部下のOL2人と王様ゲームしたら3Pになった

この体験談は約 7 分で読めます。

誰かに話したくてたまらなかった出来事を書きます。

この話は一昨年の夏、会社行事で企画・イベントを終え、3人で打ち上げをした話。
話に出てくるのは、俺、優子(仮名)、敦子(仮名)の3人。
ちなみの俺たち3人は同じ年齢で、入社は俺が1番最初で、その後に優子、敦子の順番。
一応、俺はポジション的に優子と敦子の上司なんだな。

優子は、胸はDカップ、顔は普通(どちらかと言えば可愛い系)、スタイルは普通、彼氏あり。
敦子は、胸はCカップ、顔は中の下、スタイル細め、彼氏あり。

話に戻るが、企画イベントが終わり、打ち上げに行くことになった。
店を予約し、19時30分に店の前に集合して、すぐさま飲み放題を頼み、約2ヶ月間の苦労を労うため乾杯。
2ヶ月間休みを削り、優子、敦子は彼氏等とのデートを断り、仕事に打ち込んだ。
当然、俺も合コンや女遊びを断っていた。
3人は企画が無事成功した達成感と久々のお酒、そして自由な時間を楽しんでいた。

飲み放題ということもあり飲むピッチが早い。
また、飲みながら会社や上司の不満、愚痴を大声で話しながら、それは楽しい時間だった。
楽しい時間はあっという間に過ぎ、飲み放題の時間も終わってお店を出ることに。
盛り上がったうちらはそのまま帰ることもなく、2次会の場所を考えた。

俺「2次会どうする?カラオケにする?」

優子「いいね。でもカラオケまで行くのに結構距離あるね」

そう、飲んでいた店からカラオケまで歩いて30分くらいあった。
タクシーを呼ぼうにも土曜日の22時。
待ち時間が長い。
その状況で敦子が・・・。

敦子「俺君って一人暮らしでしょ?俺君の家に行きたい!」

優子「そうだ!行きたい!行きたい!」

俺「え~、部屋汚いから嫌!」

敦子「決定!俺君の家で2次会!」

2人のテンションはヒートアップ。
確かに飲み屋から俺の家までは歩いて15分。
敦子と優子の気迫に負け、俺の家で飲むことに。
俺の家に向かう途中でコンビニに寄ってお酒や摘みを購入。
そんなに飲む?というほど購入した。

そして俺の家に到着。
(元々小まめに掃除していたし、俺が綺麗好きということもあり部屋は綺麗)

優子「うわ・・・綺麗・・・」

敦子「いい感じじゃん」

2人も気に入った感じ。
買ってきたお酒と摘みをテーブルに置き2次会開始。
部屋が色んな匂いで臭くなることを嫌う俺は、アロマで部屋の匂いを未然に防止。
部屋の明かりも明るいとヒートアップしそうだったので、間接照明を中心に部屋を照らした。
(騒ぐと近所迷惑だしね!)

敦子「俺君、女子力高いな!」

俺「そんなことないわ」

などと最初はふざけた話をしながら、深夜頃にはトランプなどしながら3人の恋愛話や最近の性事情まで話した。
話を聞いていると、優子も敦子も企画中の2ヶ月間は彼氏等とのセックスはなく、欲求不満だという話に。
エロエロトークに3人テンションMAX。
その時はUNOしてたんだけど、ビリの人には1位から恥ずかしい命令が下るといったエロエロゲームに・・・。

最初は敦子が勝ち、優子が負けた。
テンションも高かったため、最初から・・・。

敦子「優子の今日の下着を上下とも見せて。あと下着のまま1位になるまでゲームする」

優子「え~恥ずかしい・・・でも命令だから仕方ないか!」

俺「まじか?」

敦子「俺君・・・興奮するなよ」

そしてあっという間に優子は服を脱いだ。
水色のフリルの付いてるパンツ。
それとセットだろ思われるブラ姿になった。
「興奮するな」は無理な話である・・・。
俺の息子は元気いっぱい。

そしてゲーム再開。
次も敦子が勝ち、敦子が負けた。

敦子「優子のおっぱい揉ませて」

その後、優子は敦子の胸をモミモミ。
最初はブラ越しだったが、終いには直接揉み始めた。
ただ、絶妙な角度で乳首が見えない。
ただ、お酒も入っているから優子は、「あ・・・うん・・・」と微妙に感じているようだった。
なんだかんだで10分間ぐらい揉んでいたと思う。

