ジムで知り合った彼氏持ちのクールビューティ・中編

この体験談は約 7 分で読めます。

彼女をソファーに寝かし、俺は上になり彼女の乳房を両手で掴み、彼女を見ながら乳首にゆっくり舌を這わした。
舌で乳首を弾き、咥え、吸い上げ、舌で転がす。
彼女は仰け反り、喘いだ。

乳房を堪能した後、オマンコへ。
パンティに手をかけると彼女はパンティを掴んで、「ダメ」と言って体をくねらしてくる。
お構いなしにパンティをずり下げつつ、彼女の指をパンティから一本一本外してやった。
ずらすと同時に彼女は手でオマンコを隠している。
そんな彼女の手をどかすと、薄めのヘアーの彼女のオマンコが姿を現した。

「うわぁ~。すごく濡れてるね~」

実際、思わず言ってしまうほど濡れていてた。
やはりかなり感度はいいと思い、早くチンポで突きまくりたいと思ったが、ぐっと堪えて、まずは指と舌で彼女がイカない程度にオマンコを堪能した。
もう一度「すごく濡れてるね~」と言うと、彼女はまた手で隠したが、細い両手首を右手で掴んで動きを封じてやった。
左手で彼女の左太ももを押さえつけ、両手首を掴んだ右腕を彼女の右太ももの上に置き押さえつけた。
完全に動きを封じて俺にされるがままになった彼女に、「じゃあ、このびちょびちょのオマンコ、じっくり味見させてもらうよ」と言ってやった。
彼女は体を動かしてきたが、しっかり押さえつけ直し、パックリ開いた彼女のオマンコに舌を這わした。

ぺろっ、れろれろれろっ・・・。

彼女の腰が動く。

レロレロ・・・。

クリを舐め上げれば腰をびくつかせてくる。
いい反応だった。
割れ目に口をつけ、吸ってやった。

じゅるぅぅぅぅぅっ、じゅるじゅるっ、じゅるるぅぅ。

「んんんんんっ・・ぁ、ぁ、ぅぅぅぅっ・・ん」

彼女のうめき声が聞こえてくる。
腰が浮いてきて、俺は手を離し、彼女の太ももの下から手を入れ腰を掴み顔を埋めた。

じゅるるるるるぅぅぅ!

思いっきり吸ってやった。
何度も何度も繰り返し吸い、彼女がイキそうになると緩めながらオマンコを味わった。

「ぅぅぅっ、んんんっ、ぁ、ぁ、ひやっ、ぁんっ」

うめき声に明らかな喘ぎ声が混じり始めた。
オマンコを堪能し、俺も服を脱ぎボクサーパンツ1枚になり、横たわってる彼女の横に立ち、彼女の手をとりパンツ越しに俺のチンポを触らせた。
すでにパンツの中で大きくなっていた。
彼女を起こし、ソファーに座らせたまま俺のパンツを脱がさせた。
パンツから出た瞬間、俺のチンポは跳ね上がり上を向き、彼女は少し驚いた様子だった。
握らせると、握りながら、「おっきくない?」と彼女が言った。

「彼氏よりおっきかった?(笑)」

彼女は答えずクールな笑みを浮かべた。
手コキのまましゃぶらないので、彼女の後頭部を軽く掴んで、「ほら、口開けてごらん」と言った。
彼女は少し口を開いた。
彼女の頭をチンポに近づけ
咥えさせた。
咥える瞬間、彼女は少し開けた口を更に大きく開き、亀頭を飲み込んだ。
フェラテクはまだまだだったが、(そのうち俺好みに調教してやる)思った。

ただ、フェラ顔は最高だった。
クールな美形な女のフェラ。

「こっち見てごらん」と俺を見させると、高飛車とも思わせる挑発的で少し生意気な目つき。

見てるだけで俺のチンポはギンギンに勃起していった。
外見はほんとにSっぽくクールな感じでかなりのいい女だが、これまでの感じで彼女はM、しかも恐らくドMだと思った。

口から抜き、彼女に挿入しようとすると、「ゴムは?ゴムつけて」と。
聞くと、いつも付けていて生は無いとのこと。

(そのうち生チンポで調教してやるからな)と思いながらゴムを付けた。

ソファーに横たわらせ正常位で挿入。
オマンコに亀頭を当て、彼女の顔を見ながら、「じゃあ頂くよ、じっくり味見してあげる」と言ってやり、挿入した。
亀頭を入れ、1度抜く・・・と思わせて奥まで入れた。
ゆっくりと、ぐぐぐぐぐっ・・・。
奥まで入れた瞬間、彼女はソファーのカバーを掴もうとしたのか、上手く掴めず手が滑り落ち、再度掴んでいた。
かなりの必死さが見てとれた。
と同時に彼女の口から小さい声で、「おっきぃ・・・」と聞こえた。
俺は聞き逃さなかったので、彼女を見下ろしながら、「今、『おっきい』って言った?」と意地悪く聞いた。
彼女は思わず言ってしまった失態を隠すように笑いながら、「言ってない」と少し笑った。

