半年ぶりに覗き見た人妻のセックスは最高だった

この体験談は約 5 分で読めます。

去年の夏の終わり。
旦那とのセックスを覗いてる最中に目が合って見つかってしまった四十路の美熟女。
子供たちが就職して家を出て、夫婦2人になると頻繁にセックスする姿が見られるようになった。

あれから半年近く経つが、近所のスーパーで明美を見かけることが時々ある。
仕事帰りのフォーマルな着衣姿に、明美の裸体や腰を振ってる姿を重ねて想像し、チンポを勃起させていた。
白いブラウスに黒いタイトなスカート、Cカップの胸はツンと張り、しっかり括れもある極上ボディーだ。
黒いコートを羽織っているのでパンティラインは見えないが、ブラウンに染めた髪を後ろに束ね、ルイヴィトンのショルダーバックを肩に掛けた姿は色気の塊だ。

どうしても明美の裸体とセックスしてる姿がまた見たくなり、明美の家の偵察を開始した。
浴室を覗きに行くと、浴室のブラインド型の窓が少し開いてるではないか!
見つかった後に2回ほど偵察に行ったが、入浴中も窓を閉めるようになってしまっていた。
いつもなら湿気が籠るのを嫌って少し開けて入浴していたのだが、覗かれてることがわかったので当然と言えば当然だが。

旦那の寝室の障子を見ると、なんと穴が開いてるではないか!
家の中で飼っている犬が開けるのだ。
犬に感謝しなければならない。
フローリングのリビングと旦那の寝室は障子で仕切られているが、ずっと開けっ放しなのでリビングの様子も全て見えてしまう。

偵察を始めて2週間、まだセックスは覗けていない。
シャワーで髪の毛を洗っている時に、少し開いてるブラインド窓から裸体を見ようと覗くも、今の時期は湯気が充満して明美の裸体が全く見えない。
この日も明美の裸体を覗きに行くが、やはり湯気が充満して見えない・・・。

その時、脱衣所に旦那の影が見え、服を脱いでるのがわかった。
明美と一緒に入浴するのだ。

(もしや浴室でセックスするのか?)

期待しながら様子を窺っていたが、セックスは始まらなかった。
だが、じゃれ合う様子はよく分かった。

「もぅ~やらしいんだからぁ・・・何立ってるの?背中に当たってるぅ」

湯船に浸かりながら明美が言っていた。
勃起した旦那のチンポが明美の背中に当たっているようだ。

「もぉ~くすぐったいぃ、ダメっ」

明美の超可愛い声が聞こえた。

「ダメっ・・・お父さんコンドーム買ってきた?」

明美が聞いた。

「押し入れに入れといた~」

旦那が答えた。

(もしや今日はセックスするのか?)

「お父さん、早く洗って!」

明美が言うと、旦那がシャワーを使い始めた。
湯気で様子は全く見えないが、声で想像はつく。
旦那が体を洗い終えると、明美がシャワーを使い始めた。
相変わらず湯気で明美の裸体も見えない・・・。
旦那が先に出て脱衣所でドライヤーの音がする。
明美は浴槽に浸かり、時折、「フゥ~アッツィ~」と色っぽい声で呟いた。

浴槽から出ると、浴槽のお湯を抜き、浴室から出た。
脱衣所で体を拭く様子がガラス越しに見え、ドライヤーを使い始めた。
ドライヤーの音が止まると、脱衣所の電気が消えた。
旦那の寝室の障子の穴からリビングを覗くと、旦那はビールを飲みながらテレビ鑑賞中。
10畳以上あるフローリングのリビングに半分くらい絨毯が敷いてありソファーがある。
床には40インチくらいの大画面テレビがあり、洋画が映っている。
そこに明美が缶ビールを持って旦那の隣に座った。
半年ぶりに見る明美の湯上り姿・・・。
白いTシャツに黒いジャージのズボン、ブラウンに染めた髪を束ねて上に纏めた姿に興奮し、チンポが勃起した。

(セックスが始まるのか?)

