人妻OLと倉庫で生エッチ

この体験談は約 3 分で読めます。

俺、カズって言います。
何年か前の話だけど・・・。
22歳の時に入社した会社で先輩人妻社員とセックスしました。
名前は希美さん。
24歳で目が細く、メガネを掛けた中肉中背。

お昼休みに男の同僚と、「セックスする相手がいないからソープにでも行きたい」とか話をしてたら、希美さんがその話を聞いてたみたいで、昼に1人で倉庫で仕事をしてたら希美さんが俺の所にやって来た。

希美「さっき『風俗行きたい』とか言ってたけど、溜まってんの?」

俺「物凄く溜まってます!希美さん、ヤラせてくれるんすか?」

希美「有料でもいいならね」

俺「マジっすか!いくらですか?」

希美「10000円。でも絶対にゴムはしてね」

俺「了解です。で、いつヤリますか?」

すると希美さんはポケットからコンドームを取り出して俺に渡すと、手を引っ張って倉庫の奥に向かいました

俺「えっ!今から?」

希美「私、結婚してるから、仕事終わってからだと無理だから」

とはいえ、仕事中だったんでちょっと焦った。
誰か来るかもしれないからね。
倉庫の奥は喫煙所になっていて、ソファーが置いてあったからそこでセックスすることに。
希美さんはソファーに座ると俺のズボンとパンツを膝まで下ろし、いきなりフェラをしてきた!
希美さんのフェラはイマイチであんまり気持ちよくなかったな。
それでも仕事中にセックスするってことで興奮してたからすぐにビンビンに勃起してしまった(笑)

希美「もう立ってるね。早く入れて終わらせて」

希美さんは自らズボンと下着を膝まで下ろし、お尻を俺に向けてきた。
急いでゴムを着けて立ちバックで挿入!
溜まってたから挿入して三コスリ半でゴム射してしまった・・・。
でも、これで終わるのは何か勿体なかったから、そのまま腰を動かし続けた。
幸い希美さんは俺がすでに射精したことは気付いていないみたい。
とにかく仕事中だから2発目も早く終わらせようと高速ピストン!

希美「あん、あん!!激しいっ!!声出ちゃう!!」

5分くらい立ちバックで高速ピストンしてたら疲れてきた。
それでも2発目に向けて激しく腰を動かしていたんだけど、なかなか射精感がやってこない・・・。

希美「ま、まだイカかないの?早くしないと誰か来ちゃうよ!」

俺「う~ん、立ちバックだからかイケそうにない感じっす。正常位でしてもいいですか?」

希美「も~、早く出してよね!」

希美さんはムスッとしながらも膝まで下ろしてたズボンとパンツを片足だけに残してソファーに横になった。
俺は射精したゴム付きチンポを希美さんに見られないように隠しながら正常位で再度挿入!
射精に向けてガンガン腰を動かしたけど、やっぱり射精感がやってこない・・・。

希美「まだイカないの?早くしてよ、も~!」

ついに怒ってきた希美さん・・・。

俺「すんません・・・。あの~、ゴムしてるからイケそうにないのかもしれないっす・・・」

希美「はあぁ~!生でしたいってこと?私、人妻なんだよ!妊娠したらどうすんの!!」

すっごく怒らせてしまいました。
だけど、希美さんは少し考えて・・・。

希美「絶対、外に出してよね!中出ししたら絶対許さないから!」

なんだかんだで生挿入のお許しが!
やはり生ハメは気持ちいい!!
今度はすぐに射精したくなってきた!!

俺「イキそうになってきました・・・イキそうです」

で、お腹に出そうと思って希美さんの上の服を捲り上げようとしたら、希美さんに制止されました。

希美「お腹の上はダメ!精子が飛んで服が汚れちゃうかもでしょ!お口に出して!」

それを聞いて急いでチンポを引き抜き口内射精!
勢い余って初弾は希美さんのメガネのレンズに飛び散っちゃった・・・。
でも、残りを口の中に射精したらゴクゴクッて飲んでくれた。
後でメガネに掛けたことは怒られたけど・・・。

希美「さあ、早く仕事に戻るよ」

希美さんはそう言うと急いで服を整えて、俺からお金を奪うように受け取ると仕事に戻って行きました。