母に鍛えてもらってから大好きな叔母さんと・前編

この体験談は約 4 分で読めます。

僕は小さな頃からおばさんが好きでした。
おばさんが家に来るたびにワクワク。
おばさんの子供だったら良かったのに!と、いつも思っていました。

去年、僕が21歳、母が43歳、おばさんが39歳の時です。
偶然、母が着替えてるのを見てしまった。
帰宅してリビングに入ると、なぜかそんな場所で母が着替えていた。

母は身長150センチくらい。
体重はわからないが痩せている。

僕はビックリして、「ごめん」と言ってドアを閉め、自分の部屋に行った。
母とはいえ、初めて女性の下着姿を見た。
心臓がバクバクしている、ヤバイくらいバクバクしている。
無意識だが、気づくとオチンチンが大きくなってた。
夢中でシコシコしてあっという間に発射。
もちろん今まで母を女性として見たことなんてなかった。
でも、一番近くに、母という女性がいることに気づいた。

僕は母のいるリビングに行った。
母はテレビを観ていた。
僕は一言も話すことができず、時間ばかりが過ぎていった。
母は夕食の支度をするためにキッチンに行った。
どうしていいのがわからずに、とりあえず僕もキッチンに行った。
母の後ろ姿が見える。

(後ろから抱き締めたい)

「どうしたの?」

母は笑いながら話しかけてきた。
僕は何も言えず、そのまま母を抱き締めていた。

「危ないよ」

母は優しく言った。
僕は後ろから母の胸を掴んだ。
掴んだというより、手を添えたって感じ。
僕にとっては凄く勇気がいることだった。

「たっちゃん、どうしたの?」

母は聞いてきたが、どうしたのか自分でもわからない。
母のことを愛おしく感じたのは確かだ。
でもそれ以上はわからない。

「このまま、このままいい?」

僕は母に聞いた。
母は水道の水で手を洗い、振り向いた。

「どうしたの?寂しいの?」

そう聞いてきた。
そしてギュッと抱き締めてくれた。
15分くらいだろうか、ずっと抱き締めていてくれた。

「お母さんいい?」
「お母さんとやりたいんだ」
「お願いします、お願いします」

なぜだかわからないが涙が止まらない。
母は何も答えなかった。
夕食の支度を途中にしてリビングに行ってしまった。
僕はどうしていいのかわからず、自分の部屋に戻った。

1時間くらい経っただろうか。
母が僕の部屋のドアをノックして入ってきた。

「たっちゃん、真剣に言ってるの?」

「うん」

僕は答えた。
母は自分の服を脱いだ。
そして僕の服を脱がしてくれた。

「経験あるの?」

母が聞いてきた。

「ない」

母は僕のパンツを脱がしてから自分の下着を脱いだ。
胸は小さいがお腹は出ていなくて、ウエストがキュッと締まっている。
母は僕をベッドに寝かし、お腹とか胸を両手で撫でてくれた。
そして右手でお腹を撫でながら乳首を舐めてくれた。
舌で転がしたり吸ったり・・・気持ちいい。
そしてオチンチンに手を添えて、オマンコに入れた。

(いきなり?)

本で読んだ前戯はなかった。
でも、めちゃくちゃ気持ちいい。
母が5回くらい動いたら発射してしまった。
発射の瞬間、僕は母を突き飛ばした。
中出しが危険なことくらい僕でも知っている。

「ありがとう」

母が言った。
父とはセックスレスだから、コンドームの用意がなかったらしい。
母は父としか経験がなく、父はいきなり入れるので、セックス自体をあまり理解していないと、後から聞いた。
その日はそれで終わり。

1週間後くらいに、「コンドームを買ってくれない?」と母に言った。
母は通販で買ってくれた。
数日後、「届いたよ」と、僕に小さな箱を渡してきた。
その日は父がいる日なので、とりあえずコンドームの装着だけしてみた。
なかなか上手くつけられない。
破れたり、チン毛が挟まって痛かったりで、結局1箱くらい無駄にしてしまった。

父が出張の日の夜。
僕は母が風呂から上がるのを待った。
母もお願いされるだろうと思っていたようだ。
僕は母を抱き締めてキスをした。
初キスだ。
試しに舌を入れてみた。
母は口を開かない。
そういうキスがあることを知らなかったようだ。

僕は何度も何度もリハーサルをしている。
暗記力には自信がある。
パジャマの上から胸を揉んだ。
そしてパジャマの上から手を入れた。
指先で転がしたり、指と指の間に乳首を挟んだり、とにかく優しく優しくを心がけた。
なんか母の息が荒くなってきた。

しばらく続け、手をパンツの中に入れた。
毛だらけでオマンコがどこにあるのかわからない。
もう少し奥まで移動したら、指先が濡れた。
オマンコはわかったが、今度はクリちゃんがわからない。
でも焦りは禁物。
オマンコに指を出したり入れたりした。
母はもう立っていられないようだった。
目を閉じて口を開け、顔をしかめている。

ここで母のパジャマとパンツを一気に脱がした。
もう余裕はなかった。
僕も急いで脱ぎ、コンドームをつけ、母の胸を舐めながらオマンコを触っていた。
どうせすぐに発射しちゃうから、母がイク直前にオチンチンを入れる計算だった。
でも、いつ母がイクのかわからない。
前兆がわからない。
でも、声は出さないが、母の動きが派手になってきた。

(今だ、入れよう!)

僕はオチンチンを母のオマンコに入れた。
場所はよく判らなかったが、適当に動かしていたら入った。
僕はゆっくりゆっくり動いた。
母の表情が違ってきた。
なんだか気持ち良さそうだ。
と考えてる間に発射してしまった。
僕はオチンチンを出し、母を抱き締めた。
母も僕を抱き締めてきた。

「気持ちよかった。ありがとう」

僕が言ったら、「お母さんもよ。ありがとう」と言ってくれた。

<続く>