俺のチンポは長さ19cm、太さ5cm。
大きさには自信があった。
もちろん彼氏のモノは分からないのでなんとも言えなかったが、このとき確信した。
彼女の彼よりは間違いなく大きい、と。
上手くいけば、この最高の女を調教し、肉便器にできると俺は思った。
飲みの時、彼氏は入れてから早い時は5分くらいで出すと聞いていた。
俺は持続は30分は保つ。

(絶対俺のチンポ奴隷にしてやる)と思いながら彼女を見下ろしていた。

まずは彼女のオマンコの感度を確かめるように斜めに突いたり入り口近くを突いたり、彼女の感じるとこを調べながらゆっくり味見した。
彼女の腰を少し持ち上げ、オマンコの上の壁を亀頭で擦り上げるように突上げてみた。

ぐっ、ぐぐぐっ、グチュ、グチュ。

「ひゃっ、んっ、んっ、ぁ、ぁ・・・」

いい声で喘ぐ彼女。
ここはポイントの1つのようだった。
今度は奥を確かめることにした。
浮かせた腰を下ろし、腰を掴み直して奥まで突いてみた。

グチュ、グチュ、グチュ・・・。

びちょびちょのオマンコからは卑猥な音がしていた。

「ぁ、ぁ、ぁ、んぁ、っ」

彼女は仰け反り、喘ぐ。
俺は動きを止め、「今の痛かった?」と聞いたが彼女は首を振った。
奥まで突いても大丈夫そうだった。
念の為もう1度と思い、半分ほど入れたまま、彼女の細く長い脚を肩に掛けて彼女に覆いかぶさるようにし、上からチンポを打ち下ろしてみた。
大きなストロークで入り口から奥まで一気に打ち下ろした。

グチュゥ、グチャ、グチュッゥ、グチュゥ、ビチャァ・・・。

いい音がする。
俺にチンポを突き入れられるたびに彼女は顔を仰け反らせ、体を捻りながら、「んはぁ、ぁ、くっ、ぅ、ぅ、ぅ、ん、んはぁ、んんんっ、あはぁ」とたまらない声を出す。

「痛くない?」と聞くと頷いたので、「ちょっと激しく突くよ」と言って回転を上げ、チンポを数回を打ち下ろしてみた。

パンパンパンパン!!!

「ひぃ、ひゃっ、ぁ、ぁ、ぁ・・・待って・・・」

彼女が必死な表情で俺を見つめ制止を促したので動きを止め、(ダメか、やっぱり痛かったか)と思い、「痛かった?」と聞くと首を左右に振ったので、「痛くなかった?」と聞くと頷いた。

「気持ちよかった?」と聞くと小さく頷いた。

「どうしたの?(笑)」と聞くと、なかなか言わないので彼女に顔を近づけ、「どうしたの?言ってごらん」と言うと、困ったような顔で、恥ずかしさを隠すように少し笑いながら・・・。

「すぐ、イッちゃうかも・・・」

俺は彼女に、「いいよ、すぐイッても(笑)」言った。

(まぁ我慢しても、どのみち何回もイカせるけどな)

奥を思いっきり突いても大丈夫そうだとわかり、俺は内心ほくそ笑んでいた。
半分程入れたとこから奥を突くと、グチュゥゥ・・・。
その瞬間、俺を見てる彼女はクールな美形な顔を引き攣らせ、片目を瞑りそうにしながら、「んんんぁっっっ!」と喘ぐ。
俺は、「ほら、ここ!」と言いながら、また半分まで抜いた肉棒を奥まで突き下ろす。

グチュゥゥ!

「くっっ、ぅ、ん」

必死で堪える彼女の姿が最高のご馳走だった。

「彼にもいつもここ突かれてるの?」と聞くと、頷かない。

「あまり突かれてなかった?」と優しく聞くと、小さく頷いた。

「1番気持ちいいとこ、あまり突かれてなかったんだね、じゃあ俺がいっぱい突いてあげるよ」
(心の中では『滅多突きにしてやるよ』と思っていた)

俺がそう言うと彼女は頷いた。
まさか頷きがあるとは思ってなかったので嬉しい誤算だった。
最悪でも今、今日これからの時間はこの最高の獲物を肉便器にできることは確信した。

何度も寸止めを繰り返した彼女にそろそろ1度とどめを刺してやることにした俺は、彼女を立たせて立ちバックの体勢で壁に手をつかせた。
立ちバックの彼女を後ろから見ると、細くくびれた腰に形の良いお尻と最高の体をしていた。
チンポをバックから突き刺す。

ぐぐっっ、ぐぐぐ。

半分程入れ、入り口まで抜いた。
彼女の腰を掴み、一気に奥まで突き入れてやった。

パぁン!!

