初めてのフェラは、僕が咥えるほうだった

この体験談は約 5 分で読めます。

初めてのフェラは僕のモノを咥えられたんじゃなくて、僕が咥える方だった。
僕は18歳の時まで女の子に間違えられたくらいの女顔。
もしもニューハーフになってたら売れっ子だったろうと思う。

小学校6年生の時、なぜかイジメっ子軍団にいた。
小学校時代のイジメと言えば、女子にからかわれるくらいで男子にはイジメられなかった。
それは学年で一番のイジメっ子の雄太くんが幼馴染で友達だったから。
6年生の時、僕がイジメっ子軍団にいたのも、その雄太くんが友達だったから。
雄太くんはいつも僕にはやさしかった。

6年生になったばかりの時、彼の家が一戸建ての新築になってお泊りに行くことになった。
それまでは、お互い狭い家だったからお泊りは初めてだった。
夜は一緒にお風呂に入った。
彼の股間には黒々とした毛が生えていて、まだ生えてない僕はなんか恥ずかしかった。

(5年生の林間学校の時は、まだ生えてなかったのになぁ)

入浴中、思わず目が行くと、父のように剥けている。
僕のモノは手で剥けば剥ける程度。
大人っぽいなぁと思ったりした。

彼が「琢磨(僕)は女の子みたいだよな。ちょっと股にチンコ挟んでみ」って言うからやってみせたら、「割れ目があれば女の子だぁ」なんて笑われた。

彼は今までも女の子みたいな僕を決して人前でからかったりせず、逆にそれを言う奴は彼にボコられてた。
2人の時は、「女の子みたいだけど美形だから気にすんな」と言ってくれてた。

彼の部屋でゲームしたりエロ本を見たりしてたら、「エッチしたいなぁ~。琢磨ってオナニーする?俺なんか毎晩だけど」みたいな話になってきた。
すると、「なあ琢磨、裸になってよ」って急に言われた。

「えっ、何で?」

「いいからさぁ、ちょっと面白いことしよっ」

彼には逆らえないいし、そんな気もないから僕は素直に裸になった。

「さっきみたいにチンコ挟んで」

そう言うからその通りにしたら、マジックで割れ目を書かれた。

「おぉ~!女の子だぁ」

彼は喜んでいる。
鏡で見ると確かに・・・。

「興奮しちゃうよ」って言いながら彼も脱いだ。

(???)

「あっ・・・」

彼のモノが立っていた!
すごく大きい。
彼はシコシコし始めた。

(僕・・・オカズにされてる?)

「何してんだよぉ~」って、とりあえず無言でもいられないし、オナニーを始められちゃってどうしていいのか判らなかった。

「琢磨、そのまま見せてて」って言うからそのままにしてたんだけど、だんだん僕のモノも立ってきちゃって、挟んでられなくなって、ビヨンって出てきた。

「琢磨、立っちゃったの?」

彼がオナニー中断して言った。

「琢磨も自分の割れ目を見て興奮したのか?じゃぁ一緒にオナニーしよー」って。

まさか自分の裸を見て立つわけがない。
僕は彼のオナニーに興奮したみたいだった。

僕は彼が好き。
ずっと守ってくれてるし、やさしいし。
でも、恋愛感情ではないはず。
そんな彼が僕をオカズにオナニーしてるのがなんか嬉しくて。
なんかキュンってした。

(これ・・・恋愛感情?)

僕は中断してた彼のモノにそっと手を伸ばして握ってみた。

(熱い、硬い・・・)

「琢磨・・・そういう意味じゃぁ・・・」

なんて言いながらも彼は気持ち良さそう。
僕は黙ってシコシコし始めた。
なんか、そんな気持ちだった。
彼も無言になって気持ち良さそうな顔で拒否はしない。
先走り汁が出てきた。
彼が気持ち良くなってくれてるのが嬉しかった。
先走り汁を亀頭全体に延ばして、シコシコしながら片手で先っぽとか撫でてあげた。
彼はビクっとして小さな声をあげた。
ヌルヌルが気持ち良さそう。

僕の頭に『フェラチオ』が過ぎった。
エロ本で見たりして気持ち良さそうだと思ってた。

(このまま彼のを咥えてみようか?)

