教え子にエロ本を見せながらフェラさせた

この体験談は約 4 分で読めます。

俺が家庭教師をしているK子ちゃんが、はじめて俺の部屋に来た。
(K子の年齢は秘密)
しばらくお茶を飲んだり雑談していると、K子ちゃんが真顔になってしばらくモジモジした後、こう切り出してきた。

「先生って、エッチな本とかビデオ持ってるの?」

ビデオは時々レンタルするくらいなので、今部屋にはない。

「うーん、本ならあるけど」と言うと、K子ちゃんは「見たい見たい!」と身を乗り出してきた。

俺の持ってるエロ本は女子高生モノが多いので少々恥ずかしい。
で、まず表紙を見せて、お願いしてみた。

「こんな感じの本だよ。でさあ、お願いがあるんだけど、中に出てくるのと同じようなポーズをとって見せてくれない?」

そのエロ本は、中身は相当激しいのだが、表紙はセーラー服の子がにっこり笑っていたり、ちょっとパンツが見えているくらいで一見大人しく見える。
K子ちゃんは、「うーん、ちょっとだけなら、いいかも」などと呟いている。
これだけで相当に可愛い。

「じゃあ、パッと開いたページに出てくるポーズをお願いしようかなあ」

調子に乗る俺。
そしてK子ちゃんに本を持たせ、適当に開かせることにした。

「じゃあ、いくよー。せえの・・・」

明るくページを開いたK子ちゃんが凍りついた。
そのページは両面見開きで、全裸の女の子が自分で足を抱え込んでオマンコを広げて見せているシーンであった
もちろんボカシありだけど。
しばらく無言でページを見つめてしまっていたK子ちゃんだが、うろたえた目で、「え、こんなの・・・、えっ、無理だよ・・・」とこっちを見た。
俺もさすがにこのポーズは無理だろーなあと思いつつも、ちょっといじめてみることにした。

「同じポーズを見せてくれるって言ったよね?見たいなあ」

K子ちゃんは動揺しながら俺の顔とエロ本のページを交互に見つめているが(動揺のあまり見てしまうらしい)、言葉もない。
だんだん泣きそうな顔になってきた。
ちょっと可哀想になり、助け舟を出してあげることにした。

「こんな激しいページばっかりじゃないから、もう少し前の方を開いてみたら?」

とりあえず救われたような気がしたのだろうか、K子ちゃんはおどおどとエロ本に手を伸ばし、言われるままに手前のページを開いた。
しかし、次に開いたページもまた強烈であった。
片側は女の子が四つん這いになり、丸見えポーズ。
もう片側は、その子がにっこり笑って男のモノを口に入れているのである。

「あーあ、またやらしいページ開いちゃった。K子ちゃん、好きなんじゃない、こういうの?」

そうからかうと、K子ちゃんはページを見たまま俯いてしまった。

「どっちのポーズ取ってもらおうかな~。やっぱりこっち(四つん這い)で見せてもらおうかな~。今度はちゃんと見せてね」

畳み掛ける俺。

「先生、絶対無理だよぅ・・・」

K子ちゃんは下を向いたままだ。

「じゃあ、こっちのページは脱いでるところが見えないから、こっちの真似してみる?」

そう言って俺は、女の子がモノを咥えているほうを指してみた。

「えっ、これ・・・。これも、無理・・・」

「ふーん、じゃあ約束したのに守れないんだ」

すこーし強めに出ると、基本的に真面目で良い子の彼女はしばらく黙ったまま考え込んでいたが、俺の顔を見て、諦めたように潤んだ目で言った。

「じゃあ、こっちだったら。でも、どうして良いかわかんないから先生教えてね」

うーん、めちゃくちゃ可愛い!

「じゃあ先生、脱ぐよ」

もうエロ本を見せるのに興奮したり、彼女の可愛さにやられたりで、とっくの前から俺のは大きくなっていた。
俺はジーパンを思いっきり全部下ろしてベッドに腰掛け、彼女は正面に座ってもらうことにした。

「いい?これを口に含んで、唇で全体を擦るようにしてくれる?それから先っぽだけを舌でチロチロって舐めるのもお願いね」

しばらく迷っていた彼女だが、俺のに手を伸ばした。
硬さと熱さに一瞬驚いたようだったが、口に含んで言う通りに始めてくれた。
こんな可愛い子がしてくれていると思うとたまらない気持ちになったが、残念ながら上手ではない。
(ま、当たり前か)

ベッドに添い寝してもらい、手にナニを握らせた。

「口でしたのと同じように手で擦ってくれればいいから」

彼女の匂いを嗅ぎながら、手の感触を楽しんだ。
少しすると出そうになってきたので・・・。

「K子ちゃん、先生もう少しでイキそうだから、出るところ見てくれる?それから、『もうやめ』って言うまでは手の動きを止めないでね」

と、図々しくお願いをした。
言った直後に大量発射。

K子ちゃんは、「すごい、えー、すごい」と言いながらも、言われた通り手の動きを止めない。

余韻をたっぷり楽しんでから、「K子ちゃんありがと。気持ち良かった」と言い、ドサクサに紛れて小さな胸と幼い舐め顔と唇の感触をしばらく楽しんだ後、「先生、気持ちよくなってきたから手でしてくれない?」と口にキスをした。
顔を真っ赤にしたK子ちゃんは、「先生、結構面白かった」と、さっきとはたぶん違う意味の潤んだ目で俺を見て言った。