電車の中なのに恥ずかしいくらい感じてしまいました

この体験談は約 3 分で読めます。

恥ずかしいけど痴漢体験を書きます。
今、高3ですが、高1の時のことです。

満員電車で、私はドア側に立っていました。
それで私の斜め後ろに、20代後半のちょっとかっこ良さげなサラリーマンっぽい人がいました。
ちょこちょこ見てたら何度か目が合ってしまったので、勘違いされたら嫌なので、彼に背を向けてドア側に向いて立っていました。

何分かして次の駅に止まった時、電車を降りる人たちに紛れて、その人が私の近くに来ました。
しばらくすると太ももあたりに、その男の人の手の甲みたいなものが触れてきました。
でも、(ただ当たってるだけかな?)って思って、気にしないようにしていました。

だけどそのうち、触れているというより擦っているという感じになってきて・・・。
当時の私は男性経験も少なく、痴漢に遭ったこともなかったので、正直に言うと、(うわ~、私触られてる・・・)って半分嬉しい気持ちもありました。

それで私が抵抗せずにいると、太ももから下着の中に手が移動してきました。
そのときは動揺して、助けを求めるという考えは思いつくはずもなく、ただじっと我慢をしているしかありませんでした。
そんな私をいいことに、痴漢の手は私の陰部に移動して、優しく撫でたり、そうかと思えば激しくクリトリスを刺激したりしてきました。
私は必死に股を閉じて抵抗していたのですが、男性の力に敵うはずなく、全く無意味でした。

女性の方なら分かると思うのですが、股や足に力を入れていると、陰部を刺激されたときに体が熱くなってきます。
私も痴漢に抵抗して股に力を入れていると、不覚にもだんだん下半身が熱くなってきてしまったのです。
それを痴漢も察知したのか指を中に入れてきました。
自分の意思とは裏腹に濡れまくってたみたいで、グチュグチュっていってるのが聞こえました。
私がスーツ姿の年上の男性フェチなのと、電車の中というシチュエーションや、いやらしい音で少しずつ感じ始めてしまいました。

痴漢の指は、ゆっくり動いたり速く動いたり、女性の感じるリズムを知っているかのように上手で、私もいつの間にか痴漢に体を預けるような形になってしまいました。
そしてそのうち電車の中ということを忘れて、「んぁぁっ」って声を出してしまいました。
それには痴漢も驚いたようで、指をさっと抜きました。
私も我に返って、咳払いをしたりして誤魔化しました。

痴漢はその後もまた指を入れてきて、さっきよりも速く動かしてきました。
私は声をこらえるのに必死で、痴漢のスーツの端を握り締めていました。
痴漢の指がまた一定のリズムを繰り返した頃、突然下半身がブァッと熱くなりました。
体中の血が陰部に集中したような感じです。
痴漢も私の異変に気づいて指の動きをいっそう速め、私も頭が真っ白になって、周りの状況などどうでも良くなり、腰をいっぱい動かしてついにイッてしまいました。

その後はそこで立っているのが精一杯で足がガクガクしていました。
いつの間にかその痴漢は電車を降りていたようです。
今でも、そのときほど感じたことはありません。

タイトルとURLをコピーしました