バイト先の2人のお姉さん・第3話

この体験談は約 11 分で読めます。

「あんまり見ないで・・・恥ずかしい・・・」

「すごいきれいですよ・・・」

両手の平で太ももやふくらはぎを包み、ゆっくりと上下させる。
足の付け根の部分は柔らかく、ソフトに、そして軽く陰部にも触れた。
そして足を取り、指を一本ずつ丁寧に洗う。

「あぁぁぁ・・・」

京子さんの顔を見上げるとうっとりとしている。
丁寧に丁寧に奉仕するように指の間も洗った。
それが終わると僕はシャワーを手に取り、京子さんの体に優しくかけた。
自分の体にもシャワーをかけ、お互いの泡を洗い流した。
京子さんを見ると何かボーっとしている。
それを見た僕は京子さんをきつく抱き締めた。

「はぁぁぁ・・・ん」

京子さんは溜め息を漏らし、手を背中に回してきた。
少し手を緩めると、どちらからともなく唇を重ねた。
すぐに唇を開いて京子さんの舌が入ってきた。
僕の舌を見つけると激しく絡み付いてきて、さらに歯茎や歯の裏まで縦横無尽に動いた。
しばらくして京子さんの舌の動きが弱まったすきに僕の舌を挿入した。
同じように舌を絡ませ、さらに歯茎や歯の裏を舌で愛撫した。
お互の息が荒くなり、息苦しくなってきた。
僕は唇を離すと唇と舌を首から鎖骨、胸から臍へゆっくりと這わし浴室の椅子に座った。
そして腰に手を当てて、ゆっくりと股間に顔を埋めた。

「ちょっと・・・山崎くん・・・山崎くんってば・・・あぁん・・・あぁぁぁ・・・」

舌を精一杯伸ばし、奥から手前へとゆっくりと舐める。
何度も舐める。
そして舌の角度を変え、クリトリスを舌先でゆっくりと舐める。
京子さんの両手が僕の頭に置かれ、髪を掻きむしった。

「ぁぁあぁぁ・・・ぃやぁ・・・ああ・・・すごい・・・気持ち・・・ぃい・・・」

左右に動こうとする腰をしっかりと両手で押さえ、舐め続けた。
時には強く、時には弱く、緩急をつけて舐めると頭に置かれている手に力が篭った。
小刻みに舌先を動かし、さらに刺激を与えた。

「はぁ・・・ぁぁぁぁん・・・はぁぁ・・・私・・・もうだめ」

京子さんは浴室の壁にお尻をつけ、立っているのが辛そうだった。

「ねぇ・・・あなたのが・・・欲しい・・・早く・・・ちょうだい・・・」

我慢できなくなったのか京子さんがつぶやいた。
舐めるのをやめずに上目遣いに顔を見上げると、泣きそうな顔でこちらを見ている。
何より憧れの京子さんの口からそんな言葉が聞けたことが何よりも嬉しく、また激しく興奮した。
京子さんの中から出てくる液体と粘膜の味は、とても刺激的な味でとても愛おしく感じた。
もう少し舐めていたい気もするが、早く一つになりたいという気もする。
それでもまだクリストリスをしつこく舐め続けた。

「いじわる・・・しないでぇ・・・早く・・・あなたの・・・ちょうだい・・・」

僕も興奮がかなり高まり、股間の充血はすごくなってた。
立ち上がると少しふらっとした。
頭が少しボーっとする。
熱気にやられてしまったのか。
しかしそんなことにお構いなく、京子さんは浴室の壁に手をつき、魅惑的な双丘をこちらに向けて突き出した。

「早くぅ・・・」

こちらを振り返って艶のある目線を送ってくる。
たまらずペニスをそこに滑り込ませるとかなり熱く感じられ、また興奮の証であるヌルヌルした液体が溢れていた。
そして少し窪んでいるところを見つけると、一気に突き刺した。

「あああぁぁぁぁぁ・・・」

「おおぉ・・・」

京子さんの首が仰け反る。
挿入による快感が突き抜けたようだ。
僕の方もペニスにまとわり付く快感にあやうく射精しそうになった。
さっきタクシーで指を入れた時と同じ感覚で奥に締め付けを感じる。
腰に手を置いて前後に出し入れを始める。
抜くときの絡みつきがすごい。
まるで抜くのを妨げるように絡み付いて締め付けてくる・・・。
何より憧れの京子さんと一つになれたのが嬉しかった。

