ナイスバディなキャバ嬢のくびれ腰を掴んで中出し

この体験談は約 3 分で読めます。

今から5年ほど前のことを投稿します。
当時の私は若く、お相手の女性Tも20歳ほどの元キャバ嬢です。
顔は井上和香に少し似ています。
Tは仕事先での知り合いで、そのスタイルのよさ、男好きのする顔を密かに想っていて、いつかそのくびれを掴んで腰を打ち付けてやりたいと思っていました。

ひょんな事から休日が暇になってしまい、Tを飲みに誘ってみると、「えーー、全然オッケーですよーー」との返事。
この時点では本番の気配を感じていなく、それでも快楽増進の媚薬を懐に忍ばせて待ち合わせに向かいました。

約束の時間に遅れること5分で現れたTは、露出がまずまずの姿。
軽く勃起しました。
適当なバーに入り、媚薬の話をすると興味津々。
私が持っている旨を伝えると。

T「うそーー。やってみたーーい」

えへ、本日の生本番は確定です。
薬効が約30分ほどで出ると思ったので、バーを出てコンビニで水を買い、車の中でインしました。
じわじわと気持ち良い感覚が自分を包み、隣のTを見てみるとトロリとした視線を私に向けておりました。
自然な感じで部屋に誘い入れ、ベッドに座らせました。
Tはベッドに倒れてハアハアいっています。
キスをすると部屋はあっという間にエロ空間に。
たっぷりと唾液交換をしてからパンツを脱ぐと、薬効からかチンポは半起ち。
しかし、とてつもない先走り汁が滲み出ておりました。

半起ちのチンポをTの口元に近づけると、すぐに先っぽを舐め回してきました。
普通なら、ここでシャワーなんて言われてしまいますが、前後不覚状態だと展開が望ましい方向へと向かいますね。
先走り汁を啜るように指示すると、キチンと言い付け通りにするT。
まったくもって気持ち良いです。

Tの服を脱がし、下着の上から刺激を与えてやると、予想通り腰をくねらせます。
それにしても女性のくびれってたまらないですよね!
下着越しにもわかるくらい秘所から垂れている汁のことをTに告げると、先走り汁を吸いながら上目遣いでこちらを見て、目を潤ませております。

ここでおもむろに下着を脱がし、性器を直接刺激することにしました。
潤みが激しく、すぐにでも指が中に入ってしまいそうですが、焦らしてやることにします。
気持ちがいいのか、舐め回しているチンポを口から離してしまったので、ちゃんとしゃぶるように少しキツい口調で言いました。
息も絶え絶えながらも素直に舐めるTが愛おしく思えてきたのですが、これは媚薬の効果だと知っているので、強引に思いを封じ込めました。
心の中は、(Tはど淫乱で、誰でもこんなことをするヤリマンなんだ!)と念じつつ(笑)
で、少し乱暴に愛撫を続けたのですが、薬効もあって激しく感じているT。
少しSっ気のある私はたまらなく興奮し、1時間くらい行為を続けたのでしょうか。

いよいよと、挿入を試みてみることにしました。
ゴム的なことを言われるかと思っていたのですが、全くそんな雰囲気はなく、それよりも早く入れてって感じでした。
半起ちカウパーだらだらのチンポをマンコにぐりぐりと擦り付けていたのですが、勃起力がイマイチで中に入りません。
これも薬効のせいです。
Tを抱きかかえるようにして座らせ、髪の毛を掴んで私の乳首を舐めさせることにしました。
私のキラー性感帯である乳首を丹念に舐めさせ、手マンを繰り返しているとチンポに力が入るのを感じてTを押し倒して挿入しました。

中の感覚は大変よろしく、カリ首が擦れる感じがたまりません。
憧れのくびれを掴みながら腰を打ちつけます。
どこに精液を出すかほんの一瞬だけ考えましたが、薬効と、(こいつはヤリマン)という勝手な判断から、中出しでいいなと決めました。
気が狂いそうなほどのピストン運動で、いよいよ絶頂を迎えそうな時にくびれ腰をむんずと掴み、子宮にザーメンを叩きつけました。
媚薬セックスの時は、お腹に出そうとしても顔にかかるくらいの勢いで射精するので、恐らくTの子宮にも凄まじい衝撃を与えたはずです。
チンポが射精でビクリと脈打つだびにTは仰け反っていました。

チンポが萎むまでゆったりと腰を動かし、精液をTの中に出し切ります。
全力を出し切ったチンポを放心状態のTに舐させました。
くすぐった気持ち良い感覚が脳を刺激します。
そのまま私たちは、泥のように深い眠りに落ちました。

朝、起きがけのTにザーメンを飲ませました。
Tはなんの抵抗もなく飲み干しました。
もう媚薬なしでも大丈夫そうです(笑)