めっちゃ可愛いヤリマンな先輩と

この体験談は約 6 分で読めます。

自分の中3の時の出来事を書きます。

僕と彼女(Iさん)が出会ったのは中2の冬。
彼女は学年が1つ上で僕とは縁のなさそうなイケイケのギャル。
そして僕は本当に普通の、顔も無難な感じの男だった。
彼女は音楽関係の部活、僕は野球部。

そろそろ彼女が欲しいなと思っていた僕は、女関係が激しい友達に「誰か紹介してよ」と言ったところ、「いいよ、じゃあ1コ上のIを紹介してやるよ。3年で一番可愛くて、しかもやりマンで男好きだからすぐやれるよ」と言ってきた。

「いや、そういうのいいから」と断った。

が、相当飢えていたので紹介してもらうことに。

僕「お前は手出してないよね?」

友達「前に1回『やろう』って言われたけど、大丈夫w」

当時、携帯を持っていなかった僕はPCでメールをすることにした。

『こんにちわ。◯◯から紹介してもらったSです』

ドキドキして返事を待つ。
すると10分後くらいに、『初めまして!よろしくね』みたいなメールが返ってきた。

(先輩たちのアイドルとメールしてる!)

僕は変な優越感に浸っていた。
メールだと強気な僕は色んなことを聞いた。
趣味、好きなタイプ、下ネタなど。
彼女はタバコを吸ってるし、髪も茶髪らしい。
うちの学校にはそんな人は結構いたので、やはり顔までは見当がつかなかった。
彼女はとにかくエロい。
保健室やトイレでもやっていたらしい。

メールでは、『やりすぎだよ。あんまやんなよ。自分の体を大切にしようぜ~』みたいなことを言っていたが、(うわぁ、自分がこんなこと語ってる!!)という気持ちから軽く興奮していた。

それから会うこともなく、というより会う勇気もなく、メールをしまくる日々が続いた。
相談も受けたし、こっちもした。
信じられないほど絆が深まってると実感していた。
もう会わないで、このままでもいい。
なんて気持ちさえ芽生えていた。

そうしているうちに受験シーズンも終わり、先輩の卒業式が近づいていった。
卒業式・・・。
これでIと会わずに終わるのか。
それもいいのかなと思っていた。

(正直、顔くらい見ときたかったなぁ)

そう思っていた最中、彼女を紹介してくれた友Rが、「おい!次にI来るぞ!」と言った。

「何?えっ?」と僕。

(そうだった!卒業式は1人1人呼ばれるんだった)と思い出し、凝視した。

「はい!」

返事をする彼女。
顔はとても可愛かった。
黒い髪で(卒業式なので戻したらしい)、目がパッチリしてる。
僕は一目惚れだった。
お互いに個人的な情報をかなり知っているので妙な親近感があった。

無事に卒業式が終わった。
彼女は泣いていた。
友達と抱き合いながら、「ぅあ~ん」みたいな声を出して。
その姿がとても愛らしく、ギャルというイメージは吹っ飛んだ。
かなり盛り上がっていたので、お邪魔なうちら2年は下校。
が、そのときタメの女子が、「S!I先輩が探してるよ!」と言ってきた。
心臓が破裂しそうになっていた。

彼女はまだ泣きながら、「Sぅ~、どこぉ~」みたいな感じで僕のことを探していた。

僕との距離は3メートルw
僕の心境など知らない女子が、「S先輩!!ここ!」と僕を指差し、捕まえられた。

「何でS先輩があんたのこと探してんのぉ?」

と、聞いてきたがシカト。
それどころじゃない。

I「やぁっと会えたねぇ~、アタシI。改めてヨロシクね」

僕「うん・・・よろしく。とりあえず、これ使いなよ」

グチャグチャのポケットティッシュを手渡す。

「ありがど~~」と泣きながら鼻をかむI。

15分くらい友達の女子に繋いでもらった。
そして、「あたし行かなきゃ・・・またメールするね!あっ、最後に写真とろうよ!」とI。

「私が撮ってあげるよ!」と女子。

僕の腕にくっついて笑顔で写真を撮った。
ちなみに僕はさっきから相槌しか打ってないw

これは夢だったんじゃないかと思いながら家に帰り、メールの受信BOXを見ると、『今日はありがと!会えて嬉しかった。これからもよろしくね!』と入っていた。
僕は今しかない!と変な確信をして、思い切って告白した。
ダメ元で。

すると・・・。

『うん・・・いいよ!』となんとOK!!!

僕はガッツポーズをして飛び上がった。

僕は中3になり彼女は高1。
彼女の方も落ち着いてきたので会うことになった。

「あたしんちでいいよw」とI。

期待で胸を膨らませ公園で待ち合わせをした。
彼女は高校の入学式の帰りで、僕と落ち合うという感じ。
家から出ると雨が降ってきた。

(傘なんて持ってねぇだろうな)と思い、ビニール傘を1つ持っていった。

5分くらい待つと彼女がやって来た。

I「雨でびしょびしょだよ~」

僕「大丈夫?はい、傘」

I「ありがとぉ。あたし、高校でいきなり髪が茶色いとか言って注意されたし!マジで・・・」

そんな愚痴を聞きながら彼女の家に向かった。
家に着き、彼女の部屋に入った。
めちゃくちゃ汚い。
ブラジャーやらパンツやらが飛び散っていた。

(これは僕を誘っているのか?)と勝手な想像をしていた。

「今日ねぇ~、いきなり課題出されたのぉ。S、頭いいんだから一緒に手伝って」

面倒くさいがOKするしかない。
とりあえず国語をやることにした。
簡単な漢字も分からないI。
ほとんど僕がやった。
すると、とても難しい問題が出てきた。

僕「できねぇよ、コレは」

I「じゃあさ、これ出来たらチュウしてあげる」

僕はチェリー、そしてキスもしたことがなかった。
脳をフル活用して問題に挑む、僕!

そして「できたよ」と言い、答えを確認する。

Iは、「おぉ~、合ってるよ!ご褒美あげなくちゃね」と笑い、目を瞑って、「ん!ん~」と口をほんの少し尖らせてきた。

僕は1回ブレスケアw
こんなこともあろうかと!
そしてGO!
最初はフレンチな感じだった。
が、経験豊富なIは未経験な僕の口に舌を入れてきた。
僕の股間はジーパンに痛いほど反抗している。
静かな部屋にディープの音が響く。

「んっ、んっ・・・」

もう目眩がするくらいエロい音が響いている。
40秒くらいした後、抱き合った。

I「Sの口、辛いw」

僕「爽やかだったろ?」

彼女の部屋にはロフトがあった。
そこでいつも寝ているらしい。
僕はやりたくて仕方なかったので、「眠くなってきたから寝るね」と、普通は女の子が言う言葉を僕から言ってしまった。

「いいよwあたしも行く」

彼女は音楽をかけた。
バレエでよく流れる協奏曲だ。
(彼女はバレエを習っている)
チャンスだと思った。
布団に潜る僕達。
そこでまたディープ。
抱き合ったままAVで観たように胸を揉んだ。

「あっ、はぁ」

僕は初めて女性の声を聞いた。
服を脱がし(僕はなぜかすでに全裸w)、ブラジャーが外せないで苦戦していると、「違うよwこうだよ」と自分で取ってくれた。
目の前に生のおっぱいがある。
左を舌で攻め、右の乳首を指で摘まみ、転がすと硬くなってるのが分かった。

「ああっ・・・はぁはぁ、んんっ」

体をくねらせて喘ぐ彼女。
経験豊富な彼女がチェリーな僕の行為で感じてくれてると思うと、とても嬉しかった。
次第にIの顔が火照ってきた。

僕「下もいい?」

I「・・・うん・・・」

スウェットを脱がし、パンツの上から手を潜らせてみると、とても熱く、ヌルヌルしていた。
豆くらいの出っ張った部分がある。
そこを親指で転がし、中指でアソコに入れてみると、「ああぁ!ぃい、はぁはぁ・・・いぃよぉ・・・」とブリッジ状態になっている。
人差し指も入れて少し乱暴に掻き回す。

「はぁっ!んんん~~・・・いぃ・・・はぁはぁ・・・」

喘いでるところにディープキス!

「んん~んん~・・・はぁはぁはぁ~・・・ああぁっ」

もうディープキスどころじゃないらしい。

たまらなくなり、「入れるよ・・・」と聞くと、「早くぅ・・・」とI。

パンツもビショビショ、アソコも真っ赤に腫れあがっている。
息子をアソコに宛てがうと、スルッ!と呆気なく吸い込まれた。

(あああ~!ヤバイ、出そう・・・超気持ちいい・・・)

Iがヒクヒクとアソコを締めたり緩めたりしてくる。

「・・・今度はアタシ」

僕が下になり、彼女が上に乗る形になる。
騎乗位だw
僕は何もわからないので動かないでいると彼女が腰を振ってきた。

「あっあっあっ・・・はぁはぁはぁ。ん~」

なんだか気持ちよさそうなI。
でも、イキそうだったので、「待って」と言って彼女を寝かせる。
そして正常位になり、僕から攻める。

I「あん・・・あ・・・ん・・・はぁっはぁっ・・・あああああぁぁぁ、イイ・・・」

僕「ヤバイ。もうイッていい?」

I「あっ・・・あっ・・・めっちゃ気持ちいぃよぉ・・・」

僕「もうイク!んんんん・・・」

無我夢中で腰を振る僕。

I「いいよぉ・・・中に出して。ああああぁぁぁっ!あっ!はぁはぁ・・・んっ・・・」

僕「あっ。んっ・・・中に・・・出しちゃった。はぁはぁはぁ」

I「ぅん・・・ぅん・・・気持ちいい~・・・」

Iはぐったりしている。
僕は自分のモノをティッシュで拭き、彼女から流れ出るものも拭いた。

I「あっ、ありがと・・・」

Iが恥ずかしそうに言った。

僕「僕、上手かった?」

I「下手くそw・・・」

僕「立てる?」

I「無理w」

Iのはにかんでいる顔がとても愛しくて、またキスをした。
その後、彼女はバレエのレッスンがあると言うので駅まで送っていった。

I「フラフラで踊れなかったら許さないかんね!w」

僕「知らないよw」

彼女とは今でも連絡はとっていますが、これが最初で最後のセックスでした。
これから2ヶ月くらい後、高校生と中学生では会うタイミングが合わず、それだけの理由で別れました。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました