パネマジの恐ろしさを思い知らされた初ソープ体験

この体験談は約 3 分で読めます。

自分は20歳。
とりあえずソープ店のホームページを見ながら電話予約。
待合室で人と会いたくなかったので朝一狙い。

「朝一は新人と、もう1人空きがある」と言われました。

お目当ての子がいたが満員御礼らしい。

『新人はやめとけ』というレスがあったので、もう1人の姫に決定。
ホームページの写真では井川遥っぽい。
コースは90分で総額27000円でした。
期待に胸と股間を膨らまします。

確認の電話を入れて10分前に来店。
待合室にすでに2名の先客。
お茶とおしぼりをもらい、アンケートや会員証の説明などを受けます。
ボーイさんは本当に丁寧な人でした。
緊張はしていませんでした。
期待のほうが大きかったです。

10分ほど待った後に名前を呼ばれ、姫と対面。
このとき『パネマジ』という言葉の意味を痛感しました。
確かに胸はEカップはありそうでした。
しかし・・・ウェストもそれなりにありました。
58センチとか絶対に嘘でしょう。
ついでに顔が森三中の村上ギャルバージョン。
20歳という年齢も嘘でしょうが、それ以上に姫の容姿に萎えました。
覚悟はしていたつもりでしたが本当にホームページの写真と違うんです。
絶対に別人だと思いました。
しかし脱童すればいいと意識の切り替えに励みました。

個室に入り、適当に雑談。

姫「若いねー」

自分「22歳です。ソープ初めてなんです」

姫「そーなんだぁ。じゃあとりあえず服脱ごっか」

童貞というのを付け加える間もなく服を脱がされ、言われるがまま湯船に。
姫の裸を見ると三段腹。
胸も、ブラを外すと見事に垂れていました。
まるで牛みたいです。
ブラって詐欺です。

一緒に湯船に浸かり、歯磨きをして体を洗ってもらいます。
アソコは反応をしているようです。
体は正直です。
湯船で憧れの潜望鏡を体験。
興奮しましたが、射精感は皆無でした。

その後、マットプレイ。
こんなに気持ちいいものとは思わなかったです。
パイズリも体験しました。
アナル舐めは気持ち良すぎました。
途中から早くやりたいと思うようになってきました。

マットでフェラしてもらった後に騎乗位。
S着で呆気なく童貞喪失。
しかし、初体験だというのに、挿入しても何も感じません。
締め付け感がないのです。
このとき初めて焦りました。
上下にピストンする姫。
垂れた乳と腹肉が揺れています。
正直、気持ちいいとは思わなかったです。

姫「まだイカない?」

自分「スンマセン・・・orz」

『ソープに行ってもイケなかった』という過去のレスは正しかったみたいです。
(オレなら余裕で抜ける!)という変な自信が消え去りました。

所詮は童貞、憧れの脱童を果たすも、ヘコんだまんま休憩に。
その後、ベッドでフェラをしてもらい、息子が立ったところでS着騎乗位。
気持ちが萎えきっていたのか、中折れする始末。

姫「えー!!なんで!?」

自分「いや・・・緊張して・・・」

頭の中が真っ白になりました。
正直、泣きそうでした。
正常位でやってみようということになり、挿入する前にアソコを必死にシゴく自分が惨めでした。

そして挿入。
下手くそなりに腰を動かすも、これまでの感じで絶対童貞ってバレてると思います。
モロに演技な姫の喘ぎ声でげんなりしそうになるも、なんとか射精しました。
イクというより、ちょろっと出たという感じでしたが。

(出さなきゃだめだ)という義務感みたいなものに取り憑かれていました。

姫「少ないねー。昨日抜いた?」

3日間、抜いてないんですが・・・。
その後の姫との雑談も、自分の不甲斐なさに放心状態でした。
最後に姫に、「うまくできなくてごめんね」と謝られましたが、逆に恐縮してしまいました。

こうして私の初ソープ、かつ脱童は終わったのでした。
ソープという未知の領域を少しだけ知ることができました。
パネマジの怖さを知ることもできました。
次は別の子でリベンジしようと思います。

タイトルとURLをコピーしました