「はぁ・・・あぁぁ・・・」

京子さんは僕の手を取り、自分の胸に導いた。
そして激しく動かす。
夢中で胸を揉みながら腰を打ちつけた。

「ぁぁぁぁ・・・ああああああん・・・すご・・・い・・・」

夢中で腰を振る。
胸を激しく揉みながら・・・。

「おおお・・・ぉ・・・ぅ・・・」

「ぁん・・・ぁん・・・あん・・・」

2人の嗚咽とも言える声が浴室に響いた。
しばらく2人は何もかも忘れ、激しく性器をぶつけ合った。
そしてあまりの快感に頭が痺れ、頂点が近づいて来たことがわかった。

「はぁ・・・あん・・・はぁぁぁぁ・・・ん・・・はぁ・・・はぁ・・・。すごく・・・ぃぃわ・・・すごく・・・ぃい・・・」

京子さんの喘ぐ声が快感を倍増させる。

「僕・・・そろそろ・・・」

「私も・・・ぃい・・・中に・・・ちょう・・・だい・・・中に・・・たくさん・・・」

「京子・・・さん・・・ああぁぁ」

興奮の高まりが脳天を突き抜け、快感のしぶきが何度も何度も膣内に注がれた。
今までののどんな射精よりも気持ちよかった。
ペニスの痙攣はなかなか収まらず、痙攣のたびに膣壁の圧力が高まる。
まるで痙攣の終わりを許さないように・・・。
その間、京子さんは僕の左手をしっかりと握ってくれていた。
何よりそれが幸福だった。
痙攣が収まると2人とも浴室の床に崩れるように倒れた。
しばらくそのままの体勢でまどろみの時を過ごした。
ペニスはまだ硬さを保ったまま京子さんの中にいた。

「すごく気持ちよかった・・・ありがとう・・・」

「京子さんも最高でした・・・」

「こんなにいいなんて・・・こんなに可愛い年下の坊やなのにね・・・」

「一応男ですので・・・」

そう言うと、まだ中にいるペニスをピクッと動かした。

「ぃやぁぁ・・・ん。いじわる・・・。まだ硬いのね・・・すごい・・・さっき程じゃないけど・・・さっきはすごく硬くて・・・やだ私・・・何を言ってるのかしら・・・でもとても素敵よ」

「ありがとうございます」

そしていたずらっぽくまたピクッと動かした。

「あぁ・・・っ。もー・・・仕返しよ」

そう言うと京子さんは膣内の圧力を高め締め付けてきた。

「うぉぉ・・・ぅ」

放出を済ませたばかりだというのに、もう快感が押し寄せてきた。

「もう出ましょう。風邪引くわよ」

ペニスをゆっくりと抜いた。

「ぁん・・・」

抜いたところをまじまじ見ていると、白いドロドロした物が京子さんの太ももを流れた。
なんとも卑猥な光景だ。

「あの・・・中に出しちゃって大丈夫ですか・・・?」

「今日は大丈夫な日なの。安心して」

立ち上がると京子さんがシャワーで体を流してくれた。

「先に上がってて。バスタオルは出してあるから」

「はい。ありがとうございます」

浴室の外に出るとひんやりした。
クーラーが効いているようだ。

「はぁ・・・」

何か生き返ったような気がした。
ちょっとのぼせたかもしれない。
頭をゴシゴシ擦り、体を拭いた。
浴室からは京子さんが体を洗う音が聞こえる。
服を着ようと思い、辺りを探してみた。

(一度脱いだ服を着るのはちょっと嫌だな・・・)

そう思ってキョロキョロしてみたがどこにもない。

(ん・・・?)

