黒ギャルに気に入られてバラ色の高校生活・前編

この体験談は約 8 分で読めます。

話は今から4年前、俺が中学3年生の頃。
今ではただのアニメオタ大学生だけど、当時の俺はバスケ部に入っていてキャプテンを務めていた。
中学生なりにそこそこいい体をしてたと思うし、まぁまぁ仲の良い女の子もいた。

今でもそうだけど中3って時期は暇さえあれば、すかさずオナニーしてたんだ。
自宅で学校のトイレで友達の家のトイレでと場所を選ばずに。

そんな俺がバスケ部を引退して受験勉強を始めた秋口、問題のギャルに出会った。
そんでまぁ中学生の頃の俺は誰から構わず話しかける方だったんで、そのギャルにも話しかけた。
そのギャルは見た目はちょい恐いけど、しゃべってみると意外と声が可愛くて、なぜか少しドキドキしたような気がする。

席替えから3日ぐらいしたら、ギャルの方からアドレス聞いてきた。
ノートの端にアドレス書いてくれたから、そのメモ紙を持ってトイレに行って、昼休みオナニーをした。
丸文字で興奮した。

秋になって席替えがあり、クラスメイトだけど全然話したことのないギャルと席が隣になる。
普段は友達と、「初エッチは絶対に黒髪で清楚な女子だよな」とか言ってたが、そのギャルの太もものエロさにドハマりしてしまい、それから毎晩、その太ももの間に挟まる妄想で抜くことになった。

その日の夜に1回抜いて、賢者になってからギャルにメールした。

『席隣の俺だよー。登録よろしくねー!』みたいな内容で送信。

1分後くらいに返信が来て、早すぎだろwwwと思いながらも内心すげぇ嬉しかった。

『ギャルだよー。これからよろしくねー』

絵文字が多すぎて読みづらかったけど、友好的で可愛いメールだった。
俺は手汗ダラダラになりながら返信の内容を考える。

『よろしくー!』

よろしくの後に、『たまにメールしてもいい?』って付けるかどうかで15分くらい悩む。
いや、いきなりそんなこと言ったらキモイな、いやでも、キモがられるのもアリだな。
そう結論を出し・・・。

『よろしくねー!べ、別にたまになら俺にメールしてもいいんだからね!』と、メールを送った。

ギャルはツンデレとかオタク文化がまったく分からんらしく、俺の出したツンデレメールがやけにツボにはまったらしく、そこから朝までメール。
そこから1週間くらいメールしてたら、ギャルが携帯番号を聞いてきたから、たまに電話する仲になった。

中間試験の2週間前にギャルから・・・。

『一緒に勉強しようぜー?拒否権ねーから!』的なメールが来た。

ギャルのペースであれよあれよと言う間に俺の家で勉強することが決定。
マジでアニメの話っぽいけど、勉強会の日から両親は1週間不在。
母→実家で親戚との用事。
父→仕事で海外へ。

勉強会前日、ビンビンになりながら部屋掃除した。
アニメグッズとか漫画を押し入れにねじこんでたが、ここで天才的な閃き!

(あえてエロ本を出しっぱにしとこうかな・・・)

あえてベッドの下にギャルモノのエロ本をもろバレに配置した。

当日、ギャルは制服のまま俺んちに。
ベッドの下が丸見えの位置にギャルを座らせた。
俺は一旦、1階に飲み物を取りに行った。
レモンティーをおぼんに乗せて部屋に戻ると、計画通りギャルがエロ本を発見してた。

