人妻以外は愛せなくなってしまいました

この体験談は約 5 分で読めます。

「俺が離婚するから、いっそ妻と再婚してくれないか?」

「それはダメです。裕美さんが人妻でなくなったら愛せないと思います」

人妻しか愛せない私が辿り着いた場所、それは寝取られ癖のある夫の願いを叶える『寝取り屋』でした。
無精子症な上に完全寝取られを望むご主人が、私の精液で妊娠出産をした可愛いお嫁さんの裕美さんと離婚するから裕美さんと結婚してくれと言うのですが、可愛い裕美さんが人妻だから私は裕美さんを好きになれたのですから、それはできない相談なのです。

私は、高2の夏に初体験しましたが、その相手は中学の同級生でお互い初めて同士でした。
大学でも処女、もしくは性体験の浅い同年代としか性行為はしていませんでした。
ところが就職してすぐ、仕事上断れない方から「妻とセックスして欲しい」と言われて、とても困惑しながら、その方の目の前で奥さんとセックスしました。
私は23歳、その奥さんは52歳で私の母より年上でした。
萎みかけの乳房、妊娠線の痕、崩れかけた体形に黒ずんだ陰唇・・・。
これでなぜか勃起してしまうのです。

奥さんの膣に生で挿入し、奥さんの指示通りに腰をグラインドします。

「ああ~硬い、ああ~~すごい、ああああ~~もっと突いてぇ~~掻き回してぇ~~」

それまで性行為をしてきた同年代の女の子は、決してそんなセリフを吐きませんでした。
明らかに感じているのに、声を押し殺して、時折耐え切れずに、「あ・・・あん・・・」と可愛い喘ぎを漏らすのです。
でも、その奥様は、ご主人が見ているというのに貪欲に快楽を貪りました。

「出して~、私のオマンコの中に精液を出してぇ~」

私が生まれて初めて膣内射精を経験したのが、この奥さんでした。
奥さんの黒ずんだ陰唇の私の精液が逆流していきました。
ご主人は、その様子を眺めてズボンの前を膨らませていました。

「お前、良かったか?気持ち良かったのか?」

ご主人が尋ねると奥様は「ウンウン」と頷いていました。

初めて経験した濃厚なセックス、そして中出しは、私に新しい扉を開かせました。
私は月に何回かその奥様と中出しセックスをするようになりましたが、その後、そのご主人の紹介で別の人妻とも関係するようになったのです。
ご主人の目の前で奥様を抱くこともありましたが、奥様と2人きりで一晩過ごすことの方が多かったです。
中には、その様子を撮影して欲しいと言われて、片手にビデオカメラを持ちながら奥様を抱いたこともありました。
30代、40代、時には50代の奥様とのセックスは、背徳感があって興奮しました。
そしてみんな寝取られ癖のある夫を持つ奥様なので、いわば夫公認の不倫なのです。

人妻との性交渉は後腐れがなく、若い女の子とではできない濃厚なセックスができるし、色んな女性とのセックスを経験できて嬉しい悲鳴でしたが、20代も後半になった頃、あることに気付きました。
独身女性に対する興味が失せていたのです。

人妻の魅力は『結婚している』ということにあります。
結婚は、夫とのセックスが大前提にあって、夫に身も心も捧げた女が人妻なわけです。
結婚して夫とセックスするうち夫の好みや性癖に染まり、一人一人、奥様の抱き心地や反応、フェラの仕方にも夫の色が出ているのです。
その上で、他人の奥さんを裸にして、自由に弄りまくったり恥ずかしい格好にさせたりして、最後は膣に陰茎を挿入して性交渉に至るのですから興奮します。
30歳になった頃には、ご主人の依頼で寝取った40代の人妻さんたち数人と、定期的にセックスをするようになっていました。