「んんんんっ!」

彼女の背中が仰け反り、顎を跳ね上げ頭が後ろに仰け反った。
奥まで入れたまま彼女に覆いかぶさり、ロケット型の乳房を両方とも揉みしだきながら彼女の耳元で・・・。

「俺のチンポが奥まで入ってるの分かるよね?」

彼女は頷いた。

「このチンポでバックから突いて、とどめを刺してあげる」

クールな美形な顔を歪めながら快感に耐え苦悶の表情の彼女が、少し悔しそうな顔をしたのが見てとれて俺は更に興奮した。
チンポは彼女のオマンコの中で今までで最高にガチガチだった。
彼女のたわわに実った乳房を揉みしだきながら俺は腰を動かし、ゆっくり数回、彼女を突いた。

グチュ、グチュ、グチュ、グチュ、グチュ、グチュ・・・。

彼女の手が俺の手首を掴んでどかそうとしてくる。
彼女は乳房を強く揉まれると余計感じるようだった。
俺の手首を掴む彼女をものともせず、俺は乳房を強めに揉みながら乳首を摘んだりした。
俺は動きを止め、体勢を変え、彼女の腰を両手で掴んだ。
彼女は俺にとどめを刺されるのを覚悟でもしたように両手を壁につき直した。
俺はニヤニヤしながらチンポをギリギリまで抜き、一気に奥を、子宮を貫いた。

パぁ~ンっ!!!

「あひぃぃぃぃぃ!」

彼女が悲鳴を上げた。
もう1度抜き、パぁ~ンっ!!!

「んくっ、ぅぅぅ・・」

喘ぎ声を抑え、必死で堪える彼女。
徐々に腰の回転を速めていった。
俺に突かれる度に、「ひゃっ、ひぃ、んんっ、ぁんっ、んひぃっ」と、いい声で鳴く彼女。

パン、パン、パン、パン。

回転を上げると、彼女の腰を掴む俺の手を彼女が掴んできた。
俺は彼女に、「ほら!とどめだ!」と言って突きまくってやった。

パンパンパンパンパンパンパン!!!!

「ぁんぁんぁんぁん・・・」

頭を下げ必死で快感と戦ってるようだったが、すぐに彼女の声が止まった。
俺が彼女を突く音だけが響く。

パンパンパンパンパンパン!!!

突きまくってる途中で彼女は、「んはぁぁ、ぁ、ぁ、ぁ」と、色っぽい喘ぎとともに顎を跳ね上げ頭を仰け反らせ、彼女の上半身は崩れ堕ちた。
イキそうなところを何度も寸止めしてやった為か、イッた彼女の下半身はガクガク痙攣していた。
俺はチンポを突き刺したまま、俺のチンポにイカされ、崩れ落ちた彼女の腰を中腰になりながら掴んで彼女を支えた。
オマンコは何度も収縮して俺のチンポを締め付けてきた。
とどめの突きまくりをしてから10秒ともたず、彼女は俺のチンポに沈んだ。

チンポを抜くと彼女は床に崩れ落ちた。

「大丈夫?(笑)」

勝者の笑みを浮かべながら俺は彼女を見下ろしながら言った。
彼女を床に仰向けにし、イッたばかりの彼女のオマンコにチンポを挿入した。
彼女が快感のあまり顔を引き攣らせる。
奥までしっかり入れ込んで彼女の背中に手を回し抱きかかえた。

「掴まって」と言い、俺にしがみつかせ、持ち上げた。

持ち上げる途中、彼女に慌てた様子で、「え?何するの?」と聞かれ、彼女が駅弁も初めてであることを知った。
俺は身長178cm、体重75kg。
ジムで鍛えたガッチリ体型で体力にも自信はあった。
彼女の身長は俺より10cm程低いくらいだ。

「これ初めて?」と聞くと、俺にしがみついたまま頷く。

駅弁のまま俺はベッドのある寝室へ向かった。
歩いてると彼女から時折、「うっ、ん、んっ、ぅ・・・」と声が漏れるのを俺は楽しんでいた。

<続く>