見た目はお嬢様なのに性欲が強い出張先の黒髪OL

この体験談は約 3 分で読めます。

大学を卒業して入社して半年くらい経った頃、営業部に配属されて、初めて担当を持たされた。
九州の小倉の代理店だった。

その代理店に、清楚なお嬢様って感じの事務員が居た。
俺よりも2つ年上だった。
新人の俺は色々と助けてもらった。
スレンダーで本仮屋ユイカに似ていた。
ユイカ(仮名)さんは、セミロングのストレートの黒髪でメガネをかけていた。

そんなユイカさんがいるので出張で訪問するのも楽しみだった。
いつも小倉で宿泊し、翌日、広島、岡山の代理店を訪問する日程が多かった。
小倉では、たまに代理店の人の飲みにも連れて行ってもらった。

ある日、仕事を終え、常宿のホテルにテェックイン。
その後、夕食を食べに駅前の繁華街へ行った。
何を食べようか迷っていた時、ユイカさんにばったり逢った。
ユイカさんは仕事帰りに友人と食事をする予定だったのが、ドタキャンされた模様。

「一緒に御飯食べない?」

誘われて、二つ返事でOKした。
ユイカさんにお任せで、モツ鍋屋さんへ連れて行ってもらった。
お酒も飲んで二人共ほろ酔い、憧れの女性と一緒で楽しかった。

モツ鍋屋を出て、駅へ向かう途中。
小倉には風俗店が並ぶ一角があった・・・。
近道でそこを通ると、ユイカさんが俺の手を握ってきた。
怖かったみたいだ。
じっと手が汗ばんでいた。
お互い無言でちょっと変な空気が・・・。

すると、「◯◯君もああいうとこ行くの?」と聞かれた。

俺はドキッとして・・・。

「い、いえ・・・行かないっす」

「彼女がいるから?」
「彼女は今、いません・・・」

「ふぅ~ん、どんな女性がタイプなの?」
「ユイカさんみたいな・・・清楚な感じの人が・・・」

「私、清楚でもお嬢様でもないのよ。みんなが勝手にそう思ってるだけで」
「でも・・・素敵です・・・そう見えるっす」

「普通に性欲だってあるし、エッチしたくなる時もあるし・・・」

と、大胆発言。

「彼氏さん・・・いるんですよね?」

「う~うん。私も今いないの。ちょっと前に別れちゃってぇ」

寂しげな表情だった。

「俺ならユイカさんを離しませんねぇ」
「ホント?私と・・・エッチしたい?」

「またまた冗談を」
「冗談じゃないよ。私は本気。◯◯君とエッチしたいと思ってる」

「お、俺もしたいっす」

それから近くのラブホへ行った。
清純なお嬢様の様なユイカさんの見た目とのギャップに驚いた。
セックスの最中も積極的で年下の俺をリードする感じだった。
メガネをかけた清楚な顔で俺の顔を見ながらいやらしくフェラする表情は妖艶で鳥肌が立った。
フェラも巧くて気持ち良かった。

「我慢出来ない・・・入れたくなっちゃったぁ」

そう言って自分から跨がってきた時には思わず射精しそうになった。
ほっそりした身体だが、小振りながら美乳だった。
ヘアも薄くてほとんどパイパンに近かったのにも興奮した。
実は、元彼の趣味でパイパンに剃られていたのが、少し生えてきた状態だったらしい。

「ああん!気持ちいい!奥がいいのぉ!」

大股開きのヤンキー座りで腰を激しく上下された時には、切ない顔とのギャップで一気に射精感が込み上げてきた。
締まり具合も良くてキュンキュン締まり出し、亀頭が子宮口に当たる感じが気持ち良過ぎた。

「ユイカさん、そんなに動いたら出ちゃいます!」

「いいよぉ!出してぇ!中に出してぇ!一緒にイコぉ!」

突き上げて一緒に果てて、ユイカさんの膣の中に出した。
その後も2度セックスして、2回ともユイカさんの中に出した。
清楚な感じのユイカさんが淫らに乱れる姿には興奮した!

次に訪問した時・・・。
倉庫に連れて行かれてフェラされた。
口に出させてくれて全部飲んだユイカさんから、「今月いっぱいで退社して実家へ帰るので、◯◯くんとは今日でお別れ・・・」と告げられた。