処女とヤリマンのシェアハウスで起きたチン事

この体験談は約 8 分で読めます。

3年くらい前かな?
当時は23区外の田舎に住んでいた。
夕方6時くらいに駅から帰宅しようとすると、液晶テレビを持っている女の子が目に留まった。
身長は150センチちょいくらいで、顔はもう普通も普通、どこにでもいる大学生って感じでした。
その女の子を見たのは駅のホームで、(あー重そうだなー)って思いながらスルーしました。

で、駅前のコンビニで立ち読みして、アイスや飲み物を買った。
結構時間は経っていたと思う。
コンビニから外へ出ると、ホームにいた女の子が液晶テレビの箱を地面に置いて途方に暮れた様子で突っ立っていた。
自分も家電を持ち帰った時にその辛さを体験したから、なんとなく同情の気持ちがあった。
変なプラスチックの持ち手で痛いんだよね、あれ。
2人がかりなら簡単に運べそうだし、何より(なんかエロい展開になんねーかな)と淡い期待を抱き、声をかけた。
ちなみにナンパとかの経験はなく、物凄く緊張ました。

脳内で何度かシュミレーションして、極めてスマートに声をかけたつもりだったが、何を思ったのか第一声が、「すみません、家はどの辺ですか?」になってしまった。
クソメン丸出しである。
女の子は戸惑った表情で、「えっ・・・?」と目を丸くした。
だよね、知らない男からいきなり家を聞かれるなんて怖いよね。
言い訳をするようだけど、家を聞いたのは、“帰る方向が同じだったら一緒に運びましょう”の前振りのつもりだった。

「いや、あの、途中まで一緒なら運ぶのを手伝おうかと思って、フヒヒ・・・」

「えっ、いいんですか!?」

「僕も前にパソコン買った時に重くて、あの、だから方向が同じならお手伝いしますよ、もし良ければですけど」

「お願いますっ!ありがとうございます!」

おお、こんなに挙動不審なのに笑顔で答えてくれた。
可愛い。

「じ、じゃあ運びましょうか!」

2人がかりで箱の底を持つ。
20インチ前後の液晶テレビだったので楽勝かと思ったんだけど、意外と重いんだね。
持った瞬間、(やべぇ)って思った。
それでも彼女から見れば俺は突如現れた救世主だし、とにかくエロい展開を期待して運び続けることにした。
途中、手の痛さを振り切るように何度か箱を持ち直したが、その度に彼女から「大丈夫ですか?」と心配されて情けない気持ちになった。

途中、軽く世間話をしながら運んだので、なんとなく彼女のスペックが見えてきた。
顔をチラチラ見ながら重さに耐えた。
良く言えば上戸彩っぽい、ほんとに普通のどこにでもいる女の子だ。
小柄で、服装はシーズン落ちのブラウスにカーキのショートパンツ、それにレギンス。
うん、普通。
特別美人ではないけれど、可愛らしいと思った。
つうか、(セックスしてーな)って思った。
その時は名前は聞けなかったが、19歳の浪人生で、最近引っ越してきてテレビを買ったのだと言う。
浪人生なのに一人暮らしって珍しいなと思ったんだけど、普通なんだろうか?
世間話を続けると、どうも彼女はルームシェアをしているらしい。
ルームメイトに手伝ってもらえば良かったのでは?と思ったが、どうやらルームメイトはバイト中らしい。

その時、思った。
この女、ルームメイトとは言い訳で、実は彼氏と同棲決め込んじゃってるパターンなのではないかと。

「あ、ああ、ルームシェアっすか・・・いいなー、なんか憧れるなぁ・・・」

なんて毒にも薬にもならない返事をしたが、内心はルームメイトが男なのか女なのか、そればっかりが気になった。

「あ、この先の交差点の先ですー」

彼女の家はもうすぐだ。
まずい、ろくな会話も出来ていないし、いいところをひとつも見せれていない。

「あ、このへんで・・・。本当にありがとうございました!」

そんなに俺に家を知られたくないのか?
家の前に着く前に挨拶をされてしまった。
軽くショックを受けながら笑顔で、「いいえー、困ったときはお互い様」なんてしょーもないことを言ったのを覚えている。
もちろん、「後日、お礼をしたいんで、良ければ連絡先を・・・」なんてことはない。
なーんにも、ない。
俺から聞くのもお礼を催促しているようであれだし、「ありがとうございましたー」「いいえー」って感じで普通に別れた。

(エルメスなんて居ねぇ。また明日からいつもの日常が始まる・・・)

そんな事を考えながら1人で家路を歩いた。

そんなこんなでそれから2ヶ月経った。
時期は梅雨で連日雨、液晶テレビの女の子のことなんてすっかり忘れて普通に生活していた。
その日は珍しく雨も降らず、俺は駅近くの書店でオナホールを購入し、少し寄り道をして井の頭公園を散歩していた。
前日までは雨だったせいで地面はぬかるんでて、ベンチも湿り気を帯びている。

突然、「あれっ!?」と声をかけられた。
井の頭公園で液晶テレビの女の子に声かけられた。
ルームメイト(女の子)も一緒だった。
焼き鳥を食って酒を飲んだ。

液晶テレビの子:ひとみ、19歳、浪人生、上戸彩をブサイクにした感じ。
ルームメイト:名前は忘れた、同じく19歳、M大学、背がかなり高い、ボブで肌が白くて可愛い。
(正直、この2人が友達ってことに違和感がある感じ)

流れで2人の家で飲み直すことになった。
コンビニでたくさん酒を買ったが、この時点でみんなかなり酔ってた。
女の子の部屋、いい匂い!

