家族の前でも平気でオナニーする兄に影響されて

この体験談は約 4 分で読めます。

私の家は母子家庭で、母、兄、私の3人暮らしでした。
父が蒸発してからウチの家計には余裕がなく、居間と小部屋の2部屋しかないようなボロアパートに住んでいました。
兄は軽度の知的障害を持っており、その奇行に悩まされたことが何度もあります。

兄に私の人生、いえ人格を壊されたと言っても過言ではない出来事がありました。
それは兄が思春期に入り、自慰を覚えたことです。
健康な男児であればオナニーは誰でもすることだと思います。
しかし問題なのは、私の目の前でも平然とその行為をすることでした。
部屋は2つしかありませんので、子供部屋は私と兄の共同で使っていました。
兄は私が部屋にいても躊躇いなくズボンを脱ぎ、当然の如くオナニーを始めます。
私は当時小学校3年生で、兄のしていることをよく理解していませんでしたが、変形したおちんちんを弄りながら鼻息を荒くしている様子はやはり異様で、兄のその行為を見るのが苦痛でたまりませんでした。

「何をしているの?」と質問したり、その行為をまじまじと観察したりすると兄は機嫌を損ねます。

「やめて欲しい」と言っても同様で、何度要望しても私の話には耳を貸してくれませんでした。

仕方がないので母から言ってもらおうと、事の次第を伝えました。
最初こそ母も真剣に注意していましたが、それでも兄は従わず、最終的には母もさじを投げました。
食事中と来客中と家の外では絶対にしないという最低限の条件の下、兄の行為は黙認されり、状況は全く改善されませんでした。

最初こそ嫌で嫌でたまりませんでしたが、2年3年と経つうちに、兄の自慰行為は私の中で普通の生活風景と認識されるようになりました。
そして私の性に対する羞恥心や罪悪感も、異常な環境で育ったせいか、いつしか完全に消え去っていたようです。
私が思春期を迎え、自分の性に関心を持つようになる頃には、あろうことか私も兄と同じような行動をとるようになっていました。
そうです、気が向きさえすれば家族の前でも平気でオナニーに耽っていました。
今思い起こせば異常としか言いようがない状況下でのオナニーが、私達にとっては普通だったのです。

兄がオナニーをしているすぐ後ろで私も同じ行為に励んでいたり、3人で普通にテレビを観ているときに私1人がパンツを片足にかけて身体をビクビク痙攣させながら絶頂に達したり・・・。
そのようなシチュエーションが数え切れないほどありました。

そんな私を母が一度だけ注意したことがありました。
私と母が珍しく2人っきりになっていた時です。
この時も私は食事の支度をしている母を背に、テレビを観ながらオナニーをしていました。

母は、「女の子が人前でそんなことしちゃ恥ずかしいよ」と遠回しな注意しました。

私が、「お兄ちゃんだってしてるじゃん」と言い返すと、問題の根本に触れることを恐れた母は口を紡ぎました。

健常者の私が障害者の兄に影響されたことを、母は多少なりとも親として後悔していたんでしょうね。
普通の親ならもっとちゃんとした対処をとったのでしょうが、今思えば女手一つで2人の子供を育てるということと、兄の障害に対するストレスで母もおかしくなっていたんだと思います。

そのような状況が中学校3年生まで続いたある日のことです。
私はその日、唯一の親友であるY子と珍しく猥談に花を咲かせていました。
そして話がオナニーの話題に差し掛かった頃、「親に見つかるのが怖くて、なかなか集中できないのよね」とY子がぼやきました。
私はなんの気なしに、「私はお母さんやお兄ちゃんの前なら別に気にしないけど」と返しました。
その途端、Y子は言葉を失い、仰々しい目付きで私の顔を覗き込んだのです。
私はY子がそこまで驚いている理由がわからず、「え、どうしたの?」と聞き返しましたが、Y子は言葉に詰まり、2人の間にしばらく微妙な空気が流れました。

Y子に、私と兄のオナニーについて説明しましたが、説明すればするほどY子の顔は唖然としていきました。
私としては、家族の前で普通にオナニーすることが言葉を失うほど異常なことなのかと、しばらく半信半疑でした。
でも1時間ほど議論した結果、「むしろ家族にオナニーを見られることほど恥ずかしいことはない」「絶対に普通ではない」と説得されました。
私は自分の常識が覆されたカルチャーショックと、ウチの家族が変態扱いされるのではないかという恐怖心とで思いっきり泣いてしまいました。

すると、つい先程あんなに驚いた親友が私の肩を撫でながら、「大丈夫だよ、誰にも言わないから」となだめてくれました。
それでも私はパニック状態でした。
私はどうしてあの家に生まれてきたのか、なぜあんな兄と一緒に生活しているのかと、本気で家族を呪いました。
その状況を見てY子は、「今日は泊まっていきなよ」と言ってくれました。
私としても兄や母の顔をまともに見れる状況ではなかったので、Y子の心遣いは本当にありがたかったです。

それ以来、私は露骨に兄を避けるようになり、家にもあまり帰らなくなりました。
家族との衝突も多くなりましたし、その時出来た溝は今でも埋まっていません。
一度兄に、「お前、最近オナニーしなくなったな」と指摘された時は、本気で殺してやろうかと思いました。

母と兄は現在も当時のアパートにいて、生活保護を受けながら細々と暮していると聞きます。
私を産んで育ててくれた母には申し訳ないですが、出来ることならもうこの先、実家とは関わらずに生きていきたいです。

タイトルとURLをコピーしました