思い出すだけで濡れてきて

この体験談は約 2 分で読めます。

ずっとお付き合いしている彼のことをお話しします。

世間で言えば不倫の関係です。
30も半ばになり、セックスレスの夫婦だった私はこのまま女の部分を眠らせたまま人生終わるのかな~って思っていました。
そんな時に知り合ったのが今の彼です。

昨日の二人のSEXは・・・。
黒のショーツとブラだけになった私を、彼はホテルのソファーに倒しました。
彼の舌を私の舌で感じ、それだけで感じてきます。
身体が火照り、私のあそこが熱くなって・・・。

ブラの上から愛撫する彼の指。
太ももに感じる彼の指。

「あ~あ」

自然に声が漏れてきました。

ブラをずらして彼が乳首を触ったかと思うと、じわ~っと私のあそこから熱いものが流れ出しました。
激しく乳房を吸われて、足を開かれショーツの上から彼が見ている。

「めぐ、濡れているのがわかるよ」
「そんな恥ずかしいこと言わないで」

太ももに指を這わせ、その指がショーツの上に・・・。

「あ~、駄目」

でも、そんな私の言葉を無視して彼の指は私のあの部分を上に下に動いています。
そのうちに彼の舌が・・・。

「あ~気持ちいい」

自然にそんな声を出してしまっていた私。

そうすると彼はバイブを取り出し私のくりちゃんに当てたんのです。
ブーンという音とともに、私のあそこにバイブの振動が伝わってきます。
ドクドクと私の中から愛液が溢れ出します。
彼はバイブをショーツの中に入れて私の足を大きく開いて、デジカメ取り出してきました。
バイブの振動と同じように私の腰は動きます。

「あ~オメコが気持ちいい、恥ずかしいけど見てー」

そんな言葉が次から次へと出てきます。

黒いショーツがビチャビチャに濡れて、その中にバイブが入り、私のオメコはもう耐えられない状態です。
そんな淫らな私の姿を彼がデジカメで撮っている。

あ~、思い出してくると私のあそこは熱くなってきています。
ショーツはもう濡れてきて・・・感じています。
このままもう書けない状態です。

お風呂に入って一人でオナニーしてきます。