で、俺がトイレに行って用を足し終わった。
そしたらキッチンの換気扇で背の高いほうがタバコを吸っていた。
俺も一緒に吸う。
2人ともかなり酔ってたけど、彼女はべろんべろんで、「手を見せてー」って言って俺の手を握ってきた。
なんか見つめてくるし、目がとろんとしてきてるから、(あ、いけるんじゃね?)って思った。
で、どちらからともなくキスした。
最初っから舌を入れあって、速攻で勃起。
体密着させてるからおっぱいが当たってるううう!

ほんとに突然だったから、2人とも笑っちゃった。

すると彼女が、「あの子(ひとみ)、キスしたことないんだよ」って言ってきた。

「へー、意外だね、モテそうなのに」って返した。

で、部屋に戻る。

ひとみ「さっきの聞こえてるよー」

僕たち、平謝り。

「ごめんごめん」って。

背高い子「でも、このままだと一生キスできないんじゃない?」

どうやらひとみさんはかなり奥手で、男とまともに話せないらしい。
そんな風には見えないし、俺とは普通に話してたのに。
男って見られてないのか?

(ヤリマンと処女がこの部屋におる!)とか考えてた。

すると・・・。

背高い子「他人がキスするのは見たことある?」

案の定、ひとみさんは、「ない」と言う。
俺もまじまじとはない。

「じゃあ見ててー」と背の高いほう。

「キッチンでしてたの気づいてたんでしょー?」だって。

ひとみさんは、「うん、気づいてた。見たい見たい」と、ノリノリである。

で、人前でキスとか恥ずかしかったけど、背の高いほうと再びキス。
カチンカチンになった。
で、なんか流れで、ひとみさんと俺がキスすればいいじゃんみたいな話になった。
ひとみさんは「えー」って感じだったけど、俺も酔って気が大きくなってたんで、「なんでよー、断るなんて失礼でしょ!」みたいな風に軽く迫った。
で、ちょっとだけ唇が触れるくらいですることになった。
なんてエロゲって思った。

ひとみさん、すげー顔が真っ赤。
さっきべろちゅーしたこともあり、我慢できなくなって、少し舌をつんつんってしてみた。
すると、なんと彼女からがっつり舌を入れ返してきた!
ジーンズの股間が、カチンコチンです。
背の高いほうが俺の股間の膨らみに気づいた。

「これ、このままだと辛いでしょーww」って言うもんだから、「うん、出したいwww」って答えた。

「ひとみは男の人のアレを見たことないんだから、せっかくだからこの機会に見てみたらー?」と、背の高いほう。

それでもやっぱりひとみさんは「うーん」と渋っていたが、背の高いほうが「助けてくれた恩人でしょー?」と言うと、「じゃあ、ちょっとだけ・・・」と!

(人助けして良かったー!!)

ちゃんと脱ぐ途中で見栄剥きして、2人に見せた。
蛍光灯の下だし、なんだか物凄く恥ずかしくなってしまいました。
ひとみさんは両手で顔を押さえて、指の隙間から目を丸くして見てる感じ。
かわええ。
そしたら背の高いほうが、「つんつん♪」とか言いながら、ほんとにつんつんしてきた。
まさか触られると思ってなかったし、びっくりしたけどなんかすっごく興奮したことを覚えてます。
で、ひとみさんですが、今度は促されることなく自主的につんつんしてきました!
2人からつんつんって遊ばれて、(恥ずかしいぃぃ)ってなっちゃいました。

で、つんつん遊びは徐々にエスカレートしていき、皮を途中まで戻されたり、袋を伸ばされたり、もう完全に2人のおもちゃにされた(主に背の高いほうに)。
明るい蛍光灯の下だから、触ってる様子とか表情とかがはっきり見えてやばかった。
ひとみさんはまだ遠慮してるのかしっかりと触る様子ではなく、つつーって触る感じ。
でも、それがくすぐったくて逆に気持ち良かったりして。

急に背の高いほうが息をふっとかけてきた。
それに続いてひとみさんも、ふーって息を吹きかけて、2人でキャッキャ。
たまに「どう?」って聞かれるけど、語彙のない僕は「やばーい・・・」とかしか言えなくてキモさ全開。
息をふーっとしているうちに2人の顔が近づいてきて、太もものあたりに髪の毛がさわさわさわ・・・ってなってやばすぎです。

(もうどっちでもいいから押し倒したい!)

