ジムで知り合った彼氏持ちのクールビューティ・前編

この体験談は約 6 分で読めます。

通っているジムに、ある時から、物凄く美人でスタイル抜群な女性を見かけるようになった。
なんとか接点を持とうと思い、彼女がいつも参加するスタジオレッスンに俺も参加するようにした。

彼女はクールな感じのスレンダー美人。
にも関わらず、トレーニングウェア越しにはっきり分かる胸は張りがあり、大きさもかなりのものと見ていた。
そして挑発的とも少し生意気ともとれる目が印象的だった。

ちょくちょく顔を合わすようになって話し掛けてみたが、なかなか食い付いてこない。
見かけ通りクールだった。
それでも俺は諦めず、挨拶程度でも話し掛けているうち、少しずつ会話してくれるようになった。

彼女の名前は沙希(仮名)。
OLで28歳、彼氏ありとのことだった。
彼氏とはラブラブのようで、いずれ結婚したいとのことだった。
俺は32歳で一応付き合っている女性がいるが、俺の彼女よりもいい女だった。

ガードも硬そうだったので、とにかく嫌われないようにいい人を演じて半年程経った。
最初はかなり厳しいと思ったが次第に打ち解けることができ、ジムの後に2人で食事なんかもできるまでになった。
食事に行けるようになってしばらく経ってから、「たまには飲みも入れない?居酒屋とか・・・」と、俺は少し踏み込んでみた。

「う~ん」

(早まったか?)

「うん、いいですよ、たまには」

個室のみの居酒屋に入って、2人きりの状態に。
彼女は、強くはないがお酒は好きだということだった。
飲みながら知ったが、彼氏は年上で超まじめな人ということだった。
頭とか良さそうだねと言うと、「うん、すごく」とのことだった。
彼氏のことを聞くと嬉しそうだったので、まずは彼女の食い付く話を振った。

「彼氏って一流会社勤務とか?」
「うん、有名(笑)」

「まじで?いいなぁ~、給料よさそうだね?」
「結構いいみたい」

彼女はなかなか上機嫌だった。
(お金持ちで将来も安定なまじめな男性を選んだって感じかな)と俺は思った。
彼女は外見こそ声を掛けづらい感じのクールビューティだが、打ち解けるとクールな部分は残しつつも明るい女性だった。

俺は意を決して下ネタを投入してみた。
それほど拒否反応がない。
飲みながら夜の生活を聞いたり、「彼氏さんが羨ましいなぁ~」と彼女を褒めまくったりした。

「彼氏と会うたびエッチしてるんじゃないの?(笑)」
「そんなにしないから(笑)」

「2回に1回?3回に1回?5回に1回とか?」
「う~ん、それくらい(笑)」

エッチな話を織り交ぜながら色々話をして店を出た。
飲んでいるせいもあって彼女は少し足元がおぼつかないようだったので支えながら歩いた。
自然な介抱を意識し、その日はエロさは見せないようにして別れた。

しかし翌日、翌々日と彼女はジムに現れない。

(逃したか?)

が、3日後、彼女が来ていた。
あの飲みから初めての再会。
俺は安堵し、「この前のごめん、飲んでたのもあって色々変な話してたでしょ?」と謝ってみた。

「あっ、ううん、全然大丈夫です、楽しかったです」

「じゃあ、また飲みに行く?」

「はい、都合が合えばいいですよ」

それから2度3度と飲みに行き、4度目の飲み・・・。
この日もいつものように下ネタを多用しながら飲み、彼女も拒否反応はなかった。
店を出て、足元が少しおぼつかない彼女を介抱しながらタクシーを拾い、一緒に乗り込んだ。
俺のマンションが先で彼女はその後。
俺のマンション前に着いた時、俺は彼女の細い手首を掴んで一緒に降ろしてみた。
抵抗なく降りたが、タクシーを降りた反動と足元のおぼつかなさで倒れそうになって俺が抱きかかえる形になった。
彼女は俺に抱きかかえられながら・・・。

「ここ、私の家じゃないですよ(笑)」

酔ってるせいもあってか、なんだか上機嫌。

「うん、俺ん家(笑)。もうタクシー行っちゃったし、少し寄ってかない?」

「無理無理、彼氏に怒られるから(笑)」
「バレたらでしょ?大丈夫、彼氏見てないから(笑)」

「そうだけど、やばいって(笑)」
「やばいくないって(笑)」

そのまま彼女の肩を抱きかかえながら部屋に向かう。

「ほんとやばいから」と言いながらも、ほとんど彼女の抵抗はなかった。

(いける!)

そう確信した俺は興奮を抑えるのに必死だった。

部屋に入って、飲み物を出した。
彼女は物珍しそうに1LDKの俺の部屋の中を見ていた。
これまでの飲みのエロ話の中で、彼女はまじめな彼氏とのセックスでは大人のおもちゃを使わないこと、そして今までもローターしか使ったことがないという事を聞いていた。
電マは「何それ?」と全く知らない様子だった。

念のため、その日は電マを目に付く所に置いておいた。
部屋の中を見ていた彼女が、「これってマッサージ機だよね?」と聞いてきた。

(かかった!)

