安全日を選んで会ってくれる24歳の歯科衛生士

この体験談は約 4 分で読めます。

最近は即ヤリ系みたいなのではなく、“マジメな出会い”を売りにしているサイトを利用しています。
そういうサイトは遠距離の女性もアクセスしてくるので、投稿して放ったらかしにおいて、週に2回くらい更新していると女性の目に留まるのでアクセス数が増えてきます。
地域に関係なく日本全国ありとあらゆるところからアクセスがあります。

今回の投稿は私が広島なのに新潟からアクセスしてきた24歳の歯科衛生士との話です。
『まずはメールで』ということで申し込みがあって、普通にメールをしていたら『写メが見たい』と言ってきました。
お互いに交換することにして送られてきた写メを見ると、清潔感のある感じで、顔はまあまあといったところでした。

メールを交換するようになって3週間くらい経った頃、今度の週末は予定があるかと聞かれたので、特にないと答えると、なんと『会ってみたい』と言ってきました。
それでお互いに便利な東京で会うことになりました。
会う約束をしてからは電話番号を交換して電話で話をしましたが、ハキハキとして感じの良い話し方で写メよりも好感を持ちました。

正直なところすっぽかされる心配もあったのですが、待ち合わせの目印になるようにお互いの服装を写メで交換して新幹線に乗り込みました。
待ち合わせの東京駅の銀の鈴には私の方が30分ほど早く着きました。
待っていると写メで確認した白いハーフコートに薄いピンクのニットセーター、黒のミニスカートに身を包んだ、身長160センチくらいのスリムな女性がやってきました。
相手もすぐに私のことがわかったみたいで、「Kさんですよね?」と可愛いらしい笑顔で微笑みかけてきます。

楽しいトークで盛り上げながら彼女の希望していた六本木ヒルズに移動。
夜景を見ながら食事して、お酒もある程度入っていい気分になったところで、すぐ近くに見えるグランドハイアットを予約したことを告げると彼女が嬉しそうな顔をして、「高いんじゃないですか?」と言ったので、「ネット予約で99%オフだった」と冗談を言って笑い合いました。
ただし、シングルが一杯で予約出来なかったので(もちろん嘘です)、ツインを予約したと告げると、「あっ・・・」と言って彼女の顔が少し赤くなったようでした。

「心配だったら僕をベッドに括り付けてもらっても構わない」と言うと笑ってましたが、それについては何も言いませんでした。

9時頃ホテルにチェックインすると、夜景を眺めつつビールを飲んで、楽しい話をしてリラックスさせました。
彼女が程よく酔ってきたのを見計らってバスタブにお湯を張り、先に入るように勧めると、ちょっと荷物を整理したいから先に入って欲しいと言われて先に入り、全身を隈なく洗いました。
私が出ると入れ替わりに彼女がバスルームへ・・・。
24歳の裸体を想像しながらベッドに腰かけていると、ジュニアは期待でギンギンになっていましたが、平静を装って待っていました。

しばらくしてバスルームのドアが開き、浴衣の裾がすれる音をさせながら彼女が近くに来ると、抱き寄せてキスしました。
ベッドに横たえて浴衣の合わせ目から手を差し入れると、スリムな身体に似合わず大きな胸の弾力に触れ、私の性欲は急上昇!
キスから首筋、うなじ、鎖骨へと愛撫して、張りのある胸を攻めます。
乳首を攻めると、「あっ、あっ・・・」と可愛い声が漏れます。

「好きになってもいいの?」と聞いてくるので、「もちろんさ。離れていても大丈夫だよね?」と言うと、「はい・・・」と頷きます。

浴衣の帯を解いて丸裸にすると白い肌が浮かび上がるようでした。
股間に手を延ばすとオマンコはすでに愛液でベットリで、クンニしながら襞を開いて中を見ると、濡れた膣はきれいなピンク色をしていました。

クリトリスを舌の裏表を使って優しく舐めるとビクビクとカラダを震わせます。
私の口の周辺がヌルヌルになっているのを感じながらオマンコ周辺を唇と舌と指を総動員して攻めていると、彼女は上体をくねらせながら息を荒くして声にならない声を発します。
クリトリスを吸い上げながら先っちょを舌で舐めると、「あっ、だめっ・・・」と叫んで、ビクッビクッとカラダを痙攣させてイキました。

私のギンギンになったジュニアに彼女の手を導くと、「下手だけど・・・」と、フェラをしてくれました。
ただ咥えて上下するだけの単純でぎこちない動きですが、気持ちのこもったフェラに私のジュニアははち切れんばかりになりました。

「ゴム、した方がいい?」

訊くと首を振るので、ナマのままで挿入・・・。

「あぁぁぁっ・・・」

入り口はかなりキツく、ジュニアを締め付けてきます。
ゆっくり挿入して動きを止めて優しくキスすると、積極的に舌を絡め抱きついてきます。
強弱をつけてピストンを開始すると、「あんっあんっあんっ・・・」を連発。
そのまま続けると、「イクッ・・・」と短く言って声が途切れ、直後ジュニアに凄い締め付けを受けました。
それが1回目の絶頂でした。

まだ射精していないので私のジュニアはギンギンのままです。
彼女の締め付けが落ち着くのを待ってピストンを再開すると、すぐに「凄い、凄い・・・」の連呼に変わりました。

「今日は安全日なの?」

「もうすぐ生理」

「じゃ、中に出して大丈夫だね?」

可愛くコクリと頷きました。
激しいキスをしながらガンガンピストンしていたら・・・。

「凄い、凄い、またイクッ・・・イッちゃうぅ~・・・」

さすがに私にも射精感が迫ってきて・・・。

「イキそうだよ!中に出すよ!」

「中に・・私の中に出してぇぇ・・・」

「あぁぁ~気持ちいい・・イクよぉ!」

「あんあんあん・・当たってる・・・来て来て来てぇぇ~」

ドビュッドビュッドビュッと膣の奥にすべてを発射!!
2人とも汗びっしょりになっていたのでタオルを取ろうとすると、「あぁ・・・抜かないで・・・そのままで・・・」と言って抱きついてきました。

その後もう1回、朝起きて1回、合計3回すべて中出しでした。
若いオマンコは最高でしたが、彼女も私との相性の良さを感じているようでした。

その後も都合をつけて会っていますが、彼女がいつも日程を生理前の安全日に合わせてくれるので、いつも中出しです。