私が32歳の時、27歳同士の結婚2年の夫婦に完全寝取りを依頼されました。
そして27歳の若妻、裕美さんへの種付けをしたのです。
とても可愛らしい奥様で、私にとって初めての年下妻でした。
無精子症というご主人の目の前で、華奢なロリボディなのに人妻というエッセンスがエロさを醸し出して、今までにない背徳感の中で連日、中出しセックスを繰り広げました。
可愛い若妻に惚れて本気で精液を流し込みました。

「裕美、他人のチンポが生でお前のマンコを掻き回してるぞ。他人のチンポがお前のお汁で白く泡立ってるぞ。気持ちいいのか?俺じゃないチンポがそんなに気持ちいいのか?」

「あっ・・・あなた、見ないで・・・ああっ・・・ああん・・・あ、あ、ああ~~・・・」

「どうだ、俺以外の精液で孕むんだぞ。他人の精液をマンコに出されて、腹ボテになるんだぞ」

「ああっ・・・いやあ・・・そんなこと言わないでぇ~~あっ・・あん、ああん・・・」

ドックン、ドックン、ドクドクドク~~~・・・。

「おおっ・・・裕美ぃ~~~・・・」

ご主人は、私に中出しされて仰け反る裕美さんを見ながら右手で陰茎を扱いて大量射精していました。

翌年、裕美さんは可愛い女の子を出産しました。
もちろん血液型はご主人とではなく私と同じでした。
そして、その半年後、第2子の仕込みが私によって行なわれ、長女に続いて2歳年下の男の子が生まれました。
私にとっての完全寝取りは、奥さんに私の子供を産ませて、夫婦の子として育ててもらうことです。
でも、あのご主人にとっての完全寝取られは、奥さんに婚外妊娠をさせて、略奪されてしまうことでした。
つまり、不倫成就で奥様に捨てられ、愛する奥様が他人妻になって、毎日激しく凌辱されることが最大の悦びだというのです。

現在、私の正妻は裕美です。
あの後、私の条件を呑む約束で、離婚した裕美さんと私が結婚しました。
そして、もう1人いた完全寝取られを望んだ夫婦の由紀という奥様に私が種付けして離婚させ、裕美の元夫と再婚させたのです。
裕美の元夫は戸籍上の夫で、由紀とのセックスはさせません。
私が有希の家庭に赴き、由紀を抱くのです。
その様子を由紀の元夫が眺めにやって来て、由紀が生んだ第1子の面倒を裕美の元夫がしているという狂った構図です。

帰り際、裕美の元夫は、「ところで裕美は元気ですか?幸せですか?」と訊きますが、裕美が両乳首とクリトリスにピアスを通され、それを鎖で繋がれて麻縄で恥ずかしい格好に縛られている写メを見せてやります。

「あなたの可愛い裕美さんはもういません。今の裕美さんは変態マゾ奴隷妻ですよ」

毎回同じ写真を見せているから分かっているはずなのに、「ああ、愛しい裕美がこんなになってしまって・・・」とズボンの前を大きくしていました。

そして由紀に第2子が宿って以来、私は二度と由紀の家に入っていません。
その代わり、毎年、私と裕美と2人の子供が写る年賀状を裕美の元夫に送っています。
私は今年46歳になり、正妻の裕美と第2夫人だった由紀にそれぞれ2人の子供をもうけていますが、由紀にはもう10年も会っていません。

ところで裕美ですが、変態マゾ写真はフェイクで、実際にはピアスはねじで乳首とクリトリスを挟んであるだけです。
それでもすっかり信じ込んでしまった裕美の元夫は、変態マゾに堕ちてしまった裕美への愛情が失せて、裕美より2歳若い有希の方へ興味が向いていったようです。
そもそも私にはSの趣味はありません。
可愛い裕美の華奢ボディを汚して変態になったと思わせれば裕美の元夫は裕美への魅力を失くすと踏んだ私の策で、見事にハマりました。
私は、裕美が元他人の妻だったというだけで興奮できるようになりましたので、今は夫婦円満です。
裕美はすっかり私とのセックスに慣れて、良妻賢母で暮らしています。

タイトルとURLをコピーしました