「そうだよ、肩こりとかある?」

「少し」

「じゃあマッサージしてあげるよ」

ソファーの下に足を崩して座っている彼女の後ろに回って俺はソファーに座り、彼女の肩に電マを当てた。

ブゥゥゥン、ブゥゥゥン、ブゥゥゥン・・・。

「どう?」

彼女は笑いながら、「気持ちいい」と答えた。

「でしょ?」

俺は肩から腕、鎖骨、そして胸には当たらないように胸の上部とギリギリに当てた。

「わき腹にも当ててみよっか?」

彼女の返答を聞かないうちに当てると、こそばゆいらしく笑いながら横に転がった。
転がった彼女のわき腹、お尻、太ももと当てていった。

「こそばゆい」と笑う彼女が次第に大人しくなっていった。

「気持ちいいでしょ?」

そう聞くと俺を見て、恥ずかしさを隠すように笑いながらいつものクールな表情を少し緩めて頷いた。

「これね~、マッサージ機なんだけど、別名『電マ』っていうんだよ。あの時話したあれね」
「うそ~~ほんとに?(笑)」

「ほんと。今、エロいおもちゃでマッサージされてたんだよ(笑)」
「うそ~~、先に言ってよね~」

そう言って彼女は顔を隠した。
そんな彼女を抱き起こし、ソファーに座っている俺の股の間に座らせた。
拒否はなかった。
俺は彼女に、「もっと気持ちよくなりたくない?」と聞いた。
彼女はやはり彼氏に対する罪悪感があるのか抵抗もあるようで、「だめ・・・、彼氏に怒られるから・・・」と。
でも強い拒否反応はなかった。

「俺も彼女いるし、お互いの秘密だよ。これ試してみたいでしょ?」

そう言って俺は彼女の股間に電マを当て、いきなり“強”でスイッチを入れた。

ブゥゥゥン!!

「ひゃっ!」

彼女は両手で電マをどかし、腰を引いた。
押し問答になると埒が明かないのでどんどん攻め立てることにした。

「足、もっと開いてごらん」

彼女を足を俺の足の上に乗せた。
もう片方も同様にして内腿に電マを当てた。
その日の彼女はワンピースだったので、片方の手で下着が見えるとこまで捲り上げてやった。
黒にピンクの刺繍入りのパンティが見えた。
内腿から徐々に下着に近づけ、オマンコの周りにを当てていった。

「んんんっ、ぁっ、んぁ」

彼女の口から声が漏れてきた。

「気持ちいいでしょ?」と聞くと彼女は頷いた。

これは行けると思ったが、まだ安心はできないと思い、油断せずに責めた。
電マの強さを“弱”にし、下着の上から彼女のオマンコの割れ目に当て、クリにも当てた。
当てたり離したりを繰り返した後、再び強さを“強”にして下着の上からクリに当てた。

「んっ、うっ、うぅぅぅんっ、ぁぁ、ぅ、ぁぁっ、んんっ・・・」

彼女が仰け反り、片足は俺の足の上から逃げ落ちて電マを手でどかそうとした。
彼女の感度はかなりいいようだった。
残った足は落ちないように手で掴まえた。
そして“強”のまま、クリとオマンコに下着の上から電マを当て続けた。

「あっ、あっ、あっ・・・あああぁぁぁぁっ、やばいっ、無理無理っぃぃ!!」

両手で電マをどかそうとしてきた。
今イカれても困ると思い、俺は電マを離した。
(もし彼女を頂けたら、初イカせはチンポでと決めていた)

電マを横に置き、ワンピの上から胸を鷲掴みにした。
彼女は俺の手首を掴んで、「ダメ、ほんとまずいから」と言ってきたが、俺は「まずくないよ、めっちゃ美味しそう(笑)」と、ワンピの上から彼女の乳房を回したり、上下に動かしたりしながら揉みしだいた。
彼女は、「そういう意味じゃないから」と言いながら俺の手をどかそうとしてる。
俺は、「分かってる(笑)」と言い、強弱をつけながら揉み続けた。

次第に彼女の抵抗はなくなり、俺に揉まれるままになった。
俺は片手を彼女のパンティに伸ばした。
割れ目を上下になぞった。
左右にも指を滑らし、割れ目を摘んだりした。
下着の上からクリを激しく指でバイブレーションさせてやると、「んっ、ぁ、んんんっ・・・ぅぅぅぅぅっ、ぁぁ、ぁっ・・・」と喘ぎ声を漏らし、かなり感じてるようだった。

彼女の頭を後ろに倒し、彼女の唇を頂いた。
抵抗はなかった。
舌を絡ませると彼女は俺にされるがまま舌を預けてきた。

ワンピを脱がし下着だけにした。
予想通りだった。
ブラ越しの乳房はかなり大きい。
早く生乳を拝みたいのを我慢し、ブラの上から乳房を散々揉みまくった。
上下お揃いの下着だった。
黒のブラに、こちらもピンクで刺繍が入っていた。
そのブラジャーをとった。
弾ける様に現れた彼女の乳房はロケット型で、大きく張りがあった。
大きめの乳首はすでに硬く尖っていてツンと上を向いている。
これは吸い応えがありそうだ。
ジムに通ってるだけあって腰も細くくびれている。
余分な贅肉などない。
想像以上だった。
かなりの美人でスレンダーでありながら出るとこはしっかり出てるこの体・・・極上、それもかなりの上物だと思った。

後ろから彼女の生乳を鷲掴みし、揉みまくった。
尖ってる乳首を指で摘み、「もうこんなになってるね」と耳元で言ってやった。
一見Sにも思えるクールな外見だが、だんだん本性はMだということが分かってきていた。
俺の膝上から落ちていた彼女の足を持ち上げて再び俺の太ももの上に掛け、脚をM字にした。
指の間から溢れる乳房をたっぷり揉みしだき、十分に堪能しながら片手を彼女のパンティの上に当て、割れ目を指でバイブレーションした。

「あっ、あっ、ぁぁぁっ」

彼女の手が俺の手首を掴むが、お構いなしに擦り続けるとパンティ越しに湿りを感じた。
彼女のオマンコは濡れていて染みてきていた。
パンティの中に手を入れ、彼女のオマンコを指でゆっくり掻き回した。

<続く>