ゲーム再開。
俺が勝ち、敦子が負けた。

俺「なら敦子も下着姿でゲームプレイ!」

敦子「変態か!?」

俺「へへへ・・・ばれたか(笑)」

優子「早く脱げ!」

敦子も何も感じないのか服をサラッと脱ぐ。
敦子は顔には似合わない蛍光オレンジの上下セットと思われる下着。

優子「敦子、それって勝負下着?」

敦子「そんなことないけど、可愛くない?ちなみに私の勝負下着は・・・薄い緑!」

優子「そうなの?私は赤!」

そんな感じでエロエロゲームは進んでいき、ほんとすごい雰囲気だった。
(ちなみに俺は負け知らず)
UNOが終わる頃には優子も敦子もバスタオル1枚に。
(夏だからできたね)
ただ、俺が負けないことに2人は常にやる気で、割り箸での王様ゲームに変更。
割り箸だとあっという間に負けた。
(負けたというか・・・これは運だよね)

優子が王様。

優子「俺君、全裸になれ!」

俺「待て待て、いきなりか。下着姿とか挟めよ」

敦子「私たちなんか裸なんだから早く脱げよ」

優子「命令変更、私たちで俺君の服を脱がせるから何もしちゃだめ」

敦子「いいね」

俺「よくない」

優子「ダメ」

優子も敦子も手慣れた様子で服を脱がせるが、2人ともマジだからタオルが落ちた。
全裸の2人が俺の服を脱がせている。
このシチュエーションはもうAVだね。
そしてパンツを下ろし、元気いっぱいの息子がこんにちは。

優子・敦子「デカ・・・」

優子「彼氏のより大きい」

敦子「・・・」

女って大きい息子を見ると興奮するのか?
しばらく擦ってたけど、どちらからともなく、2人で自然と舐め始めた。
1つの息子に対し2人の舌が絡まりあい、優子がしゃぶり始めると、敦子は優子の乳首を舐めながら、おっぱいを揉んでいる。
敦子がしゃぶり始めると、敦子の胸を優子が・・・。
俺はそれを堪能!
近くにカメラがあったので撮影を開始。
最初は恥ずかしがっていた2人も、撮られている興奮と、感じている興奮とでどんどん大胆に・・・。

敦子「私・・・実はまだイッたことないの。俺君、自信ある?」

俺「う~ん・・・どうだろ・・・やってみようか?」

敦子「・・・うん」

敦子のマンコは洪水のようなヌレヌレ。
俺も少しは自信はあったので、クンニ、手マンを開始。
お酒の力もあったせいか敦子はすぐに感じ始めた。

敦子「あ・・・あ・・・あ・・・ダメダメ、待って、変な感じ、あぁぁあああ!」

その瞬間、敦子の全身の力が抜け、ビクビクと痙攣。
その後、俺はクリを舐め、敦子は「なんか出るなんか出る!!ダメーーー!!」と、声を押し殺しながらも失禁。
俺の身体が敦子のおしっこで濡れた。

優子はその光景を見ながらオナニーをしていた。
俺は敦子との行為が終わった瞬間に優子を見たら目が合い、優子はすごく恥ずかしそうだった。
優子にそっと近づき、耳元で言った。

