性欲に負けて人生最大のチャンスを逃したキモメン

この体験談は約 4 分で読めます。

写メ交換しなかったからブッサイクなのが来るのかと思ったら、黒髪ロングの目がぱっちりした可愛い子で驚いた。
『彼岸島』とか『寄生獣』とかが好きらしく、好感が持てた。

ちなみに俺は一重まぶたコンプレックス。
キモメンなのに普通に接してくれた。
その日は就活の面接帰りだったから、俺はスーツを着ていた。
その子は「スーツ萌え」とか言ってくれた。
こんなキモメンに。

んで、待ち合わせの場所に行ったら、DSやってる黒髪ロングの女の子がベンチに座ってた。
俺はてっきり相手はブサイクだと思ってたから、この子ではないだろうと思ってた。
そしたら、その子が話しかけてきた。

「もしかして、俺さんですか?」と。

相手は、メールでは女の子特有のキャピキャピ感はなく、男みたいな感じのノリだったから、まさかあんな顔の子ではないと思ってた。
テスト期間が終わったらしく、俺はカラオケに行かないかと誘った。
そしたら、「アニソンしか歌えないけど、それでもいいなら」ってことで行くことになったのだった。
そこで軽く挨拶して、「ゲーム何やってんの?」って聞いたら、バイオハザードなんちゃらだった。
俺はバイオハザードはやったことがないからよく分からなかった。

その子を車に乗っけてカラオケまで向った。
その間緊張して、話題をあまり振ることができなかったが、その子が他愛ない話題を普通にしてくれたから助かった。
しっかりしてる子で安心した。

カラオケに着き、一緒に車を降りて歩いてたら、隣でその子がズッコケやがったwwww
まあ地面がツルッツルに凍ってたからしゃあなかったが、そのときパンツが見えた。
爆笑してる俺も滑ってコケそうになったんだが、反射的にその子の肩に掴まってしまった。
そしたらその反動で、その子がまたコケた。
本当に申し訳なかったwwww

「カラオケの入り口はすぐそこなのに、なかなか辿り着けないねw」って笑ながらまた一緒に歩いた。

この出来事でなんだかいい感じになった気がした。

そしてカラオケに着いて、部屋に入ったら結構狭いところだった。
それなりに警戒してるだろうと思ってたから、クールな俺は離れたところに座った。
彼女はかなりのアニオタだった。
なんかすげえ昔のアニソンとか歌ってた。
そして、『ミナミの帝王』のEDを歌われた時、俺はその子が好きになってた。
俺が『愛をとりもどせ』を入れたら一緒に歌ってくれるしで、もうなんというか凄く楽しくて、こんなに可愛くて、コアな趣味してる女の子に出会えたことを、俺は神に感謝した。

ドリンクバーを使ってたからジュースとかくんで来てくれるしで、凄く気が利く子だなと思った。
俺はこんなキモメンなのに、なんで普通に接してくれるんだろうと不安になってきた。
ドリンクバーから戻ってきた彼女に、「俺、キモくないの?正直怖いでしょ?」って聞いたら、「雰囲気がお兄ちゃんに似てるから凄く好感が持てる」と言われた。

(天使かよ!)って思った。

芸能人では森山未來とか及川光博が好きらしく、一重まぶたの人の方がかっこいいと思うらしい。

「俺、一重まぶたコンプレックスなんだけど」って言ったら、「むしろ一重男子が好き」だと言ってくれた。

一重で気にしてる男ども、こんな子もいるってことを覚えとけよ。

まぶたの話で盛り上がり、歌を唄うのも疲れてきたねってなり、会話が途切れた。
そこで微妙な空気になってしまったから、とっさに俺、「◯◯ちゃんのこと、好きだなwwww」って言ってしまった。
やべえと思ったが、なんか凄い喜んでくれた。

「わーい!」って、万歳してた。

子供か(笑)

そこで俺はある事を思い出した。
2chでよく『女の頭をポンポンすれば良い』というスレが立っているから、やってみることに。

「◯◯ちゃん可愛いなww」

なんて言いながら頭を撫でてやったが、これってすげえ勇気がいるのな。
そしたら瞳孔が開いてた。

(やべえやべえ!そりゃ、こんな気持ち悪いやつにされても駄目だよな)

我に返った俺は「ごめん」と一言謝り、手を離した。
そしたら、「これだけ?」って言われた。
意味が理解できなくてキョドる俺。

「えっえっ?あっ」とか言ってたら「もっと!!」って言われたから、また頭を撫でてやった。

相手もよくよく見たら相当緊張してるみたいで、可愛くて我慢できなくなって抱き締めてしまった。
このキモメンの俺が・・・。
しばらくお互い無言でぎゅっとしてたら彼女が、「落ち着く~」とか言ってきたから可愛くて、また頭を撫でてやった。

(なんか猫みてえだな)

そう思いながらずっと頭を撫でてた。
髪の毛がさらさらで気持ちよかった。

そこで俺はダメ元で、「キスしていい?」と聞いてみた。
彼女は「恥ずかしいから駄目」と言ったが、何度もお願いしたら、「してもいい」と言って目を合わせてくれた。
それでキスしてしまった。
その何度もっていうのは、数えてないが相当粘ったから、かなりうざかったと思う。
女の子もずっと拒否してたが、俺がうざすぎてもう仕方なしにしてくれた感じだった。

キスしながらおっぱいに手を出そうとしたら断固拒否してくる。
それでも粘る俺。
そこで顔を手で無理やり離された。

「私は俺さんのこと、ずっとメールとか電話してて凄く好感持てるいい人だと思ったから、実際に会って仲良くなりたいから来たわけで、こういうエッチなことするために会いに来たわけじゃないよ。私も好きだからキスできたのは嬉しいけど、やっぱりいけない」

みたいなことを言われた。
そこでやっと冷静になった俺は、本当に自分が情けないと思えてきて何度も謝った。

彼女は、「ここまで趣味が合う人に会えたのが嬉しかったのに、まさかこういうのが目当てだったとは・・・」って落ち込んでた。

そこでずっと沈黙。
俺はなんて事をしたんだと本当に自分が情けなかった。
さっきまで楽しかったことが夢に思えてきた。
でも現実だった。
彼女は一言「帰ります」と言って部屋を出て行ったが、俺は引き止めることもできなかった。

時間が過ぎ、ちゃんと謝ろうと彼女に電話をかけた。
でも繋がらなかった。
泣きそうになったwww
当たり前だが相当怒ったんだろう。
電話もメールも拒否。
俺は馬鹿だと心の底から思った。
思えば今までも相手を傷付けてばかりだった自分に嫌気が差し、もう三次元の女には手を出さないと固く心に誓った。

俺が言える立場じゃないが、性欲に飲まれて女の子を傷付けることはしないで欲しい。

タイトルとURLをコピーしました