私、見境ない只の淫乱ばばあさんです

この体験談は約 5 分で読めます。

以前、電車の中で偶然ボックス席で出会った女装の公立高校の先生とのことを書きます。
これは前にも何度か続けて投稿した事があるんです。

出会った時は本当にびっくりしたわ、その先生の気持ちがよく分かり、すっかり仲良しになったんです。
その女装の先生に誘われて車で公園まで出たんです。
先生はフレアのミニスカートで下着は黒い後ろ穴あきのパンティストッキングなんです。
なんか見るからにいやらしい雰囲気なんです。
私もノーパン生足でキャミのミニスカートで行ったんです。

車の中で「私、太股が太すぎて恥ずかしいわ」と言うと、「このくらいがそそっていいんだよ。知り合いはいないんだから大丈夫」と言うので安心したんです。

先生もすごく化粧が上手で、どう見ても女性そのものなんです。

公園の中に車を置いて2人で降りて歩き出すと垣根の内側にホームレスの人が5、6人たむろしているんです。
ボロボロの服とズボンで年齢は全く判らないくらい顔に精気がないんです。
2人で側にいくと1人が私の膝をじっと見てるんです。
私ちょっと試してみたくなって、歩きながらハンカチを落としたんです。
そして、すぐちょっと戻ってホームレスに尻を向けてハンカチを拾いながら顔を見たんです。
するとホームレスの人は全員目を大きく見開いて食い入る様に見てるんです。
ランランとして精気がみなぎっているんです。
口を開けてる人もいるんです。
それで私、急に転んでみたくなって、四つん這いでつっかかった様に両手をついて転んだんです。

すると全員「大丈夫!」と言いながら側に駆け寄ってきて、抱き起こしてくれたんです。

でも1人はしっかりお尻の下に手を入れてまんこを触って指を入れてるんです。
そして、すぐにその指を鼻の下に持っていって匂いを嗅いでいるんです。
もう1人はしっかり脇の下から手を入れておっぱいを揉んでるんです。

先生も私の横で四つん這いに転んだんです。

するとホームレスの1人が先生のミニスカートを捲くったんです。
そして後ろから眺めて「アレー?ちんぽあるど、バイかこの女」と言うと、「俺、こっちがいい」と言いながら先生に3人、私に3人と分かれて群がってきて、皆ズボンもパンツも脱いでチンポ出すんです。
垣根があるので人通りからは誰も見えなくて、皆、安心してるみたいです。
私には1人がまんこ舐めて、1人がおっぱい舐めて、1人がチンポを私の口に入れるんです。

もうすっぱい様な匂いがきついんです。

でも青筋が浮いていて、すごく太いんです。
先からダラダラ先走り汁が出ていて、今まで何年も出していないみたいです。
私舌をチンポに巻き着けてジュボジュボしてやると「うー気持ちいいど、出る、出る、出るどー」と言って、口の中が一杯になるくらい何度も出すんです。
すごく濃いみたいでマヨネーズを直に口に入れたみたいなんです。

ゴクゴクと2回で飲むと、その人更にチンポを喉まで入れてきたので、それも飲む様にゴクとすると「うー、吸い込まれそうだ、気持ちいいー」と言うんです。
既にもう1人はチンポを私のまんこに後ろから刺してるんです。

「うー、すごい締め付けだー!こんな吸いこまれるまんこ、生まれて初めてだー」と言いながら、ゆっくりピストンしてるんです。

「ケツが大きくて、ももが太くて、たまらん吸い込まれそうだー!いい女だー」と叫ぶんです。

隣では先生のチンポを舐める人と、肛門を舐める人に分かれてベロベロやっていて、先生は「いやいや、あーいい、いい」と、いやといいを交互に言っていて、もう1人は先生の口にチンポを入れてるんです。
そのうちに先生の肛門にチンポを入れ始めたんです。

すると先生「エイズが怖い」と言ったんです。

すると1人が「わしらは男ばかりでもゲイもいないし、エイズもいないんじゃー」と言うので、ホームレスもちゃんとした人間なんだと関心して安心したんです。

先生は安心して口からよだれ垂らして「あーいい、いい、気持ちいいよー」と泣いてるんです。

そして「ちょうだい、奥に出して、たくさん出して」と言いながら、チンポはビンビンにして先からツーと汁を垂らしていると、1人はそれに口つけてチュバチュバ飲むんです。
もう皆疲れてきたので、先生は最後に私に刺しに来てまんこ始めると、また皆寄ってきて群がって、私の口も、肛門も、先生の口も、肛門も、口という口全部ふさがれてしまって、団子になって狂った様なセックスが始まったんです。
幸いホームレス同士のけんかにしか見えず、誰も側までは来ないんです。

