オレの朝立ちに欲情してお風呂でオナっていた義母

この体験談は約 3 分で読めます。

これは妻が出産し、妻の実家に帰った時の話。
もともと2人で住んでいたアパートが嫁の実家に近いことから、オレも一緒に実家に帰ることになった。
妻の母親はスナックのママ風でDカップ!
(洗濯のブラジャーを見たので確実)
格好も若い感じで、キレイ系の色気のある女性だ。

毎朝、義母は仕事に行くオレを起こしに来てくれる。
でも、オレは不思議に思うことがあった・・・。

その日はかなり早めに目が覚めてしまい、朝立ちチンコを触りながら悶々としていた。
すると義母が歩いてくる音がして、夏だったのでタオルケットをかぶり、オレは寝たふりをした。
部屋に入ってくる義母。

(あれ?なかなか起こされないな・・・)

すると義母はタオルケットをそーっと捲くる。
義母はオレの朝立ちを見ていた。
そして、「あっ君、起きてー、朝よー!」と言う。

(今の間はなんだ?)

絶対に朝立ちを見てた気がする。
自慢するわけじゃないが、オレはチンコがかなりデカいので、立っていなくても結構なモッコリだ。
朝立ちとなるとかなりだ。

起きたオレは洗面所で顔を洗い、いつもそこで着替える。
そういえば、着替えてる時によく洗濯物を回しに来るな。
パンツ1枚の時は必ずチラ見されているのがわかる。
デカいチンポが好きなのかな。

夜友達と飲みに行って酔っぱらって帰った日。
オレはお酒を飲むと早起きになる。
その時、また朝から悶々としていたオレは考えた。
義母にチンポを見せつけようと。

あと10分もしたら起こしに来るだろう。
オレは下にハーフパンツを穿いて寝るのだが、昨日は酔っていてTシャツにボクサーパンツ1枚で寝ていた。
このままでフル勃起で寝ているふりをしよう。
オレはチンポをしごいてフル勃起状態にした。
チンポがデカいので、フル勃起するとカリがパンツからはみ出る。
その状態でタオルケットをかけて寝たふりをした。

義母の足音が聞こえる。

ガチャ。

まだ起こされない。
そーっとタオルケットを捲る義母。

「えっ!!」

義母が声を漏らす。
オレは寝ているふりをしているが、興奮してヒクヒクさしてしまう。
いつもならタオルケットを捲って10秒も経たないうちに起こされるのだが、今日はすでに1分は超えている。
長い。
何分経っただろう。

「あっ君、起きて、朝よー!」

「ぅー」と、今起きたかのような演技をする。
そしていつものように顔を洗い、仕事に行った。

昼間、嫁から電話があり、「子供の検診に行っているから、暇ならエアコンの掃除をしといて」と頼まれた。
自営業のオレは暇だったのでエアコンを掃除しに帰った。

(ん?誰か風呂入っているのか?義母が風呂掃除でもしているのか?)

シャワーの音でかき消されて、オレが帰ってきたことに気づいてないっぽい。

(ん、なんか声が聞こえる?)

耳を澄ませる。

「あっあーん。あっ君ダメ。ん、大きすぎるー」

(今、オレの名前を呼んだ?)

義母が風呂でオナニーをしていた。

(どうしよう・・・?)

そーっとドアを閉め、一旦外に出た。
興奮した。
しかし、嫁の母親に手を出すわけにはいかない。

少し時間を置き、深呼吸してから家に入った。
歩いてリビングへ。

「あっ、あっ君、どーしたの?」

「嫁から電話があって、エアコンの掃除をしてって言われて」

「そっか、ご苦労様」

義母に違和感・・・ノーブラだ。
お風呂上がりで薄いピンクのTシャツ1枚。
明らかに乳首がわかる。
オレの目線に気づいたのか、胸の前で腕を組んで隠す義母。

(エロい!エロすぎる!)

少し垂れてはいるが、ボリュームのある胸に透けるほど黒くなっている乳首と乳輪!
何度もチラ見した。
何度見てもエロい!
オレはエアコンを掃除すると言って部屋に上がり、透けた義母のオッパイを思い出しながらオナニーした。

「あーっ!(ドピュ!!)」

大量の精子をティッシュで受け止めた。

エアコン掃除を済ませて1階に下りると、義母はブラジャーをしていた。
オレは仕事に戻った。

夜、家に帰り、ふとゴミ箱を見て気づいた。
昼間オナニーをしたティッシュがない!
ゴミ箱がキレイになっている!
おかしい。
嫁の部屋のゴミ箱にはゴミがある。
片付いているのはオレ部屋だけ。

その日から1週間、オレは毎朝、ギンギンに反り返ったデカチンを義母に見せつけた。
そして毎日、義母はオレの朝立ちチンポでオナニーしているんだろーなと思いながら、オレもオナニーをした。

結局、さすがに嫁の母親なので手を出すことはなかったが、オレの名前を呼びながらオナニーをしていたことを、オレは義母を見るたびに思い出す。

タイトルとURLをコピーしました