すると背の高いほうがほんの少しだけ茎んところをペロッと舐めて、「きゃー」って笑いました。
もう頭の中は出すことでいっぱい。
以心伝心?
背の高いほうが、「そろそろ出したいよねー?」と、にやにやしながら聞いてきた。
小悪魔ってこういう女の子のことか!

「うん、正直・・・ww手で?」

フェラしてもらえることを期待しつつ疑問形。
背の高いほうは、「えー、エッチはしないよーwww」だって。
いやいや、そういう事じゃなくて、こちらが問題にしているのは手コキかフェラかどちらなのかであって・・・。
セックスさせてくれるのであればそれが一番なんだけど、それは無理っぽいなーってなんとなくわかってた。
なんか2人ともキャッキャしてて、セックスするってムードでもないし。

そんなやりとりをしていたら、いつの間にか背の高いほうは完全に手コキしている状態になってました。
もうこの時点で限界・・・。

「見て見て!」と背の高いほうはひとみさんに間近で見ることを促す。

髪の毛が先っちょにふわっと触れて、これがまた気持ちええ・・・。
すると、背の高いほうが手コキを一旦やめて顔を近づけて、「あむっ」って言いながら横から咥えてきました。
本当に「あむっ」って口で言ってた。
かわええ。
ひとみさんは何もしないで見てました、超間近で!
見かねた長身ガールが、「ひとみも手伝ってww恩人でしょwww」とナイスなアシスト。

ひとみ「えー、◯◯(長身ガールの名前)みたいに舐めるの?」

(うんうん、舐めてくれ!)

って思ってたけど長身ガールの答えは、「それはひとみに任せるw」って。
しっかり最後までアシストしてくれよ!
相変わらず長身ガールはしっかり咥えることなく、少しぺろっとしたり横から少しぱくっとしてみたり。
そこでひとみさんが・・・。

ひとみ「えーっと・・・舐めたほうがいいですか・・・?」

俺「う、うん、大丈夫だったらお願い・・・フヒヒwww」

ひとみ「うー・・・じゃあ・・・」

ひとみさん、髪を片方の耳にかけながら先っぽに唇をつけてきました!
今まで先っぽに触られていなかったので、待ってました!って感じです。
背の高いほうは離れて、嬉しそうな驚き顔って言うの?そんな表情をしていました。
うぅ、2人同時が良かったよぅ・・・。

ひとみさん、ぱくって咥える感じじゃなくて、唇を当ててる感じです。
そしてちょっとだけ舌でさわさわ・・・って感じで。
これだけでも十分気持ちいいんだけど、やっぱりすっぽり咥えて欲しい!
そう思って頭を撫でながら、少しずつ頭を下げさせて誘導しました。
だんだん頭を下げさせると、最初はちょっと歯に当たってけど、ひとみさんも口を開きはじめました。
で、半分くらいまでぱっくり口に入っちゃいました!
あったかいwww

初めて男のアレを見たひとみさん、もちろん頭を上下させるような感じではなく、咥えながら舌でレロレロってする感じです。
耳に髪をかける仕草をしながら一生懸命。
いいですね~。
だいぶ長い時間弄ばれたのと、俺が根っからの早漏なので出そうになって、「そろそろ出そうだけど、どうしよっか?」って聞きました。

「え・・・ひっひゅあう・・・?(え・・・ティッシュある・・・?)」

ええええ・・・口の中じゃないんだぁ・・・。
すると彼女は咥えていたモノを放し、ティッシュをざっざっと手に取りました。
おちんちんの前でティッシュを広げています。

(いやいやwwそこで待たれても出ねぇよwww)

って思っていたところ、長身ガールが、「最後は手でやってあげてーww」って、ひとみさんの手首を掴んで手コキ誘導。

そこから4~5ストロークでめでたくフィニッシュ!
目の前のティッシュにポタポタと落ちていく分身。
ええっと、飛ばない体質なんですよ。
それでも初めて見る射精の瞬間に、ひとみさんはもう顔を真っ赤にして笑っちゃってます。
何がそんなにおかしいのか・・・?
背の高いほうもうふふふって笑っていたので、とりあえず俺も笑っておくことにしました。

ひとみさんは、「はwずwかしwいwww」とか言って、なんだか可愛らしいです。

俺もこの状況がかなり異様なものだなと今更ながら気づいたので、早々にパンツを穿きました。
で、高いテンションのまま酒をまた飲んだと。

「初めて見たwww」とか「こんなにまじまじと見られたの初めてwwww」とか・・・。

その後もしばらく飲んでいたんだけど、同じような展開には発展せず・・・残念っ!
帰り際、ふと部屋の隅に目を移すと、あの時に運んだ液晶テレビが鎮座してました。

タイトルとURLをコピーしました