ギャル「コレ、俺の?」

ギャルがにやにやしながら聞いてきた。
心の中で、(計画通りwww)って思いながらも焦ったふり。

俺「み、見るなよ!」

ギャル「コレ見ながらしてんのwww」

俺があえてドッグイヤーしておいたページをギャルが開く。

ギャル「ページ折ってるwww参考書かよwww」

半泣きで焦ったフリしつつビンビンな俺。

俺「いーじゃん別に!そーいうのが好きなだけなんだから!」

ギャル「ギャル系の子が好きなんだ。意外かも」

そう言うとギャルが手で『おいでおいで』と。
俺、前屈みでギャルの横に。

ギャル「俺、もしかしてあたしを、その、なんつーんだっけ?オカズ?にしてんの?」

俺「いや、えっとその・・・たまに」

ほんとは中0日の週7ローテだったけど、どん引きされたらどうしようと思って嘘をついてみた。

ギャル「たまにかよーwww・・・で、どんな感じで?どんな流れで?あたし上?下?」

ギャルがぐいぐい来てテンパる。

俺「童貞を奪われる系の・・・」

ギャル「wwwwwウケるwwwww」

頭をペシペシされながら笑われた。

ギャル「何それwww可愛いんだけどwww」

俺「奪われる系が8パターン」

ギャル「8wwwwww」

ここでギャルがめっちゃすり寄ってきた。

俺「え?」

ギャル「今日もあたしでオナニーすんの?」

俺「・・・うん、たぶん」

ギャル「そうなんだ。ってか、さっきからチンコ立ってんの分かってるからね!」

ギャルが腕をまわしてきた。

ギャル「俺、口固い?」

俺「結構」

ギャル「誰にも言わないなら手でやってやってもいいよ」

俺「よろしくお願いします」

ギャル「敬語wwwww」

ギャルの慣れた手つきでベルトを外された。
人生で初めて、他人にフル勃起ちんぽを露出。

ギャル「おぉー、形はいいじゃんwww」

俺「小さいっしょ?ごめん」

ギャル「謝るなよwwwってか毛薄いなwww」

ギャルの長めの爪でチンコの先コリコリされた。
この時点でマジでイキそうだった。

ギャル「キスしていい?」

俺「え?」

ギャル「ってかするから」

ファーストキスだったのに、めっちゃぬちょぬちょなディープキスをされた。
キスされながらチンコを爪で擦られて我慢汁出てきた。

ギャル「濡れすぎwww女子か!」

俺「ごめんなさい」

ギャル「なんで謝るの?wwwМなの?」

俺「うん、どMだと思う」

当時、実際はソフトMくらいだったけど、いじめてもらいた過ぎて嘘をついてみた。

ギャル「どMwwww何?鞭でビッタンビッタン叩かれたいの?」

俺「いや、そういうのはあんまり」

ギャル「そなの?よくわかんねって。あ、ベッドに移動しよ」

ベッドに移動。
当たり前のように俺が仰向けで寝そべる形に。

ギャル「上も脱げよ」

俺「はい」

ギャル「はいwwwww」

ギャルは俺の頭の上に移動してきた。

ギャル「パンツ見える?www」

AVの世界でしか見たことのないギャルの派手な柄のパンツ。

ギャル「見えたら右手上げてねーwww」

言われるがままに右手を上げる。

ギャル「マジ言いなりwww」

ギャルのちょっと馬鹿にした目つきが凄い興奮した。

ギャル「パンツ見ながらオナニーしていいよwww」

俺「マジで!?」

自分でもビックリするぐらいの大声が出た。

ギャル「うるせぇよwwww」

しこしこスタート。
2~3分しごてると・・・。

ギャル「さっきのエロ本にあったんだけどさwwwなんて読むか微妙だけど、顔面えーっと?」

俺「顔面騎乗?」

ギャル「そうそれ!」

俺「・・・?」

ギャル「あれ、やるねwww」

言い終わる際どいタイミングでギャルが俺の顔面に着席。

ギャル「wwwwwwwwくすぐったいwwwwwwwwwwいい匂い?あ、しゃべれないか」

一旦ギャルが顔騎をやめる。

俺「うん、いい匂いです」

ほんとはちょっと臭かったけど・・・。

ギャル「マジで?今日、体育あったのに!?俺って鼻ヤバくない?!」

俺「ヤバくないからもっと乗って下さい」

ギャル「ウケるwwwww息苦しかったら手を上げてねwww」

顔騎されながらしごくこと10分かそこら。

ギャル「なんかマンコが温いんだけどwww」

俺はひたすらクンカクンカ、そしてしこしこ。

ギャル「イキそう?」

俺「・・・(コクリ)」

ギャル「はい、手を動かすのやめ!」

急にオナニーをやめさせられた。

ギャル「ってか、あたしがいんのに自分の手でイクの、勿体なくね?あたしがやった方がいいっしょ?」

俺「ハイ!ヨロシクオネガイシマス!」

ギャル「早口すぎwwwwwww」

再びギャルが手コキ。
手コキしつつ耳周りととか首筋舐められて、頭が真っ白になった。

俺「もうイク」

ギャル「駄目!」

イキそうになる度にギャルが手を止める。

ギャル「手コキだけでイクとか駄目っしょwww」

そう言うと、ギャルがセーターとYシャツを脱いだ。
パンツと同じ柄のブラだった。

ギャル「可愛いっしょ」

俺「はい。何カップですか?」

ギャル「Dだけど、別に今から舐めるんだから、サイズとかどうでもよくね?」

俺「ありがとうございます!」

ギャル「感謝しすぎwwww」

ギャルが「ホック外してみ?」って言ってくるから、俺がホックを外すことに。
ちょい手間取ったけどすぐに外せた。

ギャル「やるじゃんwwwAVとかで勉強したの?www」

俺「はい」

なんかもうギャルの言うことに全く逆らえなくなっていた。

ギャル「うーんまぁ上手に舐めてって言っても無理だと思うから好きに舐めていいぞ」

俺「はい!」

ギャル「返事良すぎwww噛むのだけは無しね」

もっと序盤で書くべきだったかもしれないけど、ギャルは日焼けサロンに通ってるため色黒です。
人生初の母親以外の乳に嬉しさのあまり顔を埋める俺。

ギャル「コラwww埋まるな埋まるな!舐めろよwww」

『ギャル=黒乳首』だと勝手に決め付けていたが、ギャルの乳首はピンク色で肌の色とのコントラストが凄いエロかった。
おっぱいは弾力があり、揉んでも揉んでも飽きのこない不思議な感触だった。
しばらく自分なりにおっぱいを揉んだり舐めてると・・・。