洗濯機が回っている。

(え・・・まじ・・・?まじ?まいったな・・・)

しょうがないのでバスタオルを肩にかけてしばらく待つことにした。
しかし、今日はどうしてこんな事になってしまったんだろうか。
昼間は活発的で色黒の美子さんとあんな事になり、夜は夜で色白で理知的な京子さんとこんな事になってしまった。
2人は対照的ではあるがどちらも魅力的だ。
今まで年上の女性に言い寄られたことなどなかったので戸惑うばかりだ。
でも以前からの憧れと、セックスをしてしまったことで、気持ちは京子さんに傾いている。
そんな事を考えていると京子さんが浴室から出て来た。

「あ・・・ごめんね・・・勝手に服洗っちゃって・・・朝までには乾くと思うわ」

「え・・・朝ですか・・・」

少し戸惑った。

「だってもう11時よ」

途中眠ってしまったのでうっかりしていたが、結構な時間だ。

「もう寝ましょ。フフ」

頭を乾かしてベッドに入る。

「明日は6時からなんですが・・・」

「あら大変。目覚ましをセットするわね」

すっぴんの京子さんはほんの少し若く見えた。
肌は透き通るように白く、十分に綺麗だった。
乾きたての髪もさらさらで色っぽい。

「あのー・・・僕が裸なのはわかるんですが、京子さんはなんで裸なんですか?」

「いけなかったかしら?」

上目遣いで見つめられる。

「なんか落ち着かないんで・・・」

「そう?山崎くん、エッチね」

「エッチっていうか・・・ぼ、僕がですか?」

いたずらっぽい笑みを浮かべている。

「あれ・・・もしかして・・・」

そう言うと京子さんは薄手の夏用の毛布の中に手を入れ、僕の股間に手を伸ばした。

「あら・・・フフ・・・」

2人で裸でベッドにいるというシチュエーションだけでかなり興奮してしまった。
京子さんは嬉しそうに僕のペニスを弄んだ。

「こんなに反応してくれると女として嬉しいわね」

そう言うと京子さんは優しく微笑んで毛布に頭から潜っていった。
あっという間にペニスは温もりに包まれた。
硬度を増し、ペニスに力が漲ってくるのがわかる。
サラサラの髪の毛が腿に当たり心地良い。
毛布を剥ぎ取って京子さんの様子を見た。
京子さんはゆっくりと亀頭を口の中に出し入れしていた。
時折、裏の部分を舌先でチロチロと、あくまでソフトに舐めてくれた。
そして横笛を吹くように竿を横に咥え、舌を動かしながら上下に動いてくれる。
舐めにくいのか体を下に移動し、僕の股の間に座るような体勢をとった。
舌がダイレクトに裏すじを刺激する。
あまりの心地よさに声が出そうになる。
僕の反応を上目遣いで確認した京子さんは一気に奥まで咥え込んだ。
頬を凹まして吸引力を上げている。
チュパチュパといやらしい音が部屋に響く。
さらに頭をグラインドさせて雁首を刺激する。

「うぉ・・・京子さん、気持ち良いです・・・」

思わず声が出る。
吸い込みながら頭を上下に動かし始めた。
深い。
一気に深く咥え込む・・・。
大きいスライドで動くたびに快感が増幅されていく。

(このままではやばい・・・)

するとそれが伝わったかのように京子さんの唇がスルスルと竿の下に滑り落ちていった。
そして玉の部分を軽く舐めた後、一つずつ口に含む。
穏やかな快感に包まれて体の力が抜けていく・・・。

(気持ちいい・・・)

さらにベロベロと舐めた上げたあと、玉を持ち上げられ、その下を舐め始めた。
玉の下の少し硬くなっているところをしつこく舐めてくる。
くすぐったいような感覚もあるが、かなり気持ちがいい。
亀頭の先の鈴口の部分から液体が垂れてくるのがわかった。
京子さんはそれにも気付かずに舌と唇を使って舐め続ける。
手は優しくペニスと玉を押さえたまま。
そして舌先がさらに下がっていく。
手が足に添えられ、さらに押し込まれる。
ちょうどオムツを替えるようなかなり恥ずかしい体勢だ。

(もしかして・・・)

