パチンコで大負けした若妻が借金を申し込んできた

この体験談は約 8 分で読めます。

昨日、すげ~いい思いをした。

久しぶりに代休をもらったから、昼からパチンコ屋へ行ったのね。
新台の北斗が空いてたから、とりあえず着席してみた。
3千円で当たっちゃって連チャンが止まらず。

10連したぐらいした時、隣の客が入れ替わって女の人が着席。
チラッと見たら20代半ばぐらいの可愛らしい女の人。
タバコも吸わないし大人しそうな感じだったから、彼氏と来てるのかなって思ってた。
でもこの女の人がガンガンお金を入れるわけ。
夢中でやってるっぽくて、俺が20連位の時はたぶん3万近く使ってたと思う。

結局、俺は25連してラオウを昇天させて終了。
ずっと連チャンしてたからトイレに行って、コーヒーを飲みながらちょっと休憩してた。
戻ってすぐに仕事の電話が掛かってきちゃって、30分の休憩札を出して退席。
戻ってみたらまだ女の人は打ってて、しかもまだ何も当たってない。
可哀想だなぁって思いながら少し打って、俺はやめることにした。
換金してみると15万以上の勝ち。

ウハウハで換金して帰ろうと歩いてたら、後ろから「スイマセン・・・」って声掛けられた。

(なんだ?)

そう思って振り返ると、さっき隣で打ってた女の人が立ってた。
何か俺が忘れ物でもしたのかと思って「なんですか?」って聞いたら、「あの・・・ちょっと・・・いいですか?」って、かなり緊張気味な雰囲気。
手持ちの金と合わせて20万近く持ってたし、正直ちょっと警戒した。
しかもこのパチンコ屋ってのは国道沿いにあって、声を掛けられたのはちょうど暗い道。
100メートルぐらい先にコンビニがあるだけで、明かりはパチンコ屋の駐車場の光だけ。
周りには誰もいなかったけど警戒してキョロキョロしてみた。
誰もいないし車もないけど、警戒しながら、「どうしました?」って聞いてみた。

「ホントにいきなりで申し訳ないんですけど・・・」

「はい・・・」

「お金貸して頂けないでしょうか?」

「はっ?」ですよ。
だって知らない人だし。
俺がキョトンとしてると、早口で焦りながら言ってきた。

「今週中にはお返しできるんです、給料日なので。だから1万円でもいいんです」

「いやいや・・・それはちょっと・・・」

「ホントに失礼なことなのは分かっています。でもあんなに負けるとは思ってなかったので」

「いくら負けたんですか?」

「7万です・・・」

「お金貸したら、また打ちに行くんでしょ?」

「あ・・・いや・・・あの・・・生活費にします・・・」

「家族とか友人とかいないんですか?」

「主人には言えませんし・・・友達もいないですし・・・」

(人妻かよ!)って面食らいました。

暗がりだったけど、若く見えるし、結構可愛いし。
おまけに薄いカーディガン越しの胸はデカいし。
ぶっちゃけ隣でかなり負けてるのは知ってたし、俺はかなり勝っちゃってるしだから、1万ぐらいは正直あげてもいいかなって思ってた。
でも知らない人に気前良くあげれるほど俺は人間ができない。

