ベロベロに酔ってる姉の口に押し当てて・・・。

この体験談は約 2 分で読めます。

僕には大学生の姉がいる。
姉は大学に入ってから、コンパとかで酒を飲むようになった。
姉は酒を飲むとベロベロになる方らしく、これまでにも千鳥足で帰ってきたことが2、3回あった。

その日は父と母が外出していて、姉はそれをいいことに友達と夜遅くまで飲んで帰って来た。
玄関まで迎えに出て「大丈夫?」と聞くと、姉は「大丈夫、ちゃんと1人で歩いて帰れたもん」と言いながら板の間にぐたっと倒れてしまった。
僕は玄関から2階の姉の部屋まで背負って連れて行った。
しかし、その重いこと。

やっとのことでベッドに下ろしたが、姉が突然、「暑い・・・脱がせて!」と言い出した。
目は瞑っていて今にもガクッと寝込みそうなのだが、「暑いよ・・・早く」と、いかにも苦しそうに言い続ける。
仕方なくスーツとブラウスを脱がし、ブラジャーとパンティーだけにしてやった。

姉の顔を見る。
もう眠っていて何の動きもない。
指で瞼を広げても目玉がぐりーっと上向きになってしまい、まるで反応がない。
最初は「なんだこれは~」と笑っていたのだが、下着姿の姉に興奮してきてしまった。

僕はブラジャーに手をかけ、フロントホックを外した。
AV女優に負けないくらいのきれいな胸だった。
そっとタッチするととても柔らかい。
てっぺんの突起物を口に含む。
なんとも言えないマシュマロのような舌触りがした。

我慢できず、僕は自分の熱いモノを取り出した。
しばらくパンティーをちょっと捲ったりしながら手でしごいて、それからパンティーの上からあの部分にちょっと押しあててみた。
やはり姉は無反応。
パンティーを下ろして恥毛を出した。
ゆっくりと恥毛の中に入れた。
両腿とあそこの間に差し込んでみたら、ちょっとベタついていた。

(中に入れないから・・・)

僕はピストンの真似をして姉の両腿の付け根に入れたり出したりした。
すごく気持ちいいが、やはりやばいような気がして、引き抜いてパンティーを穿かせた。

「ん・・・」

そのとき姉が寝返りを打って親指を口に咥えた。
子供の頃からの姉の癖なのだ。
その仕草を見て名案が閃いた。
姉の口から親指を抜き、代わりに自分の熱いモノを唇に押し付けてみた。
姉の唇に自然に力が入って、チューッと吸い込んだ。
背筋に電流が走った。
僕はゆっくり2、3度動かしただけで、ピュピュッと果ててしまった。
姉は果てたモノをチューチュー吸い、ゴクッと飲んでしまった。

僕は口からモノを抜いた。
そっと部屋を出ようと思ったが、まだ硬いままだった自分のモノを姉の手に握らせた。
そしてもう一度パンティーを下ろし、姉のあそこを見ながら手を動かした。
僕はまた姉の口に出してしまった。

姉はその日、どうやって帰って来たかも覚えてないそうだ。
もちろん僕がしたことも・・・。

タイトルとURLをコピーしました