アイスホッケー部の学生たちと淫らな関係に・第3話

この体験談は約 5 分で読めます。

私はたぶん、2人にそれぞれ秘密を持ってしまったことで、さらに興奮していたんだと思います。

次第に2人は大人のおもちゃを買いはじめて、それで私を遊ぶようになりました。
私はクリよりも中の方が感じるので、サトシ君がバイブを買ってきました。
その話をマサ君にすると、サトシ君のより太い『ディルド』っていうのを買ってきました。
私はそのすっごい太いディルドにハマってしまって、それでされるとすぐにイクようになりました。
それがマサ君も楽しいみたいで、それを買ってからはイク数も倍以上に増えました。
だからサトシ君にも何気なく「大きいのがいいかも・・・」って言って、同じのを買ってもらいました。
それ以来アソコが大きくなったような気がして、大きいのじゃないと満足出来ないようになってしまいました・・・。
もちろん本物の方が気持ちいいですけど、昔みたいに普通のセックスでイクことはなくなってしまいました。
こうして2人の間を行き来する生活が3ヶ月ぐらい続いていました。

ある日、サトシ君から電話がかかってきて、すごく暗い声で、「今から学校に来て欲しい」と言われました。
彼の大学のある場所は知っていましたが、そんな事を言われたのは初めてで、マサ君以外の友達とも会ったことはありません。
凄く嫌な予感がしました・・・。

それでも学校に行かざるを得なかったので、すぐに出掛けました。
正門の前に着くと、サトシ君のケータイに電話をしました。
なぜか迎えには来てくれないで、部室を電話で案内されました。
私は凄く恐くなりました・・・。
それでも言われた通りに部室に行くと、入口の前にゴツい男の人が立っていて、私を見ると中に案内してくれました。

すごく汗臭い部屋でした。
そして部屋の中を見ると、サトシ君とマサ君が背中を向けて正座して座っていました。
それだけで異様な空気を感じました。
正座してる2人の前に偉そうに座っている男の人がいました。
それと、知らない男の人も3人いました。

私は若干震えた声で、「サトシ君・・・どうしたの?」と聞きました。
でもサトシ君は背中を向けたまま下を向いていて返事をしてくれません。
すると一番偉そうな先輩みたいな人が話しはじめました。

「奥さんごめんね、急に!いや、こいつらがちょっとムカつくことしたから、奥さんにも来てもらったんだよ」

どこか調子のいい感じで喋り出しました。
その男の人は『三島さん』と呼ばれていて、三島さんの話では、昨日飲み会をしたらしいのですが、その時に一緒に来ていた三島さんの彼女に、サトシ君とマサ君が酔っぱらった勢いで下ネタを言ったり、軽いボディータッチをして困らせたらしいのです。
その後、そのことを彼女が三島さんに喋って、怒った三島さんが2人を呼び出したそうです。
それだけでは気が済まなくて、2人の彼女を連れて来いって話になって、私が呼び出されたと・・・。

この話を聞いた時、腰が抜けるぐらいガクガクしてしまいました。
これから何をされるのか、すぐに想像出来てしまいました・・・。

私はサトシ君に近付いて、「ねぇ帰ろう、もう帰ろうよ」と言いました。
よく見ると、サトシ君の顔もマサ君の顔もアザだらけでした・・・。
そして2人は下を向いたまま何も答えてくれなくて、動こうともしませんでした。
相当三島さんに脅えているようでした。

三島さんが私に近付いてきました。
逃げようと入口に行こうとしたんですけど、入口にはゴツい男が立ち塞がっていました。
気がつくと三島さんが後ろに立っていて、私はコートを脱がされました。
そしてセーターの上から乱暴に胸を揉まれました。
三島さんは笑いながら、「サトシの女ってエロいおっぱいしてんな、さすが人妻!」と言っていました。
でもサトシ君は何も言いません。

私は恐くて必死で逃げようと暴れました。
でも、残りの2人の男に口を塞がれて両手を掴まれてしまい、身動きが取れませんでした。
三島さんはカッターで私のセーターを正面から切って開き、中に着ていたキャミソールもブラジャーも開かれてしまいました。