「旦那の給料日までの4日間を1万で過ごせるの?」

「夕飯だけですから・・・」

「でも知らない人にいきなりお金を貸すってのはねぇ・・・」

「頭のおかしいなことを言ってるのも分かります。そこを何とかお願いします・・・」

すげ~必死に頭をペコペコ下げながらお願いしてくる。
弱ったな~と思いながらも、俺は揺れるオッパイをチラ見してた。

「じゃ~さ~・・・言うこと聞いてくれる?」

心臓ドキドキさせながら言ってみた。
女の人は『えっ?』って顔をして、一瞬にして顔が曇った。
警戒心丸出しの表情。

「貸すっていうか、あげようかと思って・・・」

「ちゃんと返しますから・・・」

「そんなこと言われても信用できないでしょ?普通は。だから・・・ねぇ・・・」

立場的には俺の方が上だし、これは行けるとこまで行ってみようかなって思った。
しかも女の人は下を向き加減でモジモジしっぱなしで、蛇に睨まれた蛙状態だし。

「お願いって・・・なんですか?」

「1万円あげるから・・・口でしてくれる?」

「えっ!口ですか?!」

言った俺も心臓ドキドキだったけど、この奥さんもかなりキョドってる。

「悪い話じゃないと思うけど」

「でも・・・その・・・どこで・・・?」

(乗ってきたじゃん!)と思って俺は一気に畳み掛けた。

「そこの裏に小さな公園があるんだけど、そこなら大丈夫だと思うよ」

「でも・・・人に見られたら・・・」

「じゃ~ホテル行く?それは嫌でしょ?俺は早いからチャッチャッと終わるし、どうする?」

「はぁ・・・はい・・・あ・・・でも・・・」

「とりあえずさ、店に戻ってオシボリ取ってくるから。戻って来るまでに考えておいてよ」

そう言って俺は足早にパチ屋へ戻った。
歩きながらかなりドキドキしてた。
援交みたいなのって初めての経験だし。
店でウェットティッシュみたいなオシボリを数個取って、急いで外に出た。
道に出てみると奥さんが1人でキョロキョロしながら突っ立ってる。
俺に気が付いて下を向いたりモジモジしっぱなし。

「どう?決めた?やるならこれで綺麗に拭くから大丈夫だと思うけど」

「はい・・・1万円ですよね?」

「うん、1万円」

「じゃ・・・お願いします」

奥さんを連れて俺は公園を目指した。
歩いて5分程度だったから無言に耐え切れなかった。

「いつもあんな風に打ってるの?」

「いえ・・・いつもは2万円て決めてるんです・・・でも・・・」

まぁよくある話で、ちょい前に10万ぐらい勝っちゃって味を占めたらしい。
その10万もすぐに使い切って、給料日目前ならどうにかなると思ってぶっ込んだとか。

目的の公園はL字型になってて、住宅街にある小さな子供専用の公園。
誰かがたむろってたらすぐ通報されるっていうナイスな公園。
角の方にあるベンチがあって、そこは道路からかなり死角になってる。
周りに数本の木があるけど、蚊のいない季節で良かった。

「まず1万円渡しておくね・・・」

俺は前金としてお金を渡した。
奥さんは「どうも」って言って、それを財布に入れてた。
マジで財布の中には札が全く無い。

「じゃ・・・」

俺はジッパーを下ろして、持ってきたオシボリでチンコを拭いた。
その様子を何気にジッと見られてるから、拭いてるだけで勃起しちゃって。
2枚使って綺麗に拭いて、「じゃ、お願い」って奥さんの肩に手をかけた。
手を乗せた瞬間ビクッと体が反応してたけど、諦めたみたいでチンコを握ってバクっ。
舌先でチロチロ舐めて・・・なんて余裕もなく、いきなり激しいバキューム開始。
ぶっちゃけフェラ自体が2年ぶりだったから、『うほぉぉぉ・・・』って気分だった。
だんだん涎が出てきたのか滑らかな感触に変わってきてて、それがまた気持ちいい。

初めのうちはホント気持ち良かった。
誰だかも知らない人妻がいきなり俺のチンコ舐めてるっていう思いと、しかもその人妻が結構可愛いし清純ぽい見た目だったから興奮しまくってた。
でもただ激しいだけのフェラだとだんだん感覚が慣れてきちゃって。
恐る恐る奥さんの胸に手を伸ばしてみた。