予想通り、京子さんの舌先が肛門に下りてきた。

「おわぁ・・・っ」

体の中を電気が通り抜けたような感覚が脳天を突き抜けた。
さらにそのままシワの一本一本を伸ばすように丁寧に、時に力強い舌先での愛撫が続く。

「はぁはぁっ・・・」

自分でも弱いところなのだと実感することができた。

「やっぱり予想通りね。感じるんでしょ。ここ?」

指の腹で優しく撫でながら妖しく微笑む。
返事をするのもままならない状態だった。

「あら、こっちも大変ね」

硬さは若干落ちているが、鈴口からダラダラと液体が溢れ出していた。
京子さんはそれを舌で拭き取り、また大きく頬張りゆっくりと上下動を始めた。

「京子さん・・・僕も舐めたいです・・・」

上目遣いで目が合うと一旦口を離し・・・。

「だめよ・・・明日は早いんでしょ・・・」

言葉とは反対に体勢を変え、僕の顔を跨いできた。

(おーすげー・・・美味しそう・・・)

さっきの浴室は薄暗かったためよく見えなかったが、今は違う。
目の前に京子さんのアソコが・・・。
思った通り陰毛は上の方に少し生えてるだけで、今目の前に見える部位には生えてない。
なんとも卑猥な陰部が丸見えになっている。
ふくよかな大陰唇には色素の沈着が無く、他の肌同様に白い。
その内側に薄いピンクの小陰唇が少し顔を出している。
膣口の辺りだろうか、キラリと光る部分があった。

(もしかして濡れてるのかな・・・?)

自分のペニスを舐めながら濡れている・・・。
そう思うと興奮してきた。

「ん・・・なんかまた硬くなってきたよ。興奮しちゃったかな・・・あんまり見ないでね・・・恥ずかしいから・・・」

京子さんが口を離して話し掛けてきた。

(「あんまり見ないで」って、丸見えだよ・・・)

キラキラ光っている部分に指を当ててみる。

「うぅ・・・ん」

指にヌルヌルしたものがまとわりついた。
指を離すとつーっと糸を引く。
そっと指を舐めてみると無味無臭だ。
しかし、なんとも言えない舌触りは残った。
目の前の淫靡な光景に高ぶりながらも、むしゃぶりつきたい衝動に襲われる。
顔を近づけ、左右の大陰唇を舐める。

「ひやぁぁぁ・・・ん」

京子さんが腰を引く。
両手でヒップをがっしりと押さえ、動きを制限した。
何度もベロベロと舐めた後、小陰唇に移った。
唇で軽く噛むように挟み、さらに舌先を動かして刺激を与える。
ヌルヌルした液体が舌と唇に絡みつく。
さっきよりさらに濡れている・・・。

「んぅん・・・ん」

ペニスを口に頬張ったまま喘ぐと振動がペニスに伝わる・・・。
そして鼻を抜ける声と息がさらなる興奮を促す。
しばらく小陰唇の感触を味わった後・・・さらに敏感な所へ進む・・・。
クリトリスは半分くらい包皮に包まれていた。
まずは包皮の上から舌先でコリコリと転がしてみる。

「あぁぁぁん」

京子さんの腰が跳ねる。
気を紛らわすように激しくペニスへのストロークを繰り返す。
油断すると快感に飲み込まれそうだ。
構わず腰を押さえ包皮ごと唇で包んだ。
そして包皮を舌先で捲り、一気に舌全体を使って愛撫した。

「ぅぅう・・・ぁぁあん」

たまらず京子さんの口からペニスがこぼれ落ちた。
ここぞとばかりに一気に責め立てる。
容赦なく舌先を小刻みに動かして刺激を与え続ける。

「あぁっ・・・あぁっ・・・」

ペニスに顔を埋め、激しく喘ぐ。
押し寄せる快感に打ち負かされたようだ。
しばらく責め続けると腰が跳ね上がってきた。

「あぁぁん・・・だめよ・・・だめぇ・・・」

腰を押さえながら舐めるのもしんどくなってきた。

「いやぁ・・・そこは・・・」

やはりクリトリスは敏感なようだ。
ふと小陰唇に目をやると、膣口の辺りがヌラヌラと光っている。
唇を当て、一気に啜った。

「あーっ・・・」

別の快感に驚いてしまったようだ。
そのまま膣口の液体を舌先を駆使して啜りとった。
そして舌先を膣の中へねじ込む・・・。

「あぁぁぁあ・・・そんな・・・」

膣壁の感触を味わったあと、舌を硬く尖らせピストン運動を始めた。
溢れ出る蜜を啜るように舌先で膣内をえぐる。

「んはぁ・・・いぃ・・・すごく・・・いぃ・・・もう・・・だめ・・・よ・・・」

京子さんは足を浮かせ体勢を変える。
そして僕に覆い被さってきた。
乳首に舌を這わせてくる。
なんとも気持ちいい。
そのまま上にあがり唇を重ねてきた。
両手で僕の顔を押さえ貪るように激しく何度も・・・。
京子さんの舌と一緒に唾液が送り込まれ、それを飲み干す。
京子さんの下腹部に当たっていたペニスがヌルヌルとした粘膜を捉えた。
するて京子さんは腰を前後に振り始めた。