俺「優子、変態だな・・・どうして欲しい?」

優子「・・・」

自然と優子は俺の息子に顔を近づけしゃぶり始める。

ジュボ・・・ジュボボ・・・。

敦子が近くにいるのに激しく舐め始め、俺の上に跨がり、シックスナインを求めた。

優子「私のも舐めて。私もイカせて欲しい」

俺は優子のマンコを舐めながら手マン開始。
優子は俺の息子を口に入れながら・・・。

優子「あふ、あふ、んんん・・・う・・・んんんーーーーー」

優子もすぐにイッた。
当然のように失禁もさせた。

クタクタの2人を並べ、入れて欲しいか確認すると、2人とも「入れて欲しい」とお願いをしてきた。
最初は敦子に挿入。

敦子「あぁぁぁ!いい!!いい!!!気持ちいいぃぃ!!奥まで当たるぅ、ゴリゴリすれて気持ちいい・・・あ・・・は・・・!」

10分くらい正常位で攻め、敦子はイッてしまった。
息子を抜くと、またおしっこが出てきた。
次に優子に挿入。

優子「やっぱ彼氏より大きい。彼氏のエッチより気持ちいい。ダメダメ。気持ちいい。あっつあっつ・・・」

俺「彼氏のチンチンと俺のチンチンどっちが好き?」

優子「俺君のチンチンがいい。お・・・お願い・・・バックで入れて」

体位を変え、バックで挿入。

優子「ゴリゴリ感がすごい。ダメ・・・イク・・・!」

優子はバックにしてすぐにイッた。
3Pっていいね。
優子がダメになったら、敦子へ・・・。
敦子もヘロヘロになりながらも挿入するとすごく感じている。
腰を振るたびに、「あっ・・・あっ・・・うっ」と声にならないよう声で感じている。

敦子とエッチをしていて思ったのが、よくお漏らしをすることだった。
イクたびにおしっこが出る。
男としては自信を持てる感じだ。

敦子、優子と入れ替わり楽しんだ俺。
俺もイキそうになり、最後は優子のマンコでイッた。
精子は優子の顔面へ。
その後、口の中に入れ、お掃除させた。

ただ、2ヶ月俺もしていなかったため、息子はまだまだ元気。
もう体力の限界にきている敦子に挿入。
敦子は身体の力が入らないため正常位のみ。

敦子「もう無理・・・もう無理。早くイッて・・・お願い・・・」

そう言いながらも敦子のマンコは洪水だった。
息を切らしながらも感じまくる敦子。
15分くらい腰を振ったかな?
2回目の発射が近づいてきた。

俺「どこに出して欲しい?」

敦子「口に出して・・・飲みたい・・・」

俺「わかった。そろそろイキそうだよ。口開けて」

敦子は大きな口を開け、待っている。

俺「イクぞ、イクぞ、イク・・・」

敦子「あ・・・あ・・・あ・・・早く飲みたい」

俺「あ・・・」

俺は息子を敦子の口の中へ・・・2回戦目だったが大量に出た。
一滴残さず敦子の口の中へ。
敦子は口の中に出される精子をゴクゴクと飲んだ。

敦子「量・・・多いよ・・・飲みきれないかと思った」

その後、何も言わなくてもお掃除フェラ。
ジュボ・・・ジュボ・・・と精子とよだれが混ざった音が妖しく鳴り響く。
その後も息子は元気な状態で、その深夜から朝方まで、優子と敦子で4回エッチをした。
優子も敦子もヘロヘロ状態。
俺もその後、深い眠りについた。

昼頃まで寝て、起きると敦子は帰宅しており、優子はまだ寝ていた。
優子も俺が起きてから1時間後に目を覚まし、状況を把握できていない状態だったが、気持ちよかったことは覚えていたようで、その日は優子と何度もセックスをした。

その後。

優子「あれ?私の下着がない・・・?どうして?」

俺「お前ら酔った勢いでベランダから下着投げてたじゃん」

優子「まじで・・・覚えてない・・・どうしよう・・・」

俺「そのまま帰るしかないわな」

優子「めっちゃ恥ずい」

と言いながらも、終電が近いため帰宅。
俺も駅までは送った。

実は優子と敦子の下着は俺が部屋に隠した。
だから2人もノーパン、ノーブラで帰宅。
今でも下着は持っている。
また撮影も行っていたため、生々しい3P映像は残っており、映像+下着セットでたまに俺のオカズになっている。

優子のマンコは彼氏がいるためかユルユルだったが、フェラは気持ちよかった。
優子とはその後セフレ関係になり、優子が結婚する前まで身体の関係が続いた。
敦子のマンコは未開発だったのか膣は狭く、フェラも優子に比べれは下手であったが、感度はよかった。
敦子もその後、結婚。
敦子とはその後、身体の関係もなく、会社でも話さなくなった。

ただ2人ともおっぱいはとても柔らかかった。
優子も敦子も旦那のセックスに満足しているのかな?
連絡が来ないかな?と思っている俺。

つい最近敦子から、「飲みに行かない?」と誘いがあった。
これは期待していいのかな?っと思っている俺の話でした。