤぁ!ダメ、駄目ぇ、それ、だめーーーっっ!弟のくせにィ!そんなことダメなんだからぁあ!もうっ!イヤぁあ!」

姉の身体がワナワナと震えています。

(イクんだ・・・。姉ちゃん、イクんだ!僕の愛撫で姉ちゃんをイカすことができる!)

僕はとっても嬉しくなり、さらに激しく舌攻撃します。

「アアッアン!!!イクっ!イクゥゥウッ!もうっ!!イクんだからぁあ、アタシ!!アァーーンッッ!!いやあぁーーーっ!!」

ビクンビクンと何度も脈動する姉の身体・・・。
僕は姉の上半身をきつく抱き締めます。
僕の鼻腔に充満する姉の匂いっ!
僕の体にもたれかかってくる姉!

「はぁっ、・・・、はぁっ、・・・」

僕はもう一度思い切り姉のことを抱き締めます。
姉の手も僕の首に回ります。
5分くらいそうしていたでしょうか。
ようやく僕らは体を離しました。

「はぁあっ!◯◯の唇、とっても気持ち良かった!これでアタシの乳首の傷も治るねっ!ありがとうっ、◯◯っ!」

「ふうっ。姉ちゃん、もう懲りたろ。今度からはこんな無茶すんなよ」

「うん、わかったわ。でもさ、アタシお肌ってデリケートみたいだから、ニップレス使ったとしても荒れちゃうかも・・・。ねえ、◯◯。その時はまた治療をお願いしてもいいかな?」

「ちっ。しょーがねーなー。まあ他ならぬ姉ちゃんの頼みだったら別に構わないよ、僕は」

そう言いながら僕はちょこんと姉のオッパイを突っつきました。

「アッ!バカぁ。何すんのよぉ。治療が終わったばっかなんだぞっ!優しくしてよねっ!」

「ごっ、ゴメン・・・。つい・・・」

「ウフフッ!大丈夫よっ。またよろしくね!◯◯ッ!!」

ニッコリ微笑む姉。
僕も笑顔を返しました。
やっぱりうちの姉は、天然で不思議ちゃんです!

タイトルとURLをコピーしました