妥協の手コキ

この体験談は約 2 分で読めます。

19の時、友達とその彼女と俺の3人で遊んだ。

彼女の家で遊んでいたが、友達がバイトだったので先に帰り、2人だけになった。
当時、その娘のことが好きだった俺は酒の勢いもあって強引にやらせてくれと迫った。
最初は笑って誤魔化していた彼女も、俺が本気だとわかるとマジ拒否をした。

それでも粘っていると・・・。

「挿れるのは本っっ当に勘弁して。そんかわり見せたげるから」と、妥協策に出た。

仕方が無いのでそれでOKすると、彼女はその場で脱ぎだした。
別に恥ずかしそうな素振りをするでもなく、ただ淡々と全部脱ぎ、俺の前に正座した。
彼女のどうでもよさそうな表情に幻滅しながらも、俺は彼女の裸に興奮した。

本当はヤりたかったが、絶対に無理そうだったので「手で・・・してくれないか・・・?」と、頼んでみた。

彼女は「え~っ」と言ったが、いけそうだったので、その場でズボンとパンツを脱いで彼女の前に立った。
彼女の裸に興奮していたのに、緊張していたのか、チンコは小さいままだった。

「うゎ・・・◯◯君、ホーケーなんだ・・・」

俺は無言で彼女の目の前にチンコ突き出した。
すると諦めたのか、彼女は右手で俺のチンコをクニクニと握り始めた。

初体験が14の時だったという彼女の手コキはかなり上手で、どんどん大きくなっていった。

「出る時は言ってよ・・・」

そう言われたが、遅漏の俺はそれから5分近く粘った。

途中で疲れると、左手に持ち替えたり、立ち膝に体勢を変えたりして、しごき続けた。
そろそろ限界だった俺は、それを彼女に気づかれないよう平然とした顔で少しずつ彼女の顔にチンコを近づけていった。

「もぅ・・・まだ・・・?」

彼女がそう言った瞬間、絶頂に達した俺は思いっきり彼女の顔に向かって発射した!

「!!!」

驚いた彼女は一瞬避けようとしたが、部屋が汚れる事に気付いたのか、胸にチンコを押し付け、ドクドクと出続ける俺の精液を受け止めた。

「ちょっと!汚いなぁ!何すんのよ!」

怒る彼女を俺は照れ笑いで誤魔化し、鼻の周りから胸元までドロドロになり、ヘソまで精液が垂れている親友の彼女の裸にとても満足した。

彼女の家から帰る途中に『今日のことは忘れる。二度としないで。付き合う気もないし、好きじゃない』というメールが来た。

今でもたまに会ったり電話したりするけど、この事には一切触れないね。