「んゃっ・・・」

チンコを咥えながら軽い抵抗。
それでも咥えたままだったから俺は洋服の上から胸を弄ってみた。
想像通りの巨乳ちゃんで、ずっしりしたボリューム。
体を斜めにして前屈みになり、両手でオッパイを揉んだ。
これがまた柔らかくてボリュームがあって最高な巨乳。
また興奮しちゃってきたんだけど、それでも一向にイク気配なし。
こうなったら・・・ってことで、胸元から一気に手を突っ込んで生乳を揉んでみた。
さすがにこれには身をよじって抵抗したけど後の祭り。
完全に右手がズッポリ生乳を鷲掴みしてた。
驚いたのは乳首がカチカチになってたこと。
初めだけ抵抗したけどすぐ諦めてくれて、俺は生乳を好きなように揉みまくった。

「あう、うんっ!・・・」

乳首をコリッとしたら思いがけない喘ぎ声。
調子に乗った俺は乳首を中心に攻めてみた。
これがまたビンゴ!で、コリコリクリクリやると咥えたまま声が出る出る。

「声出しちゃダメじゃん。聞こえちゃうよ」

「やめて下さい・・・」

乳首が敏感な奥さんなのかって思って、その後も攻めまくり。
攻めに集中してくると、フェラなんかじゃイクなんて無理。
10分以上フェラしてもらったんだけどイケないから、とりあえず休憩することになった。
誰か来たらヤバいから、とりあえずチンコは仕舞って。

「このままじゃイケなそうだからさ・・・キスしてもいい?」

「それはちょっと・・・」

「じゃ~イクまでずっと舐める?嫌でしょ?」

「それは・・・はい・・・」

肩に手を回して顔を近付けると、「嫌・・・」とか言いながら目を閉じてくるし。
フレンチキスから舌を入れ始めて奥さんの舌を舐めまくる。
初めのうちは俺が勝手に舐めてるだけだったけど、次第に奥さんも反応し始めてきた。

「はぅんっ・・・」とか声出しながら、だんだん激しいディープキス。

俺は胸を揉みながら可愛い奥さんとのキスに夢中。
慣れてくると奥さんのキスがエロいことエロいこと。
俺の舌をジュルジュル吸ってくるし、自ら舌を絡めてくるし。
スカート穿いてたから触ってみたくなり、まずは太ももにタッチ。
太ももの裏を優しく撫でながらキスすると、嫌がる様子もなく俺の舌を吸い続ける奥さん。

少し足が開いたかなってなって、おもむろにアソコへ手を滑り込ませた。
それにはビックリしたらしく、キスを中断して、「嫌っ!」と抵抗。
後ろから手を回して肩を抱いてたから逃げられない体勢で、抵抗されても手は抜けない。
強引にキスをしてアソコを触り始めた。
アソコはたぶん濡れてたんだと思う。
諦めたのかキスに応じるようになってきて、そこからがまたエロかった。
足の力も抜け始めて、どうぞ触って下さい状態に突入。

「はぁん・・・はぁぁ・・・はうっ・・・」

舌を突き出すとそれにしゃぶりついてくるし、これはもう我慢できない。
奥さんの耳を舐めながら言ってみた。

「あと2万でホテルに行かない?」

「えっ・・・はぅ・・・いっ・・・やッ・・・でも・・・んっ・・・」

「合計3万だったら旦那さんにもバレないでしょ?行こうよ」

「んはぅっ・・・はい・・・」

善は急げってことで、すぐ国道に出て、タクシーを拾って近くのホテルへ向かった。
奥さんは罪悪感からなのか終始俯き加減で無言状態。
でも、手を握るとギュッと握り返してくる。

ホテルに着いてすぐに抱きつこうとしたら、「シャワーを・・・」って言われて中断。
奥さんが先に入って5分ぐらいしてから俺も乱入した。
ちょうど体中が泡だらけの状態で、俺が入ると、「嫌っ!」と後ろを向いた。
結構スタイルの良い奥さんで、ムッチリ加減も抜群。
腰のくびれといい、プリッとしたケツといい、女の魅力が出まくりのスタイル。
後ろから抱き付いて泡だらけの体を弄りまくった。
乳首はさっきと同じように硬く勃起してて、俺のチンコもさっき以上にカッチカチ。
そのチンコをわざと後ろから股に差し込んで、擦りながら後ろからオッパイを揉んだ。