期待しながら覗き続けるが、一向に始まらなかった。
30分が過ぎた頃に明美がソファーに横になり、旦那に膝枕をしてテレビ鑑賞。
旦那がTシャツの上から明美の胸を揉み始めるが、「ダメっ」と旦那の手を叩いた。

「もぉ~やだぁ、お父さんの立ってるじゃない~」

明美が旦那のチンポをパジャマの上から握った!
旦那が立ち上がってパジャマのズボンとブリーフを一緒に下すと、ビンビンに勃起したチンポが上を向いてそそり立っている。
再びソファーに座ると、「もぉ~変態」と言って、旦那のチンポを手で扱き始めたじゃないか!
旦那も明美のTシャツを脱がせると、ノーブラのCカップの胸が露わになった。
半年ぶりに見る明美の胸だ!
明美はソファーに横になり、チンポを扱きながら舐め始めた。
旦那は明美の胸を揉み、時折指先で乳首を転がしながら気持ち良さそうな顔で明美のチンポを舐める様子を見ていた。

5~6分すると明美は舐めるのを止め、立ち上がって押し入れを開けてコンドームを取り出した。
コンドームを取り出すと、口でフゥと吹いて旦那の亀頭に装着し、器用に根元まで下した。
立ち上がって部屋の電気を消し、ジャージを脱いだ。
ピンクのナイロン地のパンティーを穿いている。
自分でパンティーも脱ぐと旦那の上に跨がり、チンポを持って腰を沈めた!
対面座位で挿入だ。
半年前には剃毛してパイパンだった陰毛も生えている。
部屋の電気を消しても、大画面テレビの灯りで旦那と抱き合ってる姿は丸見えだ。
旦那の上で器用に腰を振る明美!
旦那は明美の尻を持ち、動きに合わせて引き寄せている。

「アァッハァ~ンイイィ~お父さん~」

明美が喘ぎ始めた。
旦那の首に手を回して抱きつき、腰を上下に振り続ける。

「アァ~ンアッ~ンアッ~ンハゥ~ンアァアァァァ~・・・」

半年ぶりに見る明美のいやらしい腰使い。
旦那が明美を起こし、胸を舐めながら明美を抱き締め上下に動かすと、明美の腰もそれに合わせて動かしている。
明美は上を向いて仰け反り・・・。

「ダメッ~イャッ~ン、お父さん~イッちゃうぅ~ダメッェェェ~・・・」

何度聞いても明美の喘ぎ声は可愛い。
喘ぎ声だけ聴いてれば20代前半の女の喘ぎ声と思ってしまう。

「ハァハァハァ~ダメッェェ~ッ!!!」

動きが止まった。
明美が絶頂に達したようだ。
旦那は膝の上から明美を下ろすと、ビンビンに勃起したチンポが露わになった!
明美を絨毯の上に四つん這いにさせると、ビンビンに勃起したチンポを後ろから挿入した!
明美の尻を掴み、勢いよく突き始めた。
パンパンパンと突くたびに音がする。
かなり明美は濡れてるようだ。
突かれるたびに明美のCカップの胸がゆらゆらと揺れた。

「ダメッ~お父さん~ダメッだってばぁ~アッァッアッアッアッアッアァアァアァイヤァッ~ダメェェェェェェッ・・・」

パンパンパンパン・・・。

突く音と喘ぎ声が入り混じり歓喜の世界。

「イクゥッイクゥッッ~」と言って明美の喘ぎ声が消え、パンパンパンパンと突く音だけが聞こえ、少しすると旦那の動きが止まった・・・。

旦那が明美からチンポを抜くとコンドームがダラ~ンと垂れ下がり、射精した精子が溜っている。
明美は絨毯の上に四つん這いの状態からバタッと倒れた。
旦那は自分でコンドームを外してティッシュに包みゴミ箱に入れると、全裸の明美は立ち上がって浴室に向かった。
何事もなかったようにブリーフとパジャマを着てテレビを観始めると、数分でバスタオルを巻いた明美が出てきた。
旦那の前でバスタオルを取って全裸になると、「最近、少し痩せたの」と旦那に裸体を見せている。
床にあったピンクのパンティーを穿き、ジャージとTシャツを着て旦那の隣に座った。

半年ぶりに見た明美のセックス。
挿入から射精まで30分足らずだったが、久しぶりに見る明美のセックスに興奮して2発も抜いてしまった。
半年前に覗かれたことも忘れ、セックスに励む明美には感謝している。
これからも俺のために激しいセックスを見せて欲しい。

タイトルとURLをコピーしました