「はぁっ・・・はぁっ・・・はぁっ・・・」

クリトリスを亀頭に擦りつけてるようだ。
僕はといえば、亀頭もさることながら、粘液にまみれた小陰唇に擦られる竿の裏側の快感も強く感じられた。

「おぉぉ・・・」

思わず声が出てしまう。
ペニスが一瞬、膣口の辺りを擦った。
京子さんと目が合う。
顔はほんのり上気していたが、しっかり見つめてきた。
次の瞬間、ズブっとペニスが京子さんの熱い膣壁に包まれた。

「あぁぁぁ・・・ん」

京子さんが仰け反る。
浴室のときより密着度が高い。
僕の腹に手を置き、波打つように腰が動いた。
髪を振り乱して乱れる様は素晴らしく綺麗で、神々しくもあった。
手を伸ばし、両乳房に触れる。

「あぁぁん・・・あん・・・」

僕の手の上に京子さんの手が添えられる。

「すごく・・・硬い・・・。奧に・・・すごく・・・当たる・・・。いぃ・・・あぁっ・・・」

腰の動きが激しくなる。
根元まで包まれたペニスは強烈な摩擦と締め付けに遭い、膨張を続ける。
さっき一度放出したからか、快感を味わう余裕があった。
腰のグラインドがゆっくりになり、油断していたら次は上下に打ちつけだした。
根元に当たる弾力がいい。

「あ・・・ん・・・これも・・・いい・・・」

反り返ったペニスの亀頭が膣壁を刺激しているようだ。
もちろんこちらもかなり気持ちいい。
京子さんが覆い被さってまた唇を求めてきた。
しばらく口づけを堪能したあと京子さんの腰を掴み、今度は自分の腰を浮かせて一心不乱に打ちつけた。

「んんー・・・っ」

自分の舌を京子さんの口に深く挿入しながら下半身も激しく出し入れする。

「んぁっ・・・んぁっ・・・んぁっ・・・」

京子さんは不意を突かれて苦しそうに喘いでいる。
上半身を完全に預けてきている。
下半身の出し入れを一度止め、体を入れ替え、僕が上になった。
足を掴み再度挿入しようと京子さんの陰部を見る。
小陰唇や膣口が充血して赤くなっている。
これが自分のせいだと思うと嬉しくなる。
ゆっくりと挿入する。
これだけ濡れているのにまだ膣壁に抵抗感が感じられる。
力を入れてそのまま奧まで挿入する。

「ふぁぁぁ・・・ん」

京子さんが溜め息とも悲鳴ともつかない声をあげながら、首に手を回してしがみついてきた。
ゆっくりと腰を動かし、ペニスを出し入れした。

「すごく素敵よ・・・。山崎くん・・・」

潤んだ目で京子さんが訴える。
その仕草に一気に快感がこみ上げた。
首を曲げて乳房を掴み、乳首を口に含んだ。
そして口の中で舌先を使い何度も転がした。

「んぁっ・・・んぁっ・・・んんん・・・」

快感の高まりが激しくなる。
腰を激しく動かし、ペニスを子宮に届けとばかりに深く深く突いた。
絶頂が近づいてきた。
腰を激しく打ちつける。

「そんなにされたら・・・私・・・あぁぁ・・・」

腹の底からマグマが吹き出すような射精感がこみ上げてくる。

「きっ・・・京子さん・・・」

「うぁぁぁ・・・っ。やまざ・・・」

2人はきつく抱き締めあった。
ペニスの痙攣が起こり、膣もそれに応えるように律動を始める・・・。
絞りとられるような錯覚を覚えながら、その白いマグマを深く注ぎ込む・・・。
力尽きた2人は重なり合ったまましばらく動かなかった。

<続く>