童貞のボクに優しくレクチャーしてくれた叔母

この体験談は約 4 分で読めます。

ボクは叔母で童貞を卒業しました。
独身の頃の叔母は、ボクたち兄弟の第二の母親みたいな存在で、よくうちに遊びに来ていました。
母親より優しい印象の叔母に、よく懐いていました。
弟が生まれた時、5歳だったボクは見事に赤ちゃん返りをしました。
弟の世話にヘトヘトだった母は、ボクの相手をする余裕がなかったのでしょう。
冷たくあしらわれ、悲しい思いをしていました。

そんな時、母の手伝いでよくうちに来ていた叔母は、ボクを自分の赤ちゃんみたいに甘えさせてくれました。
一緒にお風呂に入ったり、おっぱいを吸わせてくれたり・・・。
当時、ハタチそこそこだったはずの叔母は、落ち着いた大人のようにボクに接してくれました。
今思えば、処女でもおかしくないのに・・・。

大学生になり実家を出たボクは、新生活に馴染めずに悩んでいました。
友達はなかなかできず、1週間おきには実家に帰っていました。
7月頃に帰った時、家には両親はおらず、叔母が遊びに来ていました。
叔母は旅行土産を持って来たのですが、あいにく両親は少し遠くへドライブに行っていたのです。
もう帰ろうかと思っていた時にボクが帰って来たのでした。

当時の叔母は35歳くらいでしょう。
大学に入りたてのボクには、眩しいくらいの大人の女性に見えました。
ノースリーブの白いワンピース姿だったと思います。

話していると、自然と新生活の悩み相談になりました。
叔母も大学で独り暮らしを始め、やはりなかなか慣れなかったこと、だからうちによく来ていたことを知りました。
そして、「あの時のけんちゃんは甘えん坊だったね」といたずらっぽく言いました。

ボクは恥ずかしさと甘酸っぱい思い出で、頭が熱くなりました。
気がついたらボクは叔母を力でねじ伏せようとしていました。
胸に顔を押し付けて抱き締め、押し倒そうとしていました。

叔母は、「どうしたの?どうしたの?」と叫んで必死に抵抗しました。

ボクは無言で服を脱がせようとしたり、叔母の必死な顔に唇を押し当てたりしました。
自分でも訳がわからなくなり、ただ「叔母さんのことが好きなんだ」とだけ絞り出しました。
叔母は泣きじゃくりながら、「・・・好きなら、こんなことしないで・・・」と言いました。
それでもやめないボクにピシャリと平手を打つと、「ちゃんとしてあげるから、無理やりしないで」と涙ながらに言いました。
ボクは、ようやく“しまった”と思いましたが、もう後には引けないとも思いました。
そして力を抜いて叔母を解放しました。

「ゴムはあるの?」

叔母は聞きました。

ボクが「ない」と答えると、「避妊は女の子へのマナーだよ」と言いました。

そしてバッグの奥からゴムを出し、「夫婦だってちゃんと避妊するんだよ」と言いました。
叔母さんが旦那さんとセックスしているという当たり前のことに気づき、頭がクラクラしました。

ボクの部屋のベッドの中で叔母は裸になりました。
きゅっと目を瞑ったまま、「来ていいよ」と言いました。
ボクは服を脱いでベッドへ滑り込みました。
叔母の小ぶりな形のいいおっぱいを久しぶりに見ました。
子供の頃はさして興味もなかった下の毛を見て、クラクラする思いでした。

「初めて?」

そう聞かれて言葉が出ず、こくんと頷きました。

「さっきのは本当にルール違反。女の子は優しく接してあげないと、また誰かを泣かせるから・・・」

今から考えても拙い愛撫だったと思います。
どうしたらいいのか本当にわからず、おっぱいを揉んだり吸ったり、抱き締めたりキスしたりするのが精一杯でした。
叔母は目を閉じたまま静かに受けていました。
よほど不安だったのか、ゴムは叔母が付けてくれました。
顔を背けたまま・・・。
そして童貞卒業。
なかなか入りませんでしたが、叔母は何も言わずに待っててくれました。
そして、なんとか入ってすぐに動こうとするボクの腰を押さえて、「初めてだね。でも次はないからね。ちゃんといい人を見つけなさい」と囁きました。
挿入してからも訳がわからず、ボクはひたすらに腰を打ち付けました。

「叔母さん・・・好きだっ」

そう言いながら。
叔母は涙を流しながら、「ごめんなさい、ごめんなさい・・・」と呟いていました。

初めてのせいかなかなかイケず、かなり長い時間ピストンしていました。
だんだんスムーズになってくる動きと、それに合わせて、「あんっ・・・あっ・・・」と叔母が悩ましい声をあげ始めたことに興奮して、ボクはたっぷりと射精しました。
叔母はゴムを押さえて離れると急いで服を着ました。

そして、「何もなかったからね。もうないからね」と言って、涙ぐみながら帰って行きました。

それ以来、少しだけ友達付き合いが上手くなりました。
彼女もできて、明るくなれました。
付き合った女性の中には処女もいましたが、優しくすることができ、女性のことを考えて接することができるようになったと思います。

あれ以来、叔母との関係はありません。
お互いに何事もなかったかのように過ごしています。
決して口にすることはないけれど、叔母には心から感謝しています。

タイトルとURLをコピーしました