中学生の息子に愛の告白をされて

この体験談は約 3 分で読めます。

主人は単身赴任で、上の2人の娘達は結婚して嫁ぎ、今は19歳の息子と2人で暮しています。

息子は中学に入った頃から性に興味を持ち出し、ヌード写真やSM雑誌等を机の引出しの奥に隠し持つようになりました。
私も悪いのですが、末っ子可愛さで甘やかして過ごし、2人暮しということもあり、一緒にお風呂に入ることも度々です。
はっきり申しますと、息子とは男女の関係なのです。

そういう話はよく週刊誌などで目にしていました。
でも、まさか自分がそうなるとは・・・。

そもそものきっかけは、息子のオナニーを見てしまったことでした。
あれは、そう、主人がいない夜でした。

「入浴しなさい」と言うために息子の部屋の前まで来たところ、何か部屋から伝わってくる雰囲気がいつもと違うのを感じました。
扉を開けるのが躊躇われました。
思いきって開けると、そこには・・・。

「わっ!」

息子の驚いた声とともに目に飛び込んできたのは、ヌード写真を見ながら自分のモノを扱いている息子の姿でした。
もう少しで射精するところだったらしく、息子のあれは天を向き、激しく脈打っていました。
怒るわけにもいかず・・・。
でも、なんと声を掛けていいのか迷い、気まずいまま呆然として固まっていました。

2人の息遣いだけが聞こえる部屋の中で、どれだけの時間が経過したのでしょうか。
実際は、ほんの2、3秒だったと思います。
沈黙を破ったのは息子でした。
口を開いて出てきたのは予想だにしなかった言葉でした。

「ママのことが好き。セックスしたい、初めての相手はママがいい」

息子の言葉が私の耳に届きました。
全身から力が抜けて、思わず私は息子の足元にへたり込んでいました。
息子が生まれてからは主人と夜の生活はしておらず、最愛の息子から告白され、目の前には息子の、若い男の性器が勃起していました。

魔が差したのか。
それとも主人に構ってもらえない女の性がそうさせたか。
次の瞬間。
自分自身、信じられない行動に出ていました。

目の前の息子の硬く屹立したモノ手を伸ばし、握り締めていたんです。
でも、愛撫などできる余裕はなく、ただ握り締めているだけでした。
息子の先からは透明な液が流れ、指を濡らしました。
それが心臓の鼓動が聞こえるほど私を興奮させ、枯れてしまったとばかり思っていた女の泉に19年ぶりに愛の滴が湧き出し、下着を濡らしていたのです。
射精寸前に邪魔された息子はすぐに絶頂に昇りつめ、「もう、もう我慢できない」と言うが早いか、私の手に溢れるほどの大量の液を噴出させました。

ティッシュで後始末するほんの短い時間、一切触っていないのに、息子のそれは再度屹立してきました。
思わず目が釘付けになっていると、息子が抱きついてきました。
あまりにも突然のことに抵抗できませんでした。
息子は私のスカートを捲り上げ、パンティを脱がそうとしてきます
思わず腰を浮かしてしまうと、覆い被さってペニスを掴んで私に入れようとしてきました。
あまりにも力任せにしがみつくので、息が詰まるかと思いました。

しかし・・・息苦しさよりも、収まるべき場所を求めて屹立するペニス。
息子が可哀想に思えたとき、私は自ら腰を使って迎え入れてしまったんです。
女という生き物の深い業でしょうか。

その出来事があって以来、私は母よりも“女”となりました。
欲望のおもむくまま、日に2~3度は息子のはち切れんばかりの身体を貪るようになっていました。
でも・・・。
冷静に考えると、このままでは2人とも不幸になってしまう。

(息子が他の女性と・・・)

想像するだけで嫉妬の炎に焦がされました。
そんなこと思いたくもない。

頼りなかった息子も大学生になり、身体はすっかり大人同様に成長して頼もしくなりました。
何も知らなかったセックスも色々と知識をつけ、SMと申しますのでしょうか、バイブや色々な道具を使うようになり、私はいつも気が遠くなるほどイカされています。

まだ主人には勘づかれていませんが、そのうちバレてしまうかもしれません。
でも、息子との関係をやめれそうにありません。