そんなこと考えたこともなかったけど、今は彼のモノをしごいて先走り汁のヌルヌルを撫でている自分がいる。
自分がされてみる妄想はしけたど、今は自分がしている。
彼が喜んでるし、気持ち悪い行為かと思ったけど、気持ち悪いどころか、していると興奮してくる。

(でも、咥えたら、変態だと思って嫌われるかな?)

僕は思い切って彼のモノを咥えた。

「琢磨・・・そんなことしちゃ・・・」

僕は構わずに彼のモノを咥えて頭を前後させてみた。
彼は少し喘ぎながら黙ってされている。

(良かった。喜んでくれてる)

そう思うと嬉しくて、自分がされたいことを色々してみた。
舌を使ってみたり、シュボシュボと奥まで咥えたり、タマタマに手を添えてみたり、手コキをしながら先っぽの部分をペロペロしたり。
正直、とんでもないことをしてるんだけど、していることに僕は快感を覚えた。
彼にフェラしてることが嬉しい。

「琢磨・・・出ちゃうよ・・・」

ちょっと中断して、「口の中に出して下さい」って言って僕は続けた。

「琢磨・・・それは・・・」って言ってるけど、僕ならそうしたいからしゃぶり続けた。

彼の息遣いが荒くなってきて、少し腰が動いてる。

「琢磨・・・出るよっ」

それを聞いて、思いっきり速く頭を前後に振った。
彼の両手が僕の頭を掴んでモノを押し込んでくる。
喉の奥に当たって少し苦しい。
熱い精液が僕の喉めがけて放出された。
ドックン、ドックンと何回も。
勢いがよくてダイレクトに飲み込んだ。
その後も続くドックン、ドックンは口で受け止めながら飲み込んだ。

(同じ匂いだ。でも、こんなにたくさん勢いよく出るんだぁ)

なんて思いながら最後の一滴まで吸ってから、キレイに舐めあげた。

「琢磨、飲んじゃったの?」

「うん」

その瞬間、彼は僕を抱き締めて、「ゴメンな」って泣いてる。
僕はキュンとして、「僕、雄太くんにフェラできて嬉しいよ」って言った。
本心だったから。

「ホントに。俺、琢磨にヒドいことをさせちゃったんじゃ・・・」

「僕からしたんじゃん」

しばらく抱き締められていた。
なんか気持ちいい。

(僕は外見だけじゃなくて、中身も女のコなのかな?)

「琢磨も立ってるね」

そう言って彼が握ってきた。
雄太くんはどうするのかな?
任せておこうって思い、そのままにしてた。
彼も僕のモノをシコシコし始めた。

「琢磨にも同じモノが付いてるのって、なんか変な感じ」

(それってやっぱり、僕は女のコってこと?)

彼も僕のモノを咥えてくれた。
気持ちいい。
されるがままになった。
あっと言う間に僕は射精した。

「俺も琢磨のしちゃったよ」

にっこりして優しくキスされた。
その晩は交代で何度も咥えあった。
彼は4回射精した。
僕は2回。
そして裸で抱き合いながら眠りに就いた。

それから僕は彼にお尻のバージンを捧げて、彼の旺盛な性欲処理に活躍した。
彼は僕以外の男は全くダメで、彼女を作って普通にやってた。
でも性的な満足は僕が一番だって。

僕にも彼女が出来た。
みんな年上で、僕をおもちゃみたいに可愛がる。
彼は、僕に彼女が出来るのは気にしないけど、「他の男とはやるな」って言われている。
女は嫌いじゃないけど、フェラ出来ないから物足りない。
オッパイを吸っても物足りないし、クンニをするのは面倒だし。
彼には内緒だけど、僕は他の男でも素敵な感じならOKで、色んなたちに喰われまくったりしてる。

あれから10年経って彼とは高校まで一緒だったけど、今は違う大学。
相変わらず週に何回か僕を求めてくる彼は、今でも僕の一番の人。
僕がニューハーフになるのは彼的にNGだそうだ。
必ず女装させられるからニューハーフと変わらない気がするんだけど、専用じゃなきゃダメだそうで・・・。

この先どうなるのかは、僕にもわからない。

タイトルとURLをコピーしました