「前から握ってみてよ」

前から握らせてアソコに擦りつけるようにさせて後ろから出し入れ。
素股みたいな感じで、軽くこのままじゃイケちゃうかもって感じに。
ここでイッたら勿体ないから、シャワーで泡を落としてさっそくフェラ。
全裸で跪いて俺のチンコを必死に舐める奥さん。
ベッドに移動して今度は俺が攻める番。

「恥ずかしい」と言ってタオルを離さなかったけど、横っ腹から舐めて愛撫を始めると結構簡単に諦めてタオルを離してくれた。

若いからなのかわからないけど、横になってもプルンと盛り上がった張りのある巨乳。
乳首を念入りに攻めまくって全身を舐めてやった。
アソコを触ってみると想像以上の大洪水。
ニュルリンと指が入る。
クイクイと指を動かすと、だんだん本性を出し始めた奥さん。

「あっ、あっ、あっ・・・あぁん、いやぁん・・・ああん・・・はあ・・・っん・・・んん・・・っ・・・だぁ・・・めぇ・・・」

顔に似合わずアソコの毛がボーボー。
足をガッツリ開かせて左右に広げたら、グロいぐらい卑猥なアソコだった。
顔とスタイルとアソコのバランスに妙に興奮して、指を入れてクリを舐めまくった。
20分ぐらい舐めてたかなぁ。
途中から腰を浮かせたりくねらせたりし始めて、声も遠慮なくなって喘ぎまくり。

「んあぁ・・・っ・・・は・・・、あぁ・・・っ・・・」
「ん・・・ッ・・・ひ・・・、ひ・・・あぁ・・・」
「んん・・・っは、あぁっ・・・もっと・・・もっと・・・っ・・・」

自分から催促し始めたのには正直ビビったけど、俺は頑張りましたよ。
クリを結構強く吸って、指で中を激しく刺激しまくってやったら激しくイッちゃって。

「あー、やだっ、あっ、イクっ・・・イクっ!!」

イキ方が半端じゃなく激しくてビックリ。
イッた後は余韻に浸ってたから、ゴムつけてそのまま合体した。
正常位→座位→騎乗位→バック→正常位でフィニッシュ。
騎乗位の時、勝手に腰を動かし始めてまた絶頂。
バックの時は、ケツを引っ叩くと枕に顔を埋めて絶頂。
正常位では、キスしながら人形みたいに力が抜けてたけど、最後は腰に足を絡めてきた。

終わった後、しばらくして我に返ったらしく、バスタオルを持って風呂場へ消えた。
入れ替わりで俺もシャワー浴びて着替えた。

「また困った時は連絡してきなよ」

国道でタクシー拾うまでの間に名刺を渡してメアドを登録してもらった。
ちょっと寒かったから俺が後ろから抱き付いてオッパイ揉んだりしても、もう奥さんは何も言わなかった。
っていうか、もう自分からケツを押し付けてきたりしてたから喜んでたと思う。
タクシー代を2千円渡して見送った。

家に帰ってしばらくしたら、奥さんからメールが届いてさ。
メール見て思わず笑っちゃった。

『今日は有難う御座いました。また何かあったら宜しくお願いします』

あんな事した後でこんなお堅いメールだもんなぁ。
たぶんマジでお金がなくて必死だったんだと思う。
あんな事したのも初めてだって言ってたし、緊張してる表情も生々しかったし。
途中からは我を忘れてセックスに没頭してたエロさには感服。
パチンコは勝ったし、奥さんといい思いができたしで最高の1日でした。

タイトルとURLをコピーしました