舐めるのが大好きな18歳の可愛いビッチ

この体験談は約 6 分で読めます。

某出会い系サイトで18歳のビッチな可愛いギャルと出会った。
18歳だから冷やかしかサクラかと思ってました。
でもメアド聞いたら、『バラ撒かないでね』と言われつつ教えてもらえたんです。

ちなみに俺は30代半ばなので、10歳以上の年の差。
だからメールは噛み合わない・・と思いきや、ずっと恋愛相談みたいになってた。
まだ若いから恋愛に一生懸命というか、あぁ~若いなぁ~と微笑ましい。
男の本音などを教えてあげて、こうしたら?あぁしたら?と真面目に答えてあげてた。

気が付けば3ヶ月ぐらいメールしてて、彼女もかなり信用し始めてたのが分かった。
写メ交換も彼女の方からしたいと言い出してたし、最寄駅とかプライベートなことも、こっちが大丈夫か?と思うぐらいペラペラ喋る。
写メを送ると想像以上だったと高評価。
送られてきた彼女の写メ見た時は、思わず携帯を落としそうになりました。
期待してた以上に可愛いかったから。
昔のミニスカポリスの宮前るいって分かりますかね?
あんな感じ。
ヤバいぐらい可愛くて、こんな子が『舐めるのが好きなの』とか言ってたんだからヤバ過ぎ。
『アナルも舐めちゃえば?』とか言ってたので、こんな可愛い子にされたら・・・なんて妄想しまくり。

互いに顔も分かったことで、より親密度は深くなっていった。
恥ずかしくないのか、時々『谷間できたぁー!』とオッパイを寄せた写メ送ってきたり、『新しいグロス』とか言って唇写メ送ってきたり。

『そんな事すると興奮するからやめなさい』と送ると、『えぇ~じゃ~こういうのは?』とセクシー写メを送ってくる。

とりあえず彼女の名前は『ルイ』ということにしておきますね。
ルイは過去に2人、狂いそうになるぐらい惚れた男がいたらしい。
でも、その2人にことごとく浮気をされ、最後には捨てられた過去がある。

思うにルイは、好きになると尽くし過ぎるタイプみたい。
風呂に入る時も体を洗ってあげたり、前戯無しでフェラして騎乗位で挿入したり。
言われればすっ飛んで行って、フェラだけで帰されたりもしたって言ってた。
でも大好きだから、それはそれで満足と言う。
しかも自分でも認めているほどのドMちゃんだから、逆に興奮するとかなんとか。

そんなルイでも、聞いてみればやっぱり欲求不満。
毎晩のようにオナニーをしていて、電マが夜の友達らしい。
大好きだった電マが壊れたのがキッカケで、買ってあげるって形で会うことになった。
これはこれで超恥ずかしいと言っていたが、やっぱり電マがないとムズムズするんだとか。
電マなんて安いもんだから、俺は喜んで会う約束をした。

笑えるけど、会ってすぐに新宿のドンキへ向かった。
そこで初対面なのに電マを買い、ついでにオルガスターまで買ってあげた。
大人のオモチャコーナーで、「これは?」「太い?」などと聞くと、恥ずかしがる顔がいい。
定番のオルガスターにしたが、他の客が来ると俺の腕に抱き付いてきたりする可愛い子w

そのあと半個室の居酒屋へ行って、ルイはマジで飲めないのでノンアルコール。
飲んでた俺は気が大きくなり、「ちょっとオルガスター使っちゃう?」という雰囲気に。

「こんな場所でしたら興奮するでしょ」

恥ずかしそうに、「うん・・・」というルイ。
スイッチを入れると唸る音が聞こえたけど、『弱』にして使わせてみた。
これがまた素晴らしくエロい。
若いから生足なので、最後は「入れちゃえよ」という流れにw

「でも・・」とか躊躇してたくせに、入れたら顔を隠して感じまくり。

「俺の方向けよ」と軽い命令口調で言ったら、「はい・・・」とウルウル目で見つめてくる。

「脚、開いとけよ」と下を覗き込んだら思いっ切り挿入してて興奮した。

もちろん店員が来た時はスイッチ切ってたけど、興奮は高まるばかり。
隣に移動してオルガスターを出し入れすると、ルイの方から抱き付いてきてのキス。
舌を突き出すとしゃぶるように舐め始め、明らかに喘ぎ声と分かる声を出してた。

「やべぇ~、チンコ勃ってきた」

自ら触りながら言ったら、「ホントにぃ?」と手が。
初めは揉み揉みしてきたが、フル勃起してカチカチな竿を指先でシコシコ。
だから出し入れを激しくしながらキスしまくってた。