「人妻のおっぱいはエロいなー、サトシに吸わせてんの?スケベな奥さんだな~」

言葉で虐められながら乱暴に胸を揉まれてしまいました。
乳首をひねり上げたり、胸をビンタするみたいに叩いてきました。
そんな事をされてるうちに乳首がジンジンしてきて、たまに乳首をコリコリされるとズキズキするような快感を感じてしまいました。

「サトシ!お前の彼女、乳首ビンビンだぞ?この女、感じてるぞ」

三島さんは暴れすぎて体力がなくなってきた私をテーブルに押し倒すと、今度は残りの2人が乳首を激しく舐めてきました。
2人同時にされることなんか今までなかったので、さらに感じてしまいました。
声は必死で抑えたんですけど、体がピクピク反応してしまって、乳首も痛いぐらい硬くなっていたのですぐに気付かれてしまって、三島さんは嬉しそうにサトシ君に話してしました。
私は今日会ったばかり男3人に、服を切り裂かれ、無理やり胸を舐められてしまいました。
サトシ君もマサ君も座って俯いているだけで、助けようともしてくれません・・・。
この三島さんという男が相当恐いみたいでした。

私は、こんな乱暴で卑劣なやり方には絶対に屈しないと思って必死で抵抗しました。
でもこの数ヶ月、サトシ君とマサ君と毎日何回もエッチしていた体は、以前に比べて遥かに敏感になっていたみたいです。
2人の男が無理やり胸を舐めてくると、今まで初めての感覚に反応してしまい、すぐに乳首が硬くなってピクピクと震えてしまいました。

「やめて!」と言おうとするんですけど、声を出そうとして口を開くと、「ああん、あああ、やめっ、あああああ、あんっ」というエッチな声が漏れてしまい、みんなに笑われてしまいました。
凄い屈辱でした・・・。

三島さんが、「こいつ、もう濡れてんじゃねーの?変態みたいだからよ」と言いました。
正直、今までにないぐらい濡れているのは自分でも分かっていました。
でも・・・絶対に気付かれたくないので必死に暴れました。
すると今度は片足ずつ2人の男に押さえられてしまい、スカートだった私は思いっきり足を開かれて、テーブルの上でマングリ返しの格好をさせられました・・・。
ストッキングが引き裂かれました・・・。
その時、情けないことにゾクゾクして、さらに濡らしてしまいました。
私のパンツが見えると三島さんはニヤニヤして・・・。

「おいおい、何だこれ?すげーでっけー染みが出来てるけど?」

もう恥ずかしくて悔しくて仕方なかったんですけど、言われる度に、ドクンッ・・・ドクンッ・・・と濡れてしまう私がいました。
すぐにパンツはカッターで切られてしまい、べちょべちょのアソコを3人にジロジロと見られてしまいました。

「うわー、すっげー汁ってるよ」
「ビラビラでかくねー?」
「クリトリスもでけーよ。この女、相当オナってんぞ」
「三島さんすげーっすよ、こいつぜってーアナルしてますよ、ほら!」
「おわっ、マジだ、もう軽く開いてんな」
「この女、相当なヤリマンだな?何しても良さそうだな?」

今まで、こんな酷いことを言われたことはありません・・・。
すごい屈辱でした・・・。
でもなぜか体はどんどん熱くなって、アソコはヒクヒク動いてしまい、その度に笑われました。

三島さんが私のアソコを弄りはじめました。
クリトリスを適度な強さで押し潰しながら、Gスポットを指で掻き回されました。
サトシ君とマサ君のいい所を集めたような、力強くてテクニックもある、すごく巧みな愛撫でした。
私は絶対に感じないと思っていましたけど、まさかこんな絶妙なポイントを刺激されるとは思っていなかったので、「あはぁあああ!」と大きな声が出てしまいました。
三島さんはサトシ君に、「おお、お前の彼女、簡単に感じてるぞ、いいのか?」と勝ち誇ったように言っていました。

そして、そのままもっと激しく中を掻き回されてしまって、私は必死でポイントをズラそうと思って動くんですけど、三島さんの指が的確に追ってきて・・・。
とうとう私は我慢出来ずに、おしっこを出しながらイッてしまいました。
しかも凄い量のおしっこが出てしまって、みんなに大騒ぎされてしまいました。

<続く>