私と麗奈の逆ナン体験談 その1

この体験談は約 5 分で読めます。

私(夏美)22歳と、友達(麗奈)23歳が去年の秋に体験したことを書きます。

私達は幼なじみで職場も同じです。
仕事の都合上、季節外れの夏休みを過ごしている時のこと。
麗奈が男が欲しいという事で麗奈の車で街に逆ナンしに行きました。

麗奈はギャル男や遊び人はキライみたいで(性病持ってそうなイメージがあるらしい)清純そうな子をターゲットにしてるみたいでした。
すると約2時間した時の事一人の清純そうな青年?少年?が目の前を通過しました。

麗奈「あの子結構良くない?」

私「じゃぁもう一人探さないと・・・」

麗奈「私達二人で彼一人を相手しようョ」

私「エッ?」

すると麗奈は彼に声を掛けに行きました。

何を話してるか分かりませんが、数分後、麗奈が私にOKサインを送ってくるので二人の所に行き、麗奈の車に乗りました。
話を聞くと彼は健太と言い、地元の中2だそうです。

車は真っすぐラブホテルヘ向かいます。
部屋に入ると健太君を床に座らせ、私達は健太君にスカートの中のパンティーが見えるようにベッドに座りました。

麗奈「ココが何をする場所かわかる?」

健太君は小さく頷きました。

私「じゃぁ服脱ごうか?」

三人は下着だけの姿になりました。

私が健太君にディープキスをして、麗奈は耳や首にキスを始めました。

麗奈「私達のブラジャ外してくれる?」

私は健太君に背中を向けました。
麗奈は健太君の手をとり、ホックを外させました。
次に麗奈のホックを外してもらい、二人で健太君の方を向き直し、同時にブラを落としました。

私Dカップ。
麗奈Eカップ。

健太君は興奮しながら二人のオッパイを観察してます。

私「黙ってないで。触っていいんだよ」

健太君の右手を私の左胸ヘ。
麗奈は左手を右胸に持って行きました。
健太君はゆっくりですが揉み始めました。

私は我慢出来なくなり、健太君の頭を掴みオッパイまで持って来ました。
健太君は私の左右のオッパイをペロペロ舐めながら麗奈のオッパイを揉んでます。

しばらく健太君の好きなようにオッパイで遊ばせると、麗奈が健太君を一度離し・・・

麗奈「じゃぁそろそろ女の子の1番大事な所を見せてあげるわ」

私と麗奈は立ち上がり、パンティーを落としました。

健太君は息を呑みながら私達のアソコを見てきます。
私は健太君にアソコが見やすいように仰向けに寝てM字開脚をすると、麗奈は私を跨いで四つん這いになり、健太君に見えやすいようにお尻を突き出しました。
たぶん健太君は初めての体験で物凄い光景に圧倒されたのでしょう。
目を丸くして二人のマンコを見つめるばかりでした。

麗奈のアソコから汁が垂れ、私のアソコに付きます。

麗奈「どうしたの?黙ってないで早く触って」

健太君がやっと触り始めると、私達はハァハァアンアン感じてきました。
麗奈は力が抜け私に倒れ込みましたが、お尻はまだ突き出してました。

麗奈「ねぇアソコ舐めて」

健太君は麗奈のアソコを舐め回しました。
麗奈はとても気持ち良さそうにアンアンしています。
私も健太君に両手でアソコを触ってもらってます。

麗奈は私に小さな声で「悪いけど私先に貰うよ」と一度健太君を離し、仰向けに寝かせました。

健太君のパンツは既にパンパンで窮屈そうなので、二人でパンツを脱がすと中2にしては立派です。
15cm以上はあります。

私達はすぐに触り始めると健太君も感じてました。

すると麗奈が突然チンチンを咥えたのです。
私は健太君にクンニしてもらうために健太君の顔の上に腰を下ろしました。

健太君は自然にアソコを舐めたのですが、「出そう」と言い、間もなく射精しました。

麗奈は精子を口からティッシュに出すとクンニ中の健太君に「まだできるヨネ?」と聞き、健太君は「大丈夫だと思います」と一言。

それを聞いて麗奈はコンドームを準備しました。
するとクンニしてるせいか健太君のアソコは復活しました。
麗奈はすぐにチンチンにゴムを付けました。

私は初めての合体の瞬間が見れる様に健太君の横に座り、手マンしてもらいました。

麗奈「お姉さんが健太君の童貞貰ったげる」

いよいよ健太君にとって初めての合体です。

健太君は麗奈のアソコにチンチンが入る瞬間を真剣に見てます。
完全に麗奈と健太君は一つになりました。
私は一度二人から離れ、オナニーしながら二人のSEXを見てました。

麗奈は騎乗位で腰を振り健太君の手を掴みオッパイを揉ませました。
麗奈のEカップのオッパイは健太君の手からこぼれてます。

麗奈「健太君。腰動かして」

麗奈は健太君に座り込むと、健太君は腰を振りました。

麗奈はアンアン激しく感じてます。
ゆさゆさ揺れる麗奈の大きな胸を健太君は一生懸命揉んでます。
麗奈は健太君を体を掴むと、正常位に体勢を変え、思いきり突いてもらいました。
約5分で健太君は射精しました。

麗奈はまだイッてませんが久しぶりのSEXの余韻に浸ってました。

私は健太君に寄ってディープキスをして健太君の右手をアソコヘ。
左手をオッパイヘ持って来ました。
するとすぐにチンチンは勃起したのでゴムを付け、お尻を突き出し「早く入れて」と手でアソコを広げるとチンチンが中に入って来ました。
私も久しぶりのSEXに凄く感じてました。

私がアンアン言っていると健太君は私のオッパイを揉んでくれました。
私は健太君を座らせ、繋がったまま体勢を変え、座位にすると健太君は私を突きながら左手で胸を揉み、右手でお尻を揉んで口で乳首を舐めてきました。
私はあまりの気持ち良さにイッてしまいました。
健太君もイッたみたいでした。

私はしばらくボーっとしていると麗奈と健太君が立ちバックで合体してました。
麗奈は壁に頭と左腕をつき、右手で自分の右胸を揉み、健太君は左手で麗奈の左胸を揉み、右手でクリを触ってました。
すると麗奈はイッてしまいベッドに倒れ込みました。
健太君はまだイッてませんでした。

私は健太君の手を引き「シャワー浴びよっか?」と二人でシャワー室に入り、一度汗を流し、お互いのアソコを洗い合うと、浴槽の淵に健太君を腰掛けさせパイズリしました。
健太君は少し感じてました。
私はそのままフェラをして健太君をマットに寝かせ、69でお互いを舐め合いました。
体にローションを付け、健太君の体の上をヌルヌル滑った後、騎乗位でハメました。
健太君に体を重ねディープキスすると健太君は限界だったのか激しく腰を振りました。
私もその動きでイッてしまいました。

しばらくそのままの体勢でいると麗奈が入って来て「三回戦開始~」と私を退かし合体。
そのあとも私達は交代で健太君に襲いかかりました。

ホテルを出て車に乗り、街まで健太君を送り、連絡先を交換しました。

その後、私と麗奈はマンションを一緒に借りて、暇な時に健太君を呼びヤリまくってます。

タイトルとURLをコピーしました