「ホテル行きたい?」

そう聞いてみると、「うん」と素直に言う。
気持ちが変わるのを恐れて速攻でホテルへ向かった。

ホテルに入ってからは、ベッドに座らせて再度オルガスターを挿入。

「シャワー浴びてないから恥ずかしい」と言うルイをシカトして、手入れしてないモジャモジャなアソコに出し入れしまくった。

白く濁った汁が溢れまくりで、それを指摘すると恥ずかしくて興奮するみたい。
パンツを脱がせて四つん這いにさせ、ケツを突き出させての出し入れは最高だった。
綺麗なアナルに唾を垂らして、小指も挿入しちゃったしw
アナルに小指が入ってる状況で、ルイはデカい声で喘ぎまくってた。
散々遊んだ後、ルイは「イカせて下さい」と懇願し、ビクつかせながらイッてた。

うつ伏せのまま脱力してるルイに、チンコを出して舐めるよう促した。
もちろんシャワーも浴びてないチンコ。
ちなみに夕べから浴びてないから20時間以上洗ってないチンコw

ルイは臭いとか汚いとか全く言わず、おもむろにチンコを頬張ってくれた。
口に含んでバキュームフェラするかと思いきや、舌をグルグル回しながらのフェラ。
本格的に舐め始めるとやっぱり、(仕込まれてるなぁ~)と分かるレベル。
18歳にしてこのフェラテクは駄目だろって思うぐらい上手かった。

互いに全裸になって、仰向けになる俺にルイが愛撫を開始。
キスから始まって耳、首筋を舐め、乳首や腹までリップサービスしてくれる。
太ももから舐め始め、もちろん玉袋も、そしてメールで言ってたアナルまで舐めてくれてた。
もちろんフェラ自体も十分時間をかけてしてくれて、20分ぐらいはサービスされた。

だからその後はシャワーを浴びて、たっぷりとクンニや指マンをしてあげましたよw
クンニはしてもらうの自体が久しぶりらしく、感激されるほど喜んでた。
指挿入&クンニで軽くイッちゃってたし。
さすがオナニー狂。

ゴムを付けて正常位で挿入してからは俺の方が興奮しっぱなしだった。
なんせDカップの美乳がブルンブルン揺れてるし、顔がまた感激するほど可愛いし。
喘ぎ声も申し分ないし、正常位で普通にセックスしてるだけでもルイは気持ちいいと喜んでキスを何度もしてくる。
こんな可愛い子とセックスしてること自体が不思議なのに、感じてくれてるんだからね。
もう言うことありませんw

にしても圧巻と言うか言葉が出なかったのは騎乗位。
かなり仕込まれたとは聞いていたが、ここまでとは思わなかった。
まず上に乗ってから動き出す時、体重を乗せないようにしてきたんです。
マンコでチンコをシゴいてるような感じ。
ゆっくり出し入れしたり、激しく出し入れしたり。
前後左右に腰を器用にクネらせながらの腰振りも凄かった。
俺が下から乳首をつねるとルイも喜び、喘ぎながら自由自在に腰を振りまくってた。

今時の18歳ってそんな騎乗位が普通なのか?
俺を喜ばせようとしてるよりも、途中から気持ち良くて動いてる感がヒシヒシ伝わってきた。
だからその後、ルイが騎乗位でイクことにもなるわけですが・・・エロ過ぎて呆然としちゃいましたw
ルイはその後バックでもイッて、最後の正常位でもイッてた。
久しぶりのセックスだったからなのか、元々イキやすい体質なのか。

ゴムの中に射精してティッシュで後処理をしていると、ルイは率先して拭いてくれた。
まずお掃除フェラをしてくれて、その後ティッシュで綺麗にする。
お掃除フェラもルイにとっては普通のことらしいw

その後、時間が来てホテルを出たんだけど、こんなチャンスは滅多にないと思った俺は、近くの別のホテルへ連れ込みましたw
今度は宿泊で。
ルイも「本当は泊まりたかった」とか言ってくれたので、その日はもう1回セックスをしてまったり過ごした。

ルイは俺とのセックスにご満悦だったようで、その後半年間ほどセフレとして付き合った。
本当は真面目に付き合いたいと思うほど好きになっていたが、あっちに恋愛感情はないみたいw
セックスできるだけいいか!と割り切って、半年間は凄まじくヤリまくった。
なんせ最低でも週2ぐらいはヤってたからw

最後はマジで呆気ない終わり方でした。
いつものように朝メールが届き、『やっぱりもう会えない』と一言。
前日の夜まで普通にメールしてたのに、0時以降何があったのかとw

『好きな人が出来たからもう会えない』と一方的に言われちゃいました。

諦め切れない俺は昼頃にメールしたんだけど、もうすでにメアドは変更済みw
そこまでされて電話をするのもねぇ・・・と思って、それっきり。

こんな事になるなら、約束してたハメ撮りしとくんだった!と後悔しました。
エロ写メは送ってくれてたのでそれはありますけど。
まぁ18歳相手に、オモチャ遊び、飲精、アナル、中出し、青姦できただけいいとします。