数日後も朝早く、例の女装先生から「有給休暇とれたから行くよ」という電話があったんです。
10時頃近くに駅前に行くと、12人くらい乗れる大きなワゴン車で来てるんです。

「10時にスーパーが開くからすぐ買い出しに行こう」と言われて、すぐユニクロに先ず行ったんです。

「何買うの」と聞いたら、「彼らの衣服さ」と言って、全部Lサイズで下着パンツとシャツ、ズボン、カジュアル、そしてステテコ、靴下、ベルトまでも6人分買ったんです。

男物って本当に安いんです。

そしてスーパーに行って、弁当、おにぎり、パン、牛乳、ハム、ソーセージ、ジュース、スポーツドリンクまでも手当たりしだいに買い込んだんです。
お酒のワンカップやお土産弁当も買い込んだんです。

そして、「では行きましょう」と言って、先生はミニスカで運転したんです。

多分下はノーパンです。
私もノーパンでスケスケのキャミです。
私、Wは80あるかないかなのに、Hは90もあるんです。
もう恥ずかしくてどうしょうもないんです。
更に足は太くて、大根足そのものなんです。
ただ色が白いのだけは自信あるんです。

先生が運転しながら「生白くてそそるよ」と言ってくれました。

公園に行くと例のホームレスの人が5人なんです。

「1人どうしたの?」と聞くと、
「よく分かんねーけど急にいなくなったのさ」と言うんです。

「昨日のあれで出し過ぎて体調崩したのかもしれないわ」

「なに近くに知り合いがあるらしいから、そこに行ってると思うよ」と言うんです。

「それでは5人で一緒に来てくれる?損はさせないわ」と言うと、喜んで車に乗り込んできたんです。

それで山沿いのモーテルに直行して入ると、すぐ風呂にお湯を入れて入る様に言ったんです。
衣服は六人分並べて置いて、食料もテーブルに山にしたんです。

すると「風呂の前に食べる」と言い出して、皆、我先にと食べだしたんです。
ものすごい食欲なんです。

それで私「ゆっくり食べた方がたくさん食べられるよ」と言うと、少し落ち着いて食べだすんです。

満腹になった様で、皆服を脱ぎ、私と先生も風呂に入ろうと言うんです。
私キャミを降ろすと皆「おお!いやらしい体だわ」と言って、とたんにちんぽ立てるんです。
先生もミニを脱ぐと「これもいやらしいわ」と言うんです。

皆一緒に風呂入って、液体ソープをたっぷり体に付けて泡だらけで洗うんです。
私、一番若いはにかみ屋の人の頭を膝枕で洗ってあげると、その人じっと私の毛の薄いまんこを見つめているらしいんです。
洗い終わると「もう1回洗って下さい」と言い、「どうしてこんなにまんこが盛り上がってるの?虫に刺されたみたい」と言うので、「遺伝よ」と言うと、顔をこじ入れて膝を開いてまんこに吸い付いてきて舐めだすんです。
チンポ、ギンギンに立ってるんです。

そして「このまんことやりてー」と言って起き上がって押し倒して、のしかかってきたんです。

私、チンポが入り易い様に、チンポを掴んでまんこの入り口に当ててやったんです。
するといきなりズボという感じで根元まで一気に入れてきたんです。

「うー気持ちいい、泥沼に入るみたいだー!締まりもいいどー!こんなへっぺ初めてだー」と言って、もう出してしまったんです。

この後も代わる代わる同じ事を要求されたんです。
最後には私を下からと上からと、サンドイッチでまんこと肛門に同時に刺すんです。
また私、体の中が精液で一杯になりそうです。
口にも咥えさせられて、精液をたっぷり出すので本当に精液臭で変になりそうでした。
一人の人は「何回出してもあんたのまんこは死ぬまでやりたくなるまんこだ!あんたと結婚した男は早死にするわ、うー、またやりたくなった」と言って、のしかかってきたんです。
また受け入れると、また出すんです。

私、見境ない只の淫乱ばばあさんです。
恥ずかしいです。