ギャル「んっ!?あぁッ、やばっ、お前のベロ、あったかいな」

俺「駄目ですか?」

ギャル「いやいい。続けて」

自惚れるつもりはないけど、俺の舌はなかなか捨てたもんじゃないらしく、あからさまにギャルは興奮していた。

ギャル「俺!指!指出して」

俺「?」

ギャル「両手で揉まなくていいから、片手でマンコ弄って!」

俺「でも、やったことな・・・」

ギャル「弄れ!」

言われるがまま、ギャルのマンコに手を伸ばす。
ギャルのパンツに触れるとしっとりと湿っていて、微かに粘度のある液が染み出していた。

ギャル「胸も休んじゃだめぇ!」

結構強めに頭を叩かれた。
で、パンツの上から触っていたのだが・・・。

ギャル「いつまでパンツ越しにやってんだよ!直に触れろよ!」

俺「はい」

迅速にギャルのパンツを脱がした。
ギャルのマンコは毛の手入れがしてあり、毛は少ししか生えてなかった。

ギャル「触るとこ分かるよね?んっ、ああんっ!」

初めて見たマンコの綺麗さにギャルをシカトで弄りだす。

ギャル「ちょっっ!あぁっ!ヤバいから!ちょっと弄りすぎだから!」

また頭を殴られた。

ギャル「もっとゆっくりね。AV観すぎ」

俺「はい」

AVの手マンは激しすぎて駄目らしい。

ギャル「ほら、胸も休まない!そう。あッ!んん~ッ」

俺「手マンってこんな感じですか?」

ギャル「ッ!(コクリ)」

ギャルが自分の指を咥え始めた。
はっきり覚えてないけど10分前後は、おっぱい舐めながら手マンしてた気がする。

ギャル「手マン、分かった?」

俺「はい」

ギャル「その感覚、忘れんなよ。次は何したい?」

ギャルがマジでAVとかエロ漫画でよく見かける小悪魔顔に。
でもちょっとだけ肩で息してたのが可愛かった。

俺「何でも」

ギャル「じゃあ試験勉強する?」

俺「・・・」

ギャル「ガッカリしすぎwww冗談だよ」

俺「でも俺、ギャルの言うことなら何でも聞くよ?」

ギャル「買い犬かお前は。ってか主導権全部あたしだしねwwじゃあここ舐めて」

ギャルが自分の秘部を指差す。

ギャル「俺は舌はあったかくて気持ちいいからwwwクンニが上手にできたら童貞奪ってやるからwww」

俺「マジですか!?あ、でもゴムないや」

ギャル「はぁー!?今日、あたしもないんだけど!」

ギャルと俺、露骨にがっかり。

ギャル「じゃあご褒美はフェラだなwじゃ、舐めなさい!なんか俺といると口調が変になるわwwwしっかり舐めてね」

俺「はい」

ギャルのマンコは意外にピンク色で、『ギャル=黒マンコ』という偏見を持ってたから驚いた。
ギャルの性感帯に舌を伸ばす。
すっぱ甘い!
さっき顔面騎乗された時にも嗅いだ匂いだが、おしっこの匂いだろうか?
どう考えても美味しいわけがないんだけど、ギャルのマンコを舐めていると思うとやめられない。
舌を痛くなるほどクリ、入口付近を舐め回す。
溢れ出る液、口の中に広がる味。
ギャルは指を噛んで声を殺そうとしていたけど、次第にどうでもよくなったらしく喘ぎ始めた。

ギャル「ひん・・・ふ・・・はふ・・・ぅ、あっいやあぁぁ!」

自分の顎が唾液と愛液まみれになってきたが気にせず、ひたすらにクンニリングス。
ここらへんで俺、ちょっと調子に乗りだす。

俺「さっきの顔面騎乗の状態になって!胸も揉みますから!」

ギャル「いいよぉ」

体勢を変え、ギャルは再び俺に跨がる。
顔面騎乗されながらクンニ。
最初は、(やべぇ、舌が届かねぇwww)って思ったが、ギャルの方から俺の口元に性器を擦りつけ始めた。
激しく動かれるとおっぱい揉みづらかったのだが、ギャルが有無を言わさない感じだったので渋々『大』の字に。

ギャル「あッ!ヤバッぁああい!コレ、えっとその・・・」

俺「顔面騎乗?」

ギャル「そうそれ!ハッ、ハァ、ハァ・・・ッ」

顔面騎乗されてると、めっちゃしゃべりづらい。
たぶんこの日、顔面騎乗が気に入ったから、俺の性奴隷生活がはじまったんだと思う。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました