妻よりもセックスの相性が良いおばちゃん

この体験談は約 4 分で読めます。

ようやく仕事につけた38歳の男です。

転職をしようと会社を辞め、仕事がなく、家族に見放されつつ、やっとの思いで仕事につけた。
でも正社員とかじゃなくて、完全歩合給の保険なしの宅配便の仕事。

でも、仕事が決まった時は、相当嬉しかった。
だって、月に30万くらい稼げて、繁忙期はもっと稼げる。
今まで固定給だったから、やればやるほど稼げるって魅力的ですよね。

しかし、実際にやってみると、体が慣れるまでが大変。
団地とかになるとエレベーターは付いてないから、5階まで重い荷物を運ばないといけない。
1個で終わることがほとんどだが、たまに数個あったりする。
でも、「ありがとう」って言われた時はやっぱり嬉しいね。

自分も失業中は結構なAVを見まくった。
当然家族も冷たく、肝心の奥さんも、「仕事が決まるまでは、エッチしてあげない」って言ってたから、家に1人で居て暇だし、シコシコする回数も増えた。
その中で、AVによくある物語で、宅配の兄ちゃんと奥様がエッチするっていうパターン。
巨乳奥様の作品だったから、3回くらい抜いた。

今は現実に宅配の仕事をして、そんなエッチなことも夢に見ていたけど、現実にそういうおいしい事って、あるはずがない。
たまにおばちゃんが夏場とかは下着でいることもあるが、その中で、さすがに驚いたのが、いくら暑いからって、扇風機をつけて上半身裸で寝ている現場を目撃したときは、つい窓からじっくりと、おばちゃんのおっぱいを見てしまった。

その時、突然、パッと、そのおばちゃんが目を覚まして、自分と目が合った。
やばいと思い、ニコッと挨拶して、逃げようと思ったが、おばちゃんが・・・。

「ちょっと待ちなさい」

宅配の制服を着てるから、変なことも出来ないし、怒られたら素直に謝ろうと、窓のところに戻った。
おばちゃんは、バスタオルで、おっぱいを隠して・・・。

「見てたね?」
「えっ、いや、その~・・・見えたんで・・・」

おばちゃんは、よく見ると昔は結構な美人だったんだろうなって感じで、思ったよりもシワも少なく、化粧して、髪もちゃんとしたら、若くは見えるし、美人だと思った。

「ちょっとあがってきて」
「いや、でも、配達が・・・」

「いいから玄関から入ってきて」
「あ、はい、わかりました」

玄関から上がり、テーブルのところに正座をして、とりあえず謝った。

「いいのよ。謝る必要もないから」
「あ、はい、すみません」

それから、おばちゃんは奥の部屋に行って、10分くらい帰ってこなかった。
とりあえずテレビはつけてくれていたんで、ワイドショーを見ていると、隣の部屋のクーラーのスイッチが入る音がした。

ドアを開くと、おばちゃんが戻ってくると、結構驚いた。
化粧を少しだけして、髪も整えて、ブラにキャミソール姿を見て、急にムラムラとしてしまった。

予想通りの結構な美人に変身していた。

「結構きれいなんですね」
「結構って、どういう意味?おばちゃんをからかってるの?」

「いえ、そんなことないです」
「それよりも、あなた、結構若くて筋肉質ね」

「こういう仕事してると筋肉がつくんです」
「ねえ、見せてよ、私の体も見たでしょ。あなたの体も見せて」

「自慢できるような体じゃないんですけど・・・」

おばちゃんの合図で、隣の部屋に行くようになった。
隣の部屋はカーテンも閉めてあり、旦那さんでしょうか、仏壇があった。

「さあ、脱いで」

シャツを脱いで上半身裸になると、おばちゃんの表情が明らかに変わった。

「いい体ね、触ってもいいかしら?」
「あ、はい、いいですよ」

おばちゃんの温かい手が、乳首あたりを摩ると、股間が急に熱くなり、当然のように勃起してしまった。

「あ~、若いわね。ここも大きくなってきたみたいよ」
「・・・」

「ねえ、ここ見てもいいかしら?」
「い、いいですよ」

おばちゃんはズボンを下ろし、パンツも下ろすと、すでに全裸になった自分をじっくりと観察して、手で勃起したペニスを触り、ゆっくりと手を上下に動かし始め、もう片方の手で、玉袋を揉み揉みとしてきた。
そして、顔を近づけると勃起したペニスを舐め、口の中に含んだ。

久しぶりのフェラチオに、かなりの気持ちよくなり、自分を忘れていった。

「あああ~、気持ちいいですよ」
「あなたのおちんちん、おいしいわ」

おばちゃんの顔が前後に動き、だんだんと早くなっていった。
そして、数分後、おばちゃんの口の中に射精してしまった。

「久しぶりの精子はおいしいわ。すごく濃厚ね」
「すみません、早く出ちゃってしまって・・・」

「いいのよ。1度出した方が、長くなるでしょ」
「そう、そうですね」

おばちゃんが立ち上がり、自分に抱きついてきて、そのままキス。
ベッドに倒れこむと、おばちゃんの少し垂れ下がったおっぱいにしゃぶりついた。
小さくもなく、Cカップくらいだろうか。
妻のおっぱいよりも大きくて柔らかいのは確かだった。

「ああ~、いいわ、もっと、もっと吸って、もっとよ」

一生懸命に乳首を吸って、片方の手で、おばちゃんのアソコを触ると、かなり濡れていて・・・。

「ああ~、そこもいいの、もう我慢できないわ、早く入れて~」

少し強引におばちゃんの足を開かせ、思いっきり勃起したペニスをアソコにぶち込んだ。

「ああああ~、久しぶりよ、あなた、すごいわ、すごく大きい~」

一生懸命にピストン運動をした。
そして、10分くらい腰を振り、バックから挿入すると・・・。

「ああああ~、後ろからいやらしいわ、でも、気持ちいい~」
「奥さん、すごく気持ちいいですよ」

「ああ~、私もよ、もっと、もっと、もっと~」
「いや、これ以上は、いっちゃいますよ」

「私も、もっとして~、中で出して~、お願い~」
「いいんですか?中で出しますよ」

「いいの、早く、だめ~、イク~、ああああ~っ」

ほぼ同時に絶頂に達し、そのままベッドに倒れこんだ。
数分経って、ようやく呼吸も整い、横のおばちゃんを見た。
妻には悪いと思いながらも、もしかすると、セックスフレンド的な関係でこれからもできるかなって、思ったりもした。

そして、濃厚なキスをすると・・・。

「また会えるの?」
「また配達に来ますよ、いいですか?」

「じゃあ、通販で何かを買えば、何回も来るのね」
「通販を利用しなくても、連絡があれば来ますよ」

不思議と妻よりもセックスの相性は、おばちゃんのほうがよかった。
多少淡白な妻よりも、セックスを楽しめるのは確かだった。

でも、あんまり深入りしないように、仕事もあんまりさぼると見つかるから、適度に遊ぼうと思っていた。