妹が中学を卒業するまで

この体験談は約 2 分で読めます。

俺が中学生で、妹が小3の時にいたずらしてしまった。

夜になると俺と妹は二階で、両親は一階で寝るのでいたずらしてた。

はじめはおっぱいを触り、乳首を吸ったりしていた。
妹はわからない感じだった。

ある夜、妹のパンツを脱がし、直接触ってると少し感じてきたのか、妹は目を瞑っていて我慢してるようだった。
さすがに指は入らなかったので舐めてみると、気持ちよいのかカラダを仰け反らせ、最後は少しおしっこを漏らしてしまった。

妹は「ゴメン」と謝りったが、俺は興奮してたので罰としてチンチンを咥えさせた。

「アイスクリームを舐めるように」と伝え、小さい口ながら一生懸命しゃぶってた。

イキそうになり、口の中へ出し、罰として飲ませた。

妹が小5になり、フェラも上達し、指も小指一本が入るようになり、濡れるのがわかってきた。

夏休みのある日、両親が外出中に妹にいたずらしてると入れたくなり・・・。

「知らない人よりお兄ちゃんの方が初めてでも安心できるよね。痛くしないし無理矢理しないから」と安心させ、「入れる所が見えると緊張するから、タオルで目隠しするね」と言い聞かせた。

やはり小5では穴が小さく、先っぽだけで痛がったが奥まで入れた。
すぐに中でイってしまい、妹は痛がり泣いていた。

それ以降は初潮が始まる中一まで中出ししていた。
結局、妹とは中学を卒業するまで関係は続いていた。

後から聞いた話だが、妹は小6の時に同級生とエッチしたりフェラしてたらしい。
確かによく男の子が